モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

むぎわらぼうし」 みんなの声

むぎわらぼうし 作:竹下 文子
絵:いせひでこ
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1985年5月20日
ISBN:9784062017893
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,498
みんなの声 総数 10
「むぎわらぼうし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愛おしく切ない気持ちに。。

    夏の終わりを寂しく感じるようになったのはいつからでしょうか。
    8月31日,何だか切なくて物思いにふけるあの頃の私が思い出されました。
    過ぎ去った日々を愛おしく想う気持ちが溢れ出してきます。
    大人になった今,この絵本を読んで感じる愛しさと切なさは,夏休みだけのことではなく,幼き頃若き頃の懐かしき日々のことにさえ思います。
    大人にもおすすめの絵本です!
    やっぱり私は夏が好きです(笑)。

    掲載日:2015/09/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • なつのおわりに

    6歳の娘向けに図書館で借りました。

    夏が終わる切ない感じが女の子の気持ちから伝わってきます。夏休みが終わって、学校が始まり…。そんなちょっと不安定な気持ちの残る娘に読んであげました。

    ストーリー展開としては、主人公が現実から空想に入り込んで、現実に戻ってくるという、王道展開。

    うちの娘は心をつかまれました。秋からも頑張ってほしいなと思います。

    掲載日:2014/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人っぽい物語

    きらきらした夏が、どこかにいってほしくない。
    夏の間にかぶっていたむぎわらぼうしさえかぶっていれば
    まだ、夏のままでいられるはず。
    子どもが考えそうなことではあるけれど、とても大人っぽい物語
    だなあと思いました。
    それは竹下さんの、甘ったるくはない文のせいもあるだろうし
    いせさんの美しい絵のせいもあるのだろうなあと思います。
    夏の匂いとか気配だけが感じられます。夏まっただ中ではなくて
    「もういってしまった夏の記憶」だからなのかもしれません。
    4歳の娘には、まだこの気持ちがわからないらしくて、とても
    不思議そうに聴いていました。

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • むぎわらぼうしのスキマから見えた情景

    いせひでこの描く情景がとても素晴らしい絵本です。
    るるこが大切にしている麦わら帽子と夏の思い出。
    大きめの麦わら帽子を深々とかぶったら、麦わらのスキマから見えてきたのは日差しの波。
    波の中に夏の思い出を見つけます。
    とてもすがすがしい情景描写。
    自分もるること同じ目線から、スキマを通して夏の情景を見ているようです。
    景色が夏一色になります。
    麦わら帽子を深く引っ張りすぎて、つばのぬいめがやぶけてしまいました。
    夏が逃げていく。???
    すばらしい表現です。
    少女の心象風景と繊細さを見事に表現しています。
    この感覚を味わえるのは、高学年からかも知れません。

    掲載日:2010/04/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎ!!

    いせひでこさんの作品が大好きで迷わず手にとった絵本です。
    子どもにとって夏から秋に変わった瞬間って
    大人と同じくどこか寂しい思いがするのでしょうね。
    秋口に入ったのにいつまでもむぎわらぼうしにこだわる るるこちゃんに共感してしまいます。

    るるこの旅した帽子の中の世界
    もう一度楽しかった夏に戻りたいっていう思いの表れでしょうか。
    とても楽しげで涼しげな海の光景に和めます。
    娘も帽子の中にはいってみたいとしきりに言っていました・笑

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の終わり

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    夏の風物詩のむぎわらぼうしも秋には似合わないもの・・・
    でもるるこにとったら、夏の間にかぶっていた麦わら帽子を手放すことに、寂しさがあったのでしょう・・・
    いせひでこさんの情緒あふれる挿絵に、夏の思い出が通り過ぎる様子が印象的です
    四季のある日本ならではのお話なので、この夏の終わりに親子で読んでみたら良いと思います

    掲載日:2008/09/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の思い出

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    永遠に終わらなければいいなぁ・・って思うのが夏休み。

    夏の風や海の音セミの声・ひまわりの花・・のんびり広がる雲・・
    そんな夏の思い出が一気にかけめぐるような絵本でした。

    主人公のるるこも過ぎ行く夏を大好きな」むぎわら帽子の中に見て・・秋へと歩いて行く、子どもの成長を感じる絵本です。

    夏休みの終わりに読むとこの気持ちがすーと・・入ってくるのがわかるそうです。夏休み楽しかったなぁ・・って・・(娘談)

    掲載日:2008/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 夏の思い出、麦藁帽子から出て行った

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    夏の終わり、秋口に読むと味わい深い作品です。
    るるこちゃんは秋になっているのに、麦藁帽子をかぶりたいのです。
    お姉さんに反対されて、お出かけも連れて行ってもらえそうになくなり・・・。
    麦藁帽子との思い出をいっぱい思い出して、
    帽子の破れ目から夏が出て行きます。
    幻想的な展開に、いせひでこさんの描く素敵な海の光景が
    映えます。
    帽子を脱いだるるこちゃんが、秋の風景に飛び込みます。
    抱きしめたいような夏の思い出がノスタルジックで、
    大人でも染み入る感じです。

    掲載日:2006/09/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんとも懐かしい気分になる絵本

    夏の終わりのせつなさを思い出させる絵本とありましたが、まさにその言葉がふさわしい絵本でした。
    夏が終わろうとしているのに、るるこは大好きな麦わら帽子をかぶって出かけたいと・・・
    涼しくなってきても、プールに入りたいと騒ぐ息子の姿になんともかぶる設定。
    楽しい夏の思い出があるからこそ、ついついそれをしたくなる。そんなるるこの気持ちに共感を抱いてしまいます。
    淡い美しい絵がまたそんなるるこの気持ちに溶け合っていて、夏の思い出が蘇ってきます。

    井上陽水の「少年時代」を思わせるような作品で、大人の方が読んでいて心地よい気分が味わえるのではないかと思いました。

    掲載日:2006/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 9月。日中は相変わらず気温が上がって暑さが続きます。でも、風の感じ、空の色、庭の表情…どこかしら、夏休みの頃とは違っている気がします。日差しにしたって、盛夏のそれと比べたら、いくぶん衰えているような。

    町をゆけば、すれ違う人の中に長袖を装った姿がちらほら見えて。だけど、楽しくて大好きだった夏が移ろいゆくことなんて考えたくなくて…大切な思い出の数々もが、いっしょにどこか遠くへ去ってしまうような感じがするのを否定したくって、まだまだ半袖のシャツに手をとおし、夏じゅうどこへ行くにもかぶっていった、お日様の匂いをたくさん吸い込んだ麦わら帽子に手を伸ばしてしまうの。

    絵本の扉を開けると、空に向かって、あるいは去りゆこうと裾をひるがえす夏の精に向かってか、長く伸びた腕のような枝をゆうらゆうらと振りつづける秋口のサルスベリが印象的なのです。
    そして、波打ち際にそうっとしゃがんで、繰り返し寄せては引いてゆく波に映る太陽の光を、目を細めながら眺めつづけていた小さい頃の自分に会えるのがなつかしい。…聞こえてくるよ、あの夏の日の波の音。

    破れたつばの縫い目から出て行ってしまった夏。麦わら帽子のひなたの匂いは、楽しかった夏のひとこまひとこまを、何から何まで思い出させてくれます。心地よくいい匂い。だけどせつない匂い。

    掲載日:2002/08/30

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット