十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ディンマリンのおはなし」 みんなの声

ディンマリンのおはなし 作・絵:グズムンドゥル・トルステインソン
訳:はじあきこ
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2006年11月15日
ISBN:9784916016621
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 小さな女の子だった時にタイムスリップ

    子どもの夢というのか願いの一つに、大きくなったらいい子になるという思いがあるような気がします。

    昔話の中でも優しくて気立てのよい子は幸せになります。

    児童書の中でも、いいことをしているつもりなのに、なぜか違った方向に行くという子どもたちがたくさん出てきますが、その子たちもいい子になりたいという思いはあります。

    この絵本の中にディンマリンがどんなに優しくて素直かということが繰り返し出てきます。

    それで思い出したのは、子どもの頃、私も優しいいい子になりたいと願っていたこと。

    どんな子どもも善なる方へ向かって成長しようとする資質を持っていて、環境によってはそれが発揮できないこともあるかもしれませんが。

    生まれてきた時にはどんな子もいい子なんですよね。

    それならば、育つ家庭では、優しく美しい言葉をかけて育ててあげられたらと思うのです。

    絵本や児童書の中には、必ず子どもたちが健やかに育ちますようにという願いがあると思います。

    そんなことを感じながら読んだ本でした。

    アイルランドで何十年も読み継がれているお話だそうです。

    奇をてらったようなところはなく、ディンマリンの性質そのままに優しく素直なお話であることが、長く読み継がれてきた由縁なのかもしれないと思いました。

    読みながら、小さな女の子だった時の自分にタイムスリップしたような気持ちになりました。

    そして、同じ出版社から出ている『みにくいおひめさま』や『しろいまゆげのトラ』に出てくる女の子のことも連想しました。

    掲載日:2011/07/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット