もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ばあちゃんのしべとろ」 みんなの声

ばあちゃんのしべとろ 作:みふねしよこ
絵:はやしまきこ
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年2月7日
ISBN:9784916016430
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 知りませんでした

    北方りょうどのことは知りませんでした。

    よくわからないこともあったけど、ふくざつだと思いました。


    おかあさんが、地図でどこにあるかおしえてくれました。

    ぼくと同じ小学三年生で島をおいだされたのは、かわいそうだと思いました。

    自分のすむところがなくなるなんてぼくはいやです。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今までよりも身近に

    小学六年の時だったと思います。同級生の子がしきりに「北方領土の返還」と言っていたのを覚えています。

    授業でも戦後のことは時間切れになることが多くて、なかなか北方領土のことを知る機会はありませんでした。

    最近、瑞雲舎の棚をよく覗いては本を借りてくるのですが、こんな本がありました。

    息子にはまだちょっと難しいかなと思いつつ読んでみました。

    北方領土のことについて話すばあちゃんが小学三年生の時に島をおわれたということで、息子と同じ学年ではありませんか。

    息子と二人で日本地図で北方領土の位置を確認しつつ読みました。

    大人になってもまだまだ知らないことばかりです。

    こうして子どもと読む本の中から子どもと共に知らなかったことを深めていっている気がします。

    そこに住まわれていた人のお話をこうして語り継いでいくのはとても大切なことですね。

    本を読んで、今までよりももっと北方領土について身近に感じられるようになりました。

    掲載日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット