とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこ とりかえっこの試し読みができます!
作: ふくだ じゅんこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
日本絵本賞読者賞にノミネート! 投票してくださいね

ばあちゃんのしべとろ」 みんなの声

ばあちゃんのしべとろ 作:みふねしよこ
絵:はやしまきこ
出版社:瑞雲舎 瑞雲舎の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2004年2月7日
ISBN:9784916016430
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,610
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 知りませんでした

    北方りょうどのことは知りませんでした。

    よくわからないこともあったけど、ふくざつだと思いました。


    おかあさんが、地図でどこにあるかおしえてくれました。

    ぼくと同じ小学三年生で島をおいだされたのは、かわいそうだと思いました。

    自分のすむところがなくなるなんてぼくはいやです。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • 「単語」としての理解だけでは足りない。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    10歳の息子と読みました。

    ちょうど、「領土」について社会で習った息子。
    「北方領土」は日本固有の領土です、と教科書には書いてありますが、

    「北方領土」という言葉だけは分かっていても、
    いったいなにがどうなってそう主張をするようなことになっているのか、
    詳しくまでは理解できていなかったようです。

    この絵本は、小学校3年生まで実際に択捉島の蘂取村に
    住んでいた方の思い出が描かれているものです。

    自然豊かで、穏やかで素敵な日々を過ごした蘂取村。
    その村からの脱出を余儀なくされて、
    以後長いこと故郷に帰れなかったその理由が、
    巻頭の解説に描かれています。

    息子とは、まず初めに本編を読み、
    最後に巻頭の解説を読みました。


    島に帰りたいと思っていても、その願いが叶わず亡くなった方がいたこと。
    現在では、ビザなし交流というものが行われていること。

    教科書に出てくる単語として理解をするのではなく、
    「北方領土」をめぐる歴史の流れと現状を心から理解してもらえる
    とても素晴らしい一冊です。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 今までよりも身近に

    小学六年の時だったと思います。同級生の子がしきりに「北方領土の返還」と言っていたのを覚えています。

    授業でも戦後のことは時間切れになることが多くて、なかなか北方領土のことを知る機会はありませんでした。

    最近、瑞雲舎の棚をよく覗いては本を借りてくるのですが、こんな本がありました。

    息子にはまだちょっと難しいかなと思いつつ読んでみました。

    北方領土のことについて話すばあちゃんが小学三年生の時に島をおわれたということで、息子と同じ学年ではありませんか。

    息子と二人で日本地図で北方領土の位置を確認しつつ読みました。

    大人になってもまだまだ知らないことばかりです。

    こうして子どもと読む本の中から子どもと共に知らなかったことを深めていっている気がします。

    そこに住まわれていた人のお話をこうして語り継いでいくのはとても大切なことですね。

    本を読んで、今までよりももっと北方領土について身近に感じられるようになりました。

    掲載日:2010/09/01

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。
  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!


あの名作の世界が手のひらサイズの小さなしかけ絵本に!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット