なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

トコちゃんとタムくんのはなし」 みんなの声

トコちゃんとタムくんのはなし 作・絵:たかどの ほうこ
出版社:アリス館 アリス館の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:1997年04月
ISBN:9784752000785
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「トコちゃんとタムくんのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもが共感できる内容

    このお話は2部構成で、一話はトコちゃん、ニ話はタムくんの視点から描かれています。同じ日に、少しだけ二人が交流します。
    トコちゃんは、仲良しのミーちゃんとペンが元で喧嘩になってしまい、嫌な気持ちで家に帰ります。

    タムくんは、美容院で働くお母さんのところに来ていて、お客さんから頼まれた手紙を出しに行きます。

    いつもは出会うことのない二人が偶然出会うというのと、お互いのそのときの気持ちがわかるというのがおもしろい設定です。

    トコちゃんの話では、喧嘩をした後のいやな気持ちの子どもなりの気持ちの鎮め方が丁寧に描かれているのに共感しました。

    タムくんのお話では、働いている母親を持つ子どもの気持ちがよくわかります。

    「このまえのにちようび」シリーズは、3冊ありますが、どれも子どもが言葉では表現しきれない気持ちをうまく描き出していると思いました。

    子どもが共感できる内容だと思います。

    ページ数が63ページなので、大人が読んであげれば、年長さんぐらいから楽しめるお話だと思います。長めのお話に興味を持ち始めたお子さんにお勧めします。

    掲載日:2008/03/09

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット