あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

こんにちはねこ」 みんなの声

こんにちはねこ 作・絵:きたやまようこ
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1991年06月
ISBN:9784251001061
評価スコア 4.62
評価ランキング 2,889
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 大人も子供も

    大人も楽しめるじんぺいシリーズです。
    文字が少なく大きめです。
    絵本のサイズが小さいので、持ち運びに便利な絵本です。

    今作では、猫と犬の対比が楽しいです。
    シンプルにわかりやすいので、子供も理解しやすいです。

    掲載日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • だいぶ慣れてきた。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    私と娘の中ではもうすっかりおなじみとなった
    いばりいぬシリーズ。

    最初に読んだときは、
    「な、なんだーこの上から目線のイヌはっ!」と思ったものでしたが、

    ぶすっとした表情と、常に上からな目線の表情、セリフとは裏腹に、
    実はとっても愛情たっぷりなじんべいの魅力に
    ちょっとハマりかけています。

    今回も、ネコを「アイツ」呼ばわりして、
    なにかと上から目線なコメントのジンベイですが、
    一番最後の「さみしくなったらいつでもあそびにこい。」に、
    「やさしいねぇ〜。」と、私と娘。

    見かけと態度でちょっと損をするタイプのジンベイ。

    絵も一つ一つ丁寧に描かれているし、
    短いようで、3歳の娘にはちょうどいい。
    他のシリーズも是非読まねば、と思います。

    掲載日:2014/12/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 感情を素直に出すって素晴しい!

    威張り犬のじんべいのように自分の感情を素直に出すってやっぱり素晴しいことだと思いました。じんべいには、威張っていてもゆうたに対しても、ねこに対してもよく観察していて相手にたいしてに思いやりが感じられるし、言葉のはしはしに優しさも感じられて嫌味がなくていいなあって思いました。意地悪でないし、さりげない優しさが伝わってくるので微笑ましく思いました。シリーズが大好きです!

    掲載日:2013/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • じんぺいと猫

    犬と猫の違いが面白く描かれています。

    「おれ ゆうたを つれて さんぽする。」
    「あいつ(ねこ)ひとりで さんぽする。」
    という場面で、ゆうたとじんぺいの上下関係が垣間見れました。
    ゆうたはどう思っているのでしょうね?

    掲載日:2012/06/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬と猫

    犬と猫の違いが、とてもわかりやすかったです。
    ペットがいないので、なんとなくでしか知らなかったことばかりだったので、私でも「なるほどー」と思いました。
    犬と猫というライバル関係にあるのかと思ったのですが、違ったようですね。
    そっけなくても、優しい犬でした。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • いばりいぬシリーズ良いです

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    娘の通う保育園にシリーズでそろえてありますが、子どもに大人気です。ゆうたくんにかわれている「いばりいぬ」、口調はえらそうですが、言っている内容はほかの生き物(ゆうたやねこなど)に対する愛情を感じます。「こんにちはねこ」ではねこといぬの比較がなかなかおもしろいです。ねこは自分をなめて、いぬは人をなめるとか、ねこは指差したら指の先を見て、いぬは指された先をみるとか・・・
    最後はやっぱり優しい終わり方。読むときにはちょっとえらそうに読むのが効果的です。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいじんぺい

    いぬとねこのちがいがよくわかりました!!
    いつものじんぺいなのですが,
    最後はとってもやさしい一言を
    発してくれます。
    ねこもとってもかわいいですが,
    いぬもやっぱりかわいい!!
    じんぺいの優しさに癒されました♪

    掲載日:2011/06/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 犬の気持ち

    • ぴいママさん
    • 20代
    • ママ
    • 新潟県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    3歳の息子に友人からお借りして読みました。
    犬と猫の違いを、犬の目線から描いています。「おれ 
    ゆうたをつれて さんぽする」のセリフが可愛くて気に入りました。
    全て短い文章ですし、絵が分りやすいので、3歳の息子でも楽しめました。

    このシリーズは最後に主人公 じんぺいが素敵な言葉を言うようです。
    ねこ、さびしくなったら うちにこい。
    おれ いつでも あそんでやる。
    威張っているけど優しい犬です。

    掲載日:2011/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • オトナが読んでもおもしろい

    オトナの私が読んでも「なるほどー」と思うような絵本でした。
    犬と猫の、性質の対比が面白いです。
    そういう視点で見ると、幼稚園くらいの子でも楽しめそうな絵本です。
    動物への愛を感じますね。よく観察してるなぁと思いました。
    犬くんの不器用なやさしさが、いじらしくて可愛らしいですね。

    掲載日:2011/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しさにいつもホロリ

    わが家で人気のいばりいぬシリーズ。

    ねことの対比がおもしろく描かれています。時々クスッと笑えます。犬が強面で真面目な顔をしているからです。

    怖い顔でも赤ちゃんには優しい顔をしていますね。

    この犬優しいんですよね。その優しさにいつもホロリとさせられます。

    掲載日:2009/01/29

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.62)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット