十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

ケイトと豆のつる」 みんなの声

ケイトと豆のつる 作:メアリー・ポープ・オズボーン
絵:ジゼル・ポター
訳:おがわ えつこ
出版社:らんか社 らんか社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年
ISBN:9784883301423
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,617
みんなの声 総数 5
「ケイトと豆のつる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • がんばれ女の子

    有名なお話『ジャックと豆の木』を、女の子を主人公にして書いたものです。
    おおまかな話の流れは原作と一緒ですが、主人公のケイトの生い立ちやお話の中の細かい設定が違う感じになっていたので、なんだか新しい物語を読んでいるようで新鮮に感じました。
    それだけ原作のお話の芯が通っているからこそなんでしょうね。

    ケイトが宝物をこっそり持ち出す時に三度も変装(というより仮装?)しているところが、おかしかったです。
    特に料理の手伝いをしている場面は、なるほどと納得させられました。
    大男にいつ見つかりやしないかとドキドキする感じも、原作のまま健在でたまりませんね。

    男の子に負けていられない、女の子が活躍するお話。
    読んだ後の爽快感もあって、物語好きのお子さんにおすすめだと思います。

    掲載日:2012/10/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • ドラマチックなジャックと豆の木

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    メアリー・ポープ オズボーンの絵本です。
    あのマジックツリーハウスでおなじみの!?と思い、手に取りましたら、ストーリーはジャックと豆の木の女の子版。

    勇敢で頭も働く女の子、ケイトの姿は素敵。
    でもってラストが特にドラマティック!
    女の子があこがれそうな展開に思わず、うっとり。
    アニメ映画にできそうな絵本です。

    掲載日:2012/07/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 繰り返し♪

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    「ジャックと豆の木」みたいなタイトルね〜と思って借りたら、
    本当にそうでした!しかも主人公は女の子!!

    ちょっと長いけれど、繰り返しで物語りが進むので、4〜5歳ぐらいの
    子でも楽しめるんじゃないでしょうか。

    我が家では、簡単な「ジャックと豆の木」しか読んだことなかったので、
    ハープを持ち出すまでの流れを「なるほど〜」と娘と言いながら
    読みました。大男の「フィー ファイ フォ ファム」を勢いつけて
    それらしく読んだら、とっても楽しかったです。

    掲載日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろいろ理由があるのですね!?

    図書館の5月のテーマ のコーナーにありました

    あまり好みではない絵・・・
    なので、ちょっと避けてしまってましたが
    でも、気になるんで(笑

    「ジャックと豆のつる」の再話にあたり、たくさんの類話を読みました。なかでも。もっとも刺激を受けたのは・・・

    という解説が最初にあったので
    それが気になったのです

    なぜ、女の子?

    ですよね?

    豆の葉っぱもちょっと違うような・・・
    でも、ものすごく伸びる力に臨場感あり!!

    おかあさんもおもしろくって
    頼りにならないのかと思いきや
    怒っちゃうし
    感情の激しい人?
    豆の木の存在を気にしてないの?
    とか
    つっこみどころ満載(笑

    大女の存在も、ちょっと不思議

    イギリスの女性って
    たくましいのかな

    普通のジャックと豆の木のおはなしを
    読んでからがいいのかな?

    掲載日:2016/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勇敢な女の子

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子1歳

    女の子版の「ジャックと豆の木」です。
    主人公のケイトは、思いやりがあって勇敢な女の子。
    大男に城を乗っ取られ殺されてしまった騎士の奥さんと子どものために、奪われた宝物を取り返しにいきます。
    「フィー  ファイ  フォー ファム におうぞ におうぞ イギリス人の 血のにおい」と歌いながら出てくる大男はとっても恐ろしげ。
    でもケイトはひるむことなく、立派にやり遂げます。そしてやり遂げたケイトの前に妖精が現れ・・・。
    ちょっと長いお話ですが、4歳の娘も最後まで面白がって聞いていました。
    好きなタイプの絵だったので、ジゼル・ポターさんの作品に注目していきたいと思います。

    掲載日:2010/05/12

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / おばけのバーバパパ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット