雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

完訳 赤毛のアン シリーズ(1) 赤毛のアン」 みんなの声

完訳 赤毛のアン シリーズ(1) 赤毛のアン 作:L.M.モンゴメリー
絵:山本 容子
訳:掛川 恭子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\2,000+税
発行日:1990年
ISBN:9784061898219
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,539
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 詳細な表現も伝わる完訳版

    • PDさん
    • 30代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子8歳

    赤毛のアンといえば村岡花子先生の翻訳が有名ですが、実は少し略訳してあったりと、完全なものではありません。
    こちらの掛川先生の翻訳版はまさに「完訳版」で、細かい表現もすべてモンゴメリの原書どおり、丁寧に翻訳されています。
    好みにもよるとは思いますが、個人的にはこの掛川先生が訳された本が一番世界観が伝わってきて大好きです。
    お子様向けにはもう少し簡単なバージョンでもいいかもしれません。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • アンを支えた、想像力

    「赤毛のアン」を初めて読んだのは、中学生の頃でした。その後もときどき読んでいます。マシューが亡くなるところは、何度読んでも泣けてきます。ギルバートとのぎくしゃくした関係はほほえましいです。
    アンにとって「想像力」が、どれほど大事なものなのかということに、私が気づいたのは大人になってからでした。

    自然描写の美しさも読み応えがあります。アンのお話は続編も、ずっと楽しく続きます。

    掲載日:2008/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / 100万回生きたねこ / てぶくろ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



きりぬき人形で立体的に再現☆メリーゴーラウンド型しかけ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット