クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ クネクネさんのいちにち きょうはパーティーのひ
文・絵: 樋勝 朋巳  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

ドングリ山のやまんばあさん」 みんなの声

ドングリ山のやまんばあさん 作:富安 陽子
絵:大島 妙子
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年
ISBN:9784652011447
評価スコア 4.71
評価ランキング 1,245
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 【あらすじ】
    ドングリ山のてっぺんに住む、やまんばあさんは、御年296歳。オリンピック選手よりも元気で、プロレスラーよりも強く、いつもどうやって遊ぼうかとワクワクしているような子ども心の持ち主。このやまんばあさんが、元気いっぱいの子ガラスと会ったら、大嵐が訪れたら、人間の子どもと会ったら…という5つのお話が入った物語。シリーズの第1巻。

    【感想】(以下、ネタバレ含みます)
    息子が、絵よりも文章の方が多い本を読んだ初めての一冊。スーパーやまんばあさんがどんなにすごいかを話したら、大喜び。もっと聞きたいと、膝に乗ってきました。子どもをものすごい化け物と想像するところなどは、「違うよねぇ!」とツッコミながら、3話一気に読み聞かせました。
    男女問わず、「お年寄り」がハジけてる話が人気なのは、子どもにとって謎が多い存在だからかも。

    本ってまじめとか難しそうって思っている子どもに、おすすめ。期待以上です。

    1/100

    掲載日:2016/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばばばあちゃん以上?!

     久々に、読み聞かせをしながら大笑いしました。
    娘も、けらけらと笑い転げ、すっかりやまんばあさんの世界に引きずり込まれていました!

     こんなに元気で豪快なおばあさんに出会ったのは、ばばばあちゃん以来(?)でしょうか。
    そのパワーときたら、ばばばあちゃん以上です。なんってったって、山姥ですもんね。
    しかも、296歳にして、大きなクマも軽々と持ち上げ、時速80キロの車もぴゅーんと猛スピードで追い抜いてしまいます。

     でも、性格はとってもかわいいんですよ。その天然ぶりが、なんとも山姥らしくて、人間とは違うスケールを感じます。300年近く生きても、失われない純真さ、そして、命の輝きに、拍手を送りたい気持ちです。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 面白すぎます(*^_^*)

    図書館で面白そうだと思い借りてみました。

    なんと無敵なやまんばあさん!
    怪力で、子供みたいで、大きな勘違いな
    やまんばあさんに子供たちは大笑い!
    私もおかしくって読みながら
    笑ってしまいました。

    これは読み聞かせるなら年中、年長から
    自分で読むなら小学校中学年くらいから
    楽しく読んで聞けると思います。

    うちの上の子(小3)のつぼにはまり
    最高に気に入って今度本を買うときは
    この本にすると言っています。

    お話は4話あり、寝る前の読み聞かせにも
    良いと思います。
    親子で読んで笑って下さい!

    掲載日:2011/05/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽し過ぎ♪

    とにかく豪快なやまんばあさんに笑いっぱなし。
    娘は会いに行きたいらしく、ドングリ山はどこにあるのか、
    聞かれました(笑)
    確かにこんな人(?)がいたら、会ってみたい。

    掲載日:2011/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • マイペースやまんばあさんに、拍手!!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    この絵は・・・
    「ジローとぼく」や「猫吉一家〜」の大島妙子さんだ!!
    なんとも、ふざけたようなやまんばさんのようで

    小学校の図書室の司書の先生も
    中学年にお薦め児童書で
    並んでいました

    わがまま?ではなく、マイペース過ぎ
    怖くはない
    山の生活をこよなく楽しんでいる姿が素敵です

    申し訳ないけど
    田端さんのだんなさんには
    笑わせていただきました
    も〜、おかしいのなんの

    最後のおはなしは、なんとなく
    ほっこりしました
    私も年を重ねたら
    やまんばあさんとお茶飲みしたいです♪

    掲載日:2010/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大ファンです。

    『まゆとおに』という本で、富安陽子さんに出会いました。
    『まゆとおに』がとってもおもしろかったので、
    他の作品も読んでみたいと思いました。
    ちょうど、普通の絵本に退屈してきていた長男のために、
    少し長めの本を探していました。
    そこで、『やまんばあさん』を見つけて読んでみることに。
    それは期待以上のもので、息子は大喜び!
    5歳の娘でもとっても楽しんでいるので、読み聞かせに慣れている
    お子さんなら、幼稚園児でも十分楽しめると思います。
    長男はまだまだ一人で読むことが出来ませんが、
    3年生くらいになれば、この本なら、時間も忘れて読む
    気がします。
    大島妙子さんの絵がまた最高です。

    掲載日:2009/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / エルマーのぼうけん / あっちゃんあがつく たべものあいうえお / れいぞうこのなつやすみ / だるまさんが / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • 怪物はささやく
    怪物はささやくの試し読みができます!
    怪物はささやく
    作:シヴォーン・ダウド(原案)/パトリックス・ネス(著) 絵:ジム・ケイ 訳:池田 真紀子 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    2017/6/9より映画公開中


『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.71)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット