ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版) ぼくはめいたんてい(1) きえた犬のえ(新装版)の試し読みができます!
文: マージョリー・W・シャーマット 絵: マーク・シーモント 訳: 光吉 夏弥  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
レビューコンテスト開催中、たくさんのレビューお待ちしてます!

ぼくのお姉さん」 みんなの声

ぼくのお姉さん 作:丘 修三
絵:上矢津
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1986年
ISBN:9784036353101
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,403
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 道徳の教科書に

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    中学だったでしょうか、道徳の教科書にこの「ぼくのお姉さん」が掲載されていたものを読んだことがありました
    図書館で借りて読んでいくうちに思い出したのですが、また同じ所で泣いてしまいました・・・
    6つのお話の中には、このまま終わってしまうの・・・?と感じるものもありましたが、おそらく読み手を悩ませ、考えさせるためなのでしょう
    はじめにの言葉の中でその説明らしき個所もありました
    ひとの心の痛みがわかる「人間」になる・・・
    わかりながらもそれで良しとする少数派の人間も存在することも、視野に入れたお話もあります
    大人も読んでください
    そしてもう一度「道徳」という授業を思い起こしてみては・・・

    掲載日:2010/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 泣いてしまいました

    6編のお話から構成されています。
    それぞれが、養護学校に通う障害児が主人公です。
    障害を持つってどういうことなんだろう。
    理解よりも偏見が先立つのが現実社会です。
    そして彼らも生きているし、判りづらくても自分があって一生懸命表現しようとしているのです。
    本のタイトルともなっている第一話で、私は完全に泣いてしまいました。
    養護学校に通うお姉さんが初めてもらったお給料で家族に御馳走をしようとするのですが、それを家族みんなで受け入れてあげるストーリーで家族愛が濃縮されています。
    話すことができない子どもをいじめて嘘をつく少年、障害者だからといって世間に出せないと思う親…、子どもの世界大人の世界の中で障害者の位置が様々に描かれています。
    大人のための教科書のような本でした。

    掲載日:2010/11/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小学生以降の方にオススメしたい

    児童書ですが、大人も是非読んで欲しい内容です。
    表題作は心温まる素敵なお話で、思わずホロリと泣いてしまいました。
    歯型と首かざりは、私自身似たような経験があるため(からかったつもりが結果はイジメだった)とても胸に刺さりました。
    我が子が小学生になったら、さりげなく勧めようと思っています。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『小さな家のローラ』<br>安野光雅さんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット