うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

車のいろは空のいろ(1) 白いぼうし」 みんなの声

車のいろは空のいろ(1)  白いぼうし 作:あまん きみこ
絵:北田卓史
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2000年
ISBN:9784591064429
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,858
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 心に残るはなし

    私もやはり小学校の教科書で読んだ覚えがあり、なつかしく思って読んでみようと思いました。

    娘にはまだ早いかと思っていましたが、このお話になにか心に残るものを感じた様子。また読みたい本は何かあるか聞いたところ、「しろいぼうし」との答え。

    小学校に上がったらきっと何かといそがしくなるだろうと思います。
    それまでのあと1年と半年を、時には背伸びもして、思う存分、物語の中でも遊んでほしいと願います。

    掲載日:2016/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 教科書のお話

    白いぼうし、は、私が小学校低学年の頃の教科書に載っていたお話でした。それが、お気に入りだったので、大人になって再開して何度も読みました。他のお話も素敵なファンタジーでした。
    表紙絵につられて「読んで」とせがんだ息子もとても気に入ったそうです。
    特に1話目が楽しかったそうです。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしい感じ

    たぶん、私は今まで読んだことがないと思うのですけれど
    とっても懐かしい感じがしました。
    それは出版された年のせいなのか(一番最初は1968年
    だったのですね)、それとも北田卓史さんの挿絵のせいな
    のか(北田さんの挿絵には『チョコレート戦争』などで
    馴染みがありますもの)。
    それとも。私が日本人だからなのでしょうか。
    外国のファンタジーにはない、香りがしました。
    消え行く昭和の香りとも言えると思います。
    忘れないように、このシリーズ、他の本も読んでみたいと
    思います。

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 9歳息子の誕生日に3冊シリーズで購入しました。

    表題の「白いぼうし」は私が小学生の頃から現在も、国語の教科書に載っている超有名なお話です。

    この本には「白いぼうし」と同じような素敵なお話が8話載っています。くすっと笑えるお話、ちょっと怖いお話、ほんわか可愛いお話、戦争の切ないお話もあります。

    正直に言うと、息子は冒険ものが好きで、こういったファンタジー系のお話はあまり好みではありませんでした。
    そう、この本は何より私自身が読みたかった本であり、ずっと欲しかった本でした。それが今、我が家の本棚に並んでいるということに幸せを感じています。

    終わりの解説に、あまんさんのファンタジーには日本独特の、宮沢賢治の作品にも似た感性が息づいているとあり、なるほどと思いました。

    外国のファンタジー作品には無い不思議な魅力を持った「白いぼうし」、これからも多くの子どもたちに読み継がれることでしょう。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本の名作!ファンタジー!

    小学校中学年向けのお薦め図書でよく見かけていました。
    息子は車が好きなので気に入るかなと思い購入したもの、カナダで暮らしている息子には語彙力がついていけないかも??と1年間眠っていました。
    が、なんとなく先日ためしに読んでみると、、、、

    やはり表現豊かな文章は息子には難しいかなと断念しようと思っていたら、しっかりファンタジーの世界へと魅了されていました。息子と一緒にちょっと昔の時代に旅しているようで楽しかったです。タクシー代が370円なんて、時代を感じさせられますよね。
    ほんわかあったかなお話、なんだかちょっとこわいお話、悲しくてふしぎなお話 毎日1つ読めてとてもよかったです。シリーズで揃えます!

    掲載日:2012/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふしぎなお客さま

    • とむままさん
    • 40代
    • ママ
    • 三重県
    • 男の子13歳、女の子11歳

    4年生の国語で「白いぼうし」を学習するので、他の作品も読む機会にあるのでは・・・と読み聞かせしました。

    このお話しの中の2め「うんのいいはなし」は、ちょうど今の時期で、
    まついさんのタクシーにのったお客さんとまついさんがふしぎな体験をする内容になっています。

    「このお話しはちょっとドキドキするよ」と時々挿絵をみせながら読むと子どもたちはグッと集中してくれました。

    まついさんのタクシーのお客さんはどのお客さんもちょっぴり不思議なお客さんが乗ってきます。次はどんなお客さんかな?とワクワクする物語です。

    掲載日:2011/05/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 松井さんの人柄が素敵

    教科書に採用された作品が入っているということで、読んでみました。

    空色のぴかぴかのタクシーの運転手さんが、さまざまなお客を
    乗せた時の不思議なお話が幾つか集まり、1冊の本になっています。

    運転手さんの名前は「松井五郎」。本当にいそうなシンプルな名前に
    思わず笑ってしまいましたが、読み進めるうちに不思議な世界感が
    繰り広げられ、ついつい読みふけってしまいました。

    松井さんは特別な能力を持っているわけではありません。
    そんな彼が体験する様々な出来事は、なんだか本当にありそうな、
    なさそうな、身近なことが題材になっているだけに、ドキドキ・
    ワクワクさせてくれ、とても想像をかき立てられる一冊です。

    実はこの本、私が読もうと部屋に置いていたところ、いつの間にか
    息子が読み始めていて、「これ、面白い!」とシリーズの3冊を
    ほんの2日ほどで一気読みしていました。

    ここのところ漫画しか読まない息子に正直どうしたものかと思って
    いたのですが、本当に良い作品に巡り会えば、こんなふうに童話でも
    夢中になって読んでくれるものなんですね。
    心底、あまんさんの作品はすごい!と思わずにいられませんでした。

    タクシーの運転手松井さんを通して、動物の気持ちや虫の声が
    聞こえてきたり、松井さんの人柄を通して心温まるほんわかした
    気持ちを味わえたりするのが、この本の魅力なのではと思います。

    我が家では「もりたろうさんのじどうしゃ」シリーズでお馴染みの、
    北田卓史さんが絵を担当されているのも息子には入りやすかったのかも。

    この作品は、あまんさんの最初の童話集なんだそうです。
    是非、シリーズを読破したいと思います。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • わ〜、ふしぎ!

    私が小学生の頃に国語の教科書に掲載されていた
    このお話し。教科書に掲載されていたお話し以外にも
    いろんなお話しがあると言うことを知って、図書館で借りてきては
    息子と一緒に読んでみました。
    いくつかのお話しが入った本で、挿絵はほとんどありません。
    でも、お話しがタクシー運転手の松井さんのタクシー記とでも
    いうのでしょうか?タクシーでの出来事がいっぱいなので
    楽しく読むことができました。
    息子がとくに気に入ったのは、魚釣りのおじさんを
    乗せたときのお話し。(図書館に返却してしまったので
    タイトルを忘れてしまいました)
    なんでも、この日はたくさんのお魚が釣れたらしく、
    そのたくさんのさかなのなかでも一際珍しい魚が。
    その魚がきっかけで不思議な出来事我起こるのですが、
    息子はおはなしに耳を傾けながら「え〜、こんな事あったら怖いよ〜」
    「どうしてこうなったんだろう?このさかなは特別だったのかな?」
    何とも言えないようなこの不思議なお話が強烈に残って
    その他のお話もどれも不思議〜な感じで、
    「きっと不思議な世界に連れて行くタクシーなんだよ。」と
    ちょっと乗ってみたくなったようで、おもしろかったようです。
    それに、「そらいろのタクシー」というのがすてき!といっては
    そらいろの車を見かけるたびに「こんな色なのかな?」と
    松井さんのタクシーに虜のようです。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / とんことり / とけいのほん 1

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット