しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

春のオルガン」 みんなの声

春のオルガン 作:湯本 香樹実
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1995年
ISBN:9784198602505
評価スコア 3.33
評価ランキング 38,407
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 少女の揺れ動く心

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子5歳、女の子3歳

    小学校を卒業した春休み。
    少女の揺れ動く心が描かれた作品。
    淡々とお話が書かれているし、好みは人によってわかれるかもしれません。
    ご近所トラブル、喧嘩する両親等々。
    主人公の見る自分が怪物化する夢とかけっこう追い込まれているのかな?と最初の方は心配になりながら読みました。
    どうしようもないことっていうのはたしかにありますが…。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 歯車がくるっていく感じ、わかる!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    小学校を卒業ばかりの私(トモミ)と、弟のテツが主人公です。
    本は小学校高学年からお薦めしてありますが、私は中学生以上、高校生くらいのお子さんにお薦めしたいです。
    有名な「夏の庭」に続いて、作者の第2作目だそうですが、とてもまだ駆け出しの作家さんの文章とは思えませんでした。


    「猫の死体」をテツが探すシーンとか、夢の中でトモミがみんなに嫌われ者の怪物になっているシーンとか、まるで自分の身に起こっているような気部になるほどリアルで、ある意味ちょっと気持ち悪かったです。
    それでかな?うちの上の子の朝読用に用意したのですが、「今いちだった」と言われてしまいました。
    上の子は極端に暗い話はあまり好きでないようです。

    うちの子のように、好き嫌いは多様でる作品だと思いますが、
    思春期の子どもの心理状態、複雑な家庭状況。
    ちょっとしたことで歯車がくるっていって、否応なしに巻き込まれていく子どもの選択肢のなさなどが、「あー。わかる!」という感じで表現されている素晴らしい作品でした。

    ナビへの評価は、子どもと私の間を取りました。

    掲載日:2010/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 地震がおきたら
    地震がおきたらの試し読みができます!
    地震がおきたら
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    地震がおきたらどうするの? 消防士さんは助けてくれるの? 家族で読んでほしい一冊。


『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット