ななちゃんペンギン ななちゃんペンギン ななちゃんペンギンの試し読みができます!
作・絵: さかいあいも  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
ペンギンが大好きな、ななちゃんの小さな冒険物語

かかし」 みんなの声

かかし 作:ロバート・ウェストール
訳:金原 瑞人
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2003年
ISBN:9784198616380
評価スコア 3.67
評価ランキング 31,266
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 恐怖のかかし

    • こりえ♪さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    かかしというと、田園などでのんびりたたずみ、ほのぼのとした雰囲気を放っているものというイメージがあります。
    でもこのお話のかかしは違います。とっても怖いのです。

    母親の再婚相手が気に入らない少年サイモンは、日ごと家族から孤立していきます。
    そして増幅する憎しみの気持ち。
    そんなサイモンの憎悪が、曰く付きの「かかし」を家に近づけるのでした。
    どんどん近づいてくるかかし。
    家にやってきたら一体何が・・・じわじわと攻めてくる恐怖を感じます。

    新しい父親をなかなか受け入れることのできないサイモンの度重なる嫌がらせ。
    その行動は目に余るほどですが、逆にそれがとても痛々しくも感じます。
    自分の願いとは裏腹に、家族から敬遠されていく姿。
    自業自得とは言い切れない、何ともいえない切なさがあります。

    かかしを近づけてきたもの、それは誰もが抱く感情。
    私たちにも、違った形でこんなことが起こるのかもしれません。

    掲載日:2009/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • サイコホラー

    これはこれで、よく出来た話だとは思いますが、
    同じウェストールならまずは「弟の戦争」の方が
    ずっと完成度も高いし、薄くて小学校の高学年には
    とっつきやすいと思います。
    (でも、どちらも出来れば中学生くらいに読んで欲しい本ですね。勿論、大人にも。)

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / ビロードのうさぎ / サンタのクリスマスハウス

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ダイズマンとコメリーヌ』 <br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット