ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

ゆかいなヘンリーくん(1) がんばれヘンリーくん 改訂新版」 みんなの声

ゆかいなヘンリーくん(1) がんばれヘンリーくん 改訂新版 作:ベバリイ・クリアリー
絵:ルイス・ダーリング
訳:松岡 享子
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年06月15日
ISBN:9784052026614
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,700
みんなの声 総数 10
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 少々年季の入った古い本ですが

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    この本は、児童書です。
    主人公のヘンリーは小学校3年生なので、一人で読むなら2、3年生くらいからが、共感できでベストかもしれません。
    元々名前は知っている本でしたが、私は、子供時代読んだことはありませんでした。
    けれども、先日参加させてもらった講習会で、講師の先生がこの本を絶賛してらして、かいつまんであらすじを聞いたら、読みたくて読みたくて、探してきました。

    で、自分一人で読んではもったいないと思ったので、児童書でしたが、子どもたちに寝る前の本として読み語ってみました。
    まず、読んだのは、第1話の「ヘンリーとアバラー」。この、アバラーっていうのは、ヘンリーが町で出会ったノラ犬でしたが、このお話でヘンリーが飼うことになります。
    でね。この「ヘンリーとアバラー」を読むと、犬を飼うってことは、楽しいけれど大変なんだってことが、よ〜く伝わってきます。

    うちの子たちは、最初「長そうなお話だなぁ」とばかりに、好き勝手なことをしていたのですが、それでも構わず読み続けていると、聞き耳を立ててクスクス笑いだし、物語が進んでヘンリーがアバラーをバスに乗せるために、いろいろ格闘するシーンにいたっては、絵なんか描いてないのに、身を乗り出して後ろから本を覗くあり様。

    本書のヘンリーとアバラーの騒動にも笑え、子どもたちの態度にも笑いながら、一気に第1話を30分くらいで読み終えると、もう寝る時間なのに、二人して本を取り合ってけんか。
    (ちなみにお姉ちゃんはもう今年で中2です…)

    日本での初版は1968年と、大変古いお話ですが、今の子どもたちにも通じるところがたくさんあり、大変面白い作品です。
    小学校中学年くらいのお子さんがいらっしゃったら、ぜひ薦めてほしい。出来たら、一緒に読み語りしてあげて欲しいお話です。
    なぜって、声に出して読んであげると、素晴らしい作品は絵がなくても情景が頭に描き出されて、とても楽しくなるんです。
    一度やってみてください!

    掲載日:2009/04/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 大人にオススメ・・・子育てが楽しみに

    何かあっというようなことが起こらないかなぁ・・・とヘンリーくんはよくそう思っていました。
    そんなある日、一匹の犬と出会い、アバラーと名づけて飼い始めます。そしてヘンリーくんとアバラーはさまざまな事件を巻き起こします。

    子供って身近のちょっとした物、出来事にもこんな関心の寄せ方をするんだなぁ・・・とつくづく感心させられました。
    そして男の子ならではの発想や行動のおもしろさ、大胆さ、優しさが随所に感じられます。これからやんちゃ坊主に成長していくであろう息子を持つ母としては、よい勉強になりました。またヘンリーくんの両親がとてもすてきで、見習いところがいっぱいあり、参考になります。

    このシリーズの中でラモーナというゆかいな女の子が主人公の本もあります。(「ラモーナとおとうさん」)こちらもとても楽しい本です。

    どちらも子供のすばらしい魅力にあふれていて、大人が読んで、子育てを楽しいものにさせてくれるような元気の詰まった本ですので、オススメしたいです。
    もちろん、お子さんが読めば必ず何か感じとってくれる本だと思います!

    掲載日:2008/10/27

    参考になりました
    感謝
    2
  • 年長と小3の子どもが夢中です。

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子5歳

    寝る前の読み聞かせとして、読み始めたところ、子ども達は寝るどころか、次の展開に胸を膨らませながら
    真剣に聞きいっています。私の喉がカラカラで、今日はここまで・・と一つのお話を途中でやめようものなら、ブーイング・・で困るほどです(苦笑)。

    息子とヘンリーくんは同じ3年生です。住んでる国も話す言葉も違うけど、ヘンリーくんの行動や、
    考えていることが、とても身近で親近感を覚えるようです。
    グッピーを何百匹も繁殖させて部屋中水槽だらけになってしまったり、劇の主人公に選ばれたのがいやで、
    お母さんになりすまして先生に手紙をタイプしたら、とんでもない文章になってしまったり、
    ヘンリーくんの純粋でひたむきなところが、微笑ましいながらも、笑いを誘います。

    外国の本なので、カタカナが多く、普段聞きなれない言葉もたくさんでてくるのですが、
    息子は、いちいち単語の説明を求めることなく、文の流れでこんなものかと想像しながら聞いているようです。

    ヘンリーくんのシリーズは他にもたくさん出ているようなので、気長に、一通り読んでみたいなと思います。

    掲載日:2012/04/16

    参考になりました
    感謝
    1
  • 息子が読みました。

    読み聞かせ用に図書館で借りてきました。
    長男は初め、表紙の印象からか、借りなくていいと言っていましたが、
    私が読んであげたくて半ば無理やり借りてきたものです。
    なかなか読み聞かせを出来ずにいたら、長男が時間を見つけて自分で読み始めました。
    初めのほうは、あまり面白くなくて読むのをやめたくなったそうですが、途中からどんどん面白くなってきて、最後には「おもしろかった〜」と満足した様子でした。
    結局読み聞かせは出来ませんでしたが、また妹や弟に時期がきたら読み聞かせをしてあげたいと思います。

    掲載日:2011/08/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • わくわくしながらジンとさせる

    • もるばばさん
    • 40代
    • ママ
    • 岩手県
    • 男の子10歳、男の子8歳

    寝る前に一章ずつ読んでやると、兄弟2人とも毎晩楽しみにして聞いていました。生き物の情景やヘンリーの様子が想像できて、ワクワクします。読んでいる方も本の中に引き込まれます。最後は切なくなりますが、子供の様子が生き生き書かれていてとても楽しい本でした。

    掲載日:2010/03/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの頃にも読んだかも

    みみずとりのエピソードを読んだ時に、自分も小学生の時に読んだかもしれないと思いました。

    この章を読んだ息子が畑に水をまいてみみずをとろうと言い出したので、困ってしまいました。

    確かにヘンリーくんのお母さんも一緒にみみずをとって協力しているんですけどね。

    同じ作者の「いたずらっ子オーチス」ほど個性的ではありませんけれど、等身大の三年生の男の子らしいところが、親近感があったようです。

    子どもたちが生き生きと描かれていると思います。

    長い話なので一日一話ずつ読んで聞かせました。

    「うすももいろの犬」の章も読んで、子どもの頃読んだかもしれないとますます思いました。

    最後のエピソードが少し切なかったです。

    シリーズもどんどん読んでいきたいです。

    掲載日:2009/06/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • おもしろいと思いました

    ヘンリーくんがかったグッピーが、どんどんふえて、へやがグッピーだらけになっちゃったとこがおもしろいと思いました。

    ベッドのまわりが、びんだらけだとねられなくてこまりそうだと思いました。

    ヘンリーくんが、みみずをとっていたので、ぼくもとってみたいと思いました。

    大みみずが18センチから25センチって書いてあったから、ものさしではかっちゃいました。すごく大きいと思いました。

    ぼくも、みみずをとってみたいと思いました。つりにいくときは、はたけに水をまこうと思います。

    ヘンリーくんが、げきでぼうやのやくをやるときに、ヘンリーくんのおかあさんが、はでなパジャマをかうから、ぼくもきたくないって思いました。

    みんなにからかわれそうで、いやです。

    おもしろかったので、おわってから、もう一かいはじめからおかあさんによんでも
    らいました。

    掲載日:2009/06/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 小学三年生が主人公

    小学三年生のヘンリーが主人公。捨て犬を拾ってアバラーと名付けたり、グッピーを買ったら増加しすぎたり、ボールを他の車にぶつけそうになってそのままなくして弁償する努力をするはめになったり、アバラーをコンテストに出してみたり、、、、

    いろいろあって面白いです。

    ただ、文体が昔の訳なので多少読みにくいのと文字数が多いので、小学校高学年くらいにならないと自分で読むのは難しいかと思います。読み聞かせの場合は本当に長いので、短編になっているから少しずつ読むのが良いと思います。

    掲載日:2015/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんなことが起こったらなあ!

    • さみはさみさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子6歳、男の子2歳

    6歳の長男が一人で読めそうな本を探していて、まずは一人で読んでみました。

    小学校3年生のヘンリーの退屈な日常が、アバラーという犬との出会いによって変化に富んだものに一変する話です。どのエピソードも小学生くらいの子供が「こんなことやってみたい!」とか、「こんなことが本当に起こったらなあ」と思うようなわくわくする内容です。

    大人が読んでも面白いです。子供心に帰ることができます。最後の章までいくと、もう夢中になって読んでいる自分に気づきます。

    うちの息子にはまだ少し早そうですが、2〜3年生の子にお勧めできると思いました。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 6つのお話

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ヘンリーくんの6つのお話が楽しめます。
    バスに犬を乗せて家に帰ろうとするヘンリーくん。いろいろと考えてがんばる姿がいいですね。
    小学生の男の子の姿がいきいきとかかれていて面白かったです。
    やせていたからアバラーと名付けられた犬ですが、ヘンリーくんと暮らして太ってアバラーの名が似合わなくなったというのはいいことですよね。
    おさかなを育てたり、劇をやることになったり、ヘンリーくんの日常が楽しめます。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット