なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

たねのはなし」 みんなの声

たねのはなし 作:ダイアナ・アストン
絵:シルビア・ロング
訳:千葉 茂樹
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784593504954
評価スコア 4.73
評価ランキング 982
みんなの声 総数 10
「たねのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 種があるから

    いろいろな植物の本をみてきましたが、種にスポットを当てた本は、初めてみました!
    被子植物に裸子植物、そんな言葉さえ、すっかり忘れてしまっていました。

    「種って美しい!」
    そんなことを思わせてくれる本でした。
    「種ってスゴイ!!」
    こんなことも思わせてくれる本でした。

    千年もの時を越えて、花を咲かせる種!?
    タダモノではないです!

    小さくて、普段はあまり脚光をあびないけれど、種がないと花も咲かない。
    そんな当たり前のことにも気づきました。

    掲載日:2015/01/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • たねってすごい!!

    同じ作者の「たまごのはなし」がとっても良かったので、こちらを図書館で借りてきました。
    今回は「たね」についてです。たまご同様、様々な種類の「たね」がページ一面に載っています。たねの仕組みも詳しく描かれているので、年長の娘も大人もみんな「へぇ〜」と思う事が沢山ありました。身近なものから大昔のたねまで図鑑よりも楽しく読めました。他のシリーズも読んでみたいです。

    掲載日:2013/11/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 図鑑よりじっくり楽しめる

    同シリーズ「たまごのはなし」がお気に入りの2歳7か月の息子に借りました。

    例えば、たねははずかしがりや、とか、たねはたびびと ふくをきかざるたね のように
    たねに関するいくつかの切り口で、ストーリーが展開します。
    丁寧に大きく美しいイラストで、大人も知らないような内容もあります。
    今回は、25キログラムもあるたね(オオミヤシ)があることにびっくりして、
    海を流れ着くタイプのたねがあったことに私も納得しました。

    説明文は最低限でちょっと詩的に、そしてそれを絵で実感し楽しむ本です。
    図鑑というよりは、たねに関する厳選されたエピソードをじっくり楽しむ、といった感じ。

    息子も結構気に入ったようです。
    光合成などの内容は息子にはちょっと難しかったけれど、
    絵が説明的で内容が何となくはわかるので、楽しんでいたようです。
    これからも長く楽しめる本だと思います。

    掲載日:2013/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • タイミングバッチリ!!

    今日子供が園からたねをもってかえってきました。うちの子は自分の持ってきた種が載っているか詳しく見ていたのですが・・・・残念ながら乗っていませんでした。でも、色々な種を見ることができてとっても楽しそうでした!!

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 年齢が合えば

    訳が千葉茂樹さんだったので手に取ったのですが、息子にはまだ内容的には難しかったです。

    光合成を学校で習う頃だと内容についても深く理解できるかもしれません。

    川沿いのくるみの実が川に流されて別の場所で芽吹くということを聞いたことがあります。

    ためには命の継承をするために、いろいろと秘められた力があるみたいですね。

    見慣れない植物もたくさん出てきて、私自身もよい勉強になりました。絵もきれいでした。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 千年前の種にロマンを感じます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子14歳、女の子9歳

    自分の子どもが小さい時は、あまりこういった科学絵本みたいなものに手を出さなかったのですが、子育ても落ち着いてきて、
    読み語りのボランティアに参加するようになって、
    不特定多数の子ども達に、興味のあるものは何かな〜と、絵本(児童書)をさがすようになりました。
    で、最近ハマっているのが、科学絵本。
    こういう絵本は子どもの年をあまり選びません(と、私は思います)。
    身の回りの小さな不思議から、壮大な大きな不思議まで、いろいろありますが、一度ハマると色々なことが知りたくなってきます。

    この絵本は花や種のイラストの色があんまりきれいで、思わず図書館で借りてきてしまいました。
    説明文は少々難しいことが書いてありますが、1ページ1ページに紹介されている花や種の絵があまりにきれいなので、見ているだけでも得をした気分になります。

    海岸近くに生息する植物の種は、厚い殻に守られていて、海水から身を守ってくれるそうですが、この殻にも、こんなにいろいろ種類があったとは!
    なんと!千年も昔の「ナツメヤシ」の種類の種を遺跡から発掘してまいてみたら四週間で芽を出したんだって!
    千年間も!!芽を出さずに仮死状態だったのでしょうか?
    ロマンですね〜。
    とても楽しい本ですが、たくさんの種が1ページにだ〜と、描いてあるので、読み語りとかに使うより、家族や友達などの少人数で読むほうがいいかなと思いました。

    掲載日:2009/12/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 種が主役の絵本です♪

    種が主役の絵本です♪
    色鮮やかに大きくクローズアップされた種の絵は迫力があります。
    特にひまわりの種を描いた絵には引き付けられました。
    一面のひまわりの絵も絵画を見ている様です。

    詩の様に流れる文章で
    種の特徴や不思議やくふうを教えてくれます。
    千年前の種から芽を出した話など、
    大人でも「へ〜〜〜」と思う驚きがあります。

    掲載日:2009/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • もう夢中!!!

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子13歳、女の子9歳、女の子4歳

    とにかく娘が夢中で何度も何度も読んでいます。
    とってもきれいで、写真ではないのにとても細やかでわかりやすいのです。
    植物図鑑よりも、なんとなく温かみもあって、
    それでいて内容説明もとっても細やか!!

    娘は絵本のように読んでいて、それでいてしっかり植物の種に対する興味を満足させてもらっているように思います。

    道を歩いているとき、果物を食べたとき・・・
      「種ちょうだい」
      「どこにあるのかな?」
    とすぐにセンサーが動き出すのは、きっとこの絵本を読みだしてからだと母は思います。

    ちょっと ばりばりそのまま100%図鑑!だと母は引いてしまう部分があったのだけれど、文章も手書きタイプであたたかいので、苦手意識なく手に取ることができました。

    掲載日:2008/11/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 種の魅力

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    知り合いの娘さん(小5)が今、種の発芽に夢中だそうです。
    ということで、私も心なしか種に注目。
    偶然この新刊絵本を図書館から借りていたことに気付き、
    運命のようなものを感じてしまいました。
    絵が図鑑のようで、それはそれは美しいです。
    それだけでも素敵なんですが、種の魅力が満載。
    その視点になるほど!と脱帽です。
    何より、小さな命、と言う表現に、思わず納得です。
    植物栽培は、生命の営みなんだ、と再認識しました。
    果物や野菜など、食材でもよく見かける種。
    何だかいとおしくなりました。

    掲載日:2008/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さな命

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    小さな種が大きく描かれる事により、
    いままで感じなかった種の細部や形をじっくり見る事ができます。
    繊細かつ大胆な絵にひきつけられます。
    おもしろい形の種や25キロもある種に驚いたり、
    小さな種がすごく大きな木になったり、
    種の不思議にせまることができます。
    種が成長した姿も描かれているので、
    とても分かりやすくてよかったです。

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

10件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



100年の歳月を超え現代によみがえった幻のおはなし

みんなの声(10人)

絵本の評価(4.73)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット