雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

ゾウのオラフの てんきのはなし」 みんなの声

ゾウのオラフの てんきのはなし 作・絵:ヒッテ・スペー
訳:のざかえつこ
出版社:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテインメントジャパン合同会社
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784862354440
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,105
みんなの声 総数 6
「ゾウのオラフの てんきのはなし」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • お天気の勉強

    ぞう絵本が読みたい!
    というので図書館で探してこれにしました。

    文章も短いので読みやすいです。

    熱い国から寒い国を目指して旅するぞうさん

    最後は満月
    シロクマさんに混じって満月を見上げています。
    その姿がとっても凛々しくて大きく感じます。

    息子は満月をみると
    シロクマと一緒に見てるの!
    といいます。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 天気がひととおり分かる!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、女の子1歳

    毎朝、新聞の天気予報欄をチェックするのを楽しみにしている息子。
    晴れ、雨、くもり、雪以外にも、いろんな天気があるのを教えてあげようと、この絵本を読んでみました。

    ぞうのオラフが暑い国から冷たい国を目指して旅する中、いろんな天気と遭遇しますが、特に、息子にとって目新しかったのは「きり」だったようです。絵を見ても、口で説明してもなかなか上手く伝えられないのがもどかしかったです。

    また、この絵本のいいところは、天気の図鑑的なものではなく、オラフの冒険が描かれているのがいいですね。息子も、オラフがとうとう冷たい国に着いたときは喜んでいました。冷たい国でみる、満月はさぞ、空気が澄み切っていて、きれいだろうなと微笑ましくなりました。

    掲載日:2009/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • あられ?

    ゾウのオラフは太陽にじりじり照らされて冷たいところに
    行くことになりました。
    行く先々で、天候がどんどん変わって行く所もおもしろかったのですが
    雨の場面でのオラウの喜ぶ姿が、我が家の子どもたちを見てるようで
    ふふっ!と笑っちゃいました。
    そして、このえほんのなかにはあられの場面が出てくるのですが
    残念ながら、沖縄の子には雪を理解することができても
    あられについてはわかりにくかったようで、補助が必要でした。
    でも、オラフが最後にたどり着いたところはとてもきれいで
    素敵!と感じました。
    たくさんの天気と、オラフのかわいらしい表情に出会える
    楽しいお話しでした。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 遠くの冷たい国へ

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    ゾウのオラフ、太陽にじりじり照らされて、暑くてたまりません。
    そこで、荷物をまとめて、雪や氷を探しに、旅に出ることにしました。
    旅を続けていきながら、お天気の変化を見ることができます。
    太陽、雲、雨とお天気に関する、いわゆる気象用語を出して、お話が展開していくところ、なかなか面白い設定だと思いました。
    近頃の地球温暖化を意識して、お天気のいろいろな現象が、子どもたちにもわかりやすく伝わるお話です。

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤いかばん

    ぞうのオラフは暑い国に住んでいます。
    あるときあまりの暑さに、寒い国を目指して旅を始めます。
    その途中で太陽、雲、雨、虹といろいろな天候を体験して・・・。という話です。

    絵本ナビで紹介されていて始めてこの本を知りました。シンプルな絵で天候を説明していて、息子もすぐにわかったようです。
    最後は満月で、幸せな気持ちになります。

    ところで、オラフの格好は黄色いズボンと、赤のチェックの手提げかばんです。何を思ったのか息子はこの手提げかばんに反応し、「ぼくがもってあげる」と、いつもかばんをつかもうとしていました。

    掲載日:2008/11/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 次はどんな天気?

    ページをめくるたびに天気がどんどんかわってきます。
    次はどんな天気かなあ?
    と、ページをめくるのがとっても楽しい絵本です。

    天気がかわるのって、日常でもよくありますよね。
    晴れから急に雨になったり・・・
    そしてなぜかそういう時、子供って異様に喜んだりしますよね^^;
    なのでこの絵本でも、天気がかわるのを楽しんでいました。
    特に後半になると、どんな天気になるのかが想像できなくなってきたようで、
    思った通りの天気だと喜んだり、想像したのと違うのだと悔しがったりしながら楽しんでいました♪

    掲載日:2008/07/30

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / うずらちゃんのかくれんぼ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット