モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

愛蔵版 ありさんぽつぽつ」 みんなの声

愛蔵版 ありさんぽつぽつ 作・絵:たんじあきこ
出版社:主婦の友社
本体価格:\900+税
発行日:2006年08月
ISBN:9784072539590
評価スコア 4.55
評価ランキング 4,628
みんなの声 総数 54
「愛蔵版 ありさんぽつぽつ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • とにかく絵がかわいい♪

    この絵本は内容もおすすめですが、
    何よりも絵がとってもかわいくて、大好きです。
    登場する男の子と、女の子が、とっても
    かわいいんです♪
    絵本の中の子どもたちなのですが、
    実際にいたら、こんな声かなあーーとかって
    想像しちゃうくらいかわいいですよ☆

    掲載日:2011/08/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • おすすめ

    • Iママさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳

    2歳の娘と読みました。お外でアリの行列を見つけてはじーっとしゃがみこんでみる娘へ、選びました。ありさんぽつぽつのリズム、すごく気に入ったみたいで、ずっと口ずさんでおりました。アリさんの行動が分かって面白かったです。イラストもすごく可愛いくってテンポ良く読める文章も良かったです。

    掲載日:2011/09/29

    参考になりました
    感謝
    1
  • 地面の上と下

    全ページ立ち読みのページを開いていたら、表紙写真を見て、息子が自分で読みたいと言い、読んでみました。

    ありもその行列も大好きなようで、わくわくしながら聞いていました。最後のページで地面の下の巣の様子が描かれており、そこが家なんだと分かったようで、とても嬉しそうにしていました。

    ただ、私はあまり趣味ではありませんでした。ありの「ぼつぼつ」という足音はいい響きですが、子供の「ぺったんぱったん」はどうもしっくりきませんでした。また、最後のページでだけ地面の下が描かれていますが、それまでの構図とそこだけ異なっており、大人は知識から理解することができますが、小さな子がそのまま目で見て理解するのは難しいような気がしました。ちょっと似た構図を持つ『きつねとねずみ』という絵本がありますが、全ページが地面の断面図から構成されており、個人的にはそちらの絵の方が好みです。

    掲載日:2010/12/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • ありさんのおうちかわいい

    たんじあきこさんの絵は、ルース・チュウの魔女の本棚で
    長年見てきたので、親しみがあります。
    図書館で最初に見たとき、あっと思って手にとりました。
    これは、もうとてもかわいらしい、アリさんと一緒に公園を歩く
    リズミカルな文章の絵本でした。
    デコボコ、ぴちゃぱちゃ、ジグザグと楽しいことばがいっぱい出てきます。

    掲載日:2016/09/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 赤ちゃんでも探せそうですね

    リズミカルな文章とはっきりとした輪郭の絵。
    アリさんのサイズも、ちょうど良い大きさで、赤ちゃんでも探せそうですね。

    赤ちゃんがよく行く公園の中を舞台にしているのも良いと思います。

    最後の巣穴の見開きは、ありさんにもおうちがあることに気づけるでしょう。
    さらに、ありさんは甘いものが好きなことにも気づけるかな?気づけるといいですね。

    掲載日:2015/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい♪

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    0歳の時に図書館で借りて読んであげたら、気に入っていたのですが、先日また図書館で見つけて読んでみたら、もう一回のリクエスト!!

    絵もかわいいし、『ぽつぽつぽつぽつ ぺったんぱったん』という響きも可愛らしい絵本です。
    0歳の時は本に出てくる鉄棒も砂場も分からなかった息子も、今は毎日遊んでいる公園なので、鉄棒等を指差しながら楽しんでいます。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • あ、あり!

    小さい子供なら、必ず一度は通る道ではないでしょうか。それは、ありに夢中になる道(笑)。
    もれなく我が子もそうでした。
    ありを見つけては、「あ、あり!」と叫んでじっと地面を見つめていました。
    そんな時期に読んであげるとぴったり合う絵本だと思います。
    うちの子はこの絵本で、ありさんが地面の下にいることを知り、いつもの公園にありさんがいないと、「下のおうちに帰っちゃったのかなぁ」と言っていました。

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お散歩がしたくなる!

    シンプルなお話なので,1〜2歳の小さな子が楽しめる絵本という印象です。
    ありさんと一緒にお散歩。
    子供はありを座って見たりとよくしますから,ありは比較的身近な存在で子供受けはよいのではないでしょうか。
    ありの巣の様子は目で見た事のない世界だと思いますので,より興味深く見入るのではないでしょうか。
    お散歩に出たくなるような絵本でした。

    掲載日:2014/10/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 嬉しそうです

    3歳児にはものたりないかなあ、小さい子向きだなーとは思いますが、娘は気に入っているようです。
    近所の公園にぞうさん滑り台があるので、それも嬉しいポイントの一つのよう。
    公園で遊ぶ子供には身近な世界だと思います。

    ぽつぽつ と ぺったんぱったん のリズムが繰り返されるので、読んでいても心地よいです。
    メルヘンな感じがあまりないので、パパも読みやすい1冊です。

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありさんと一緒に探検を

    可愛らしいふたりが、
    ありさんと一緒に小さな探検をする、
    ほのぼのとした絵本です。

    ゆっくりとしたテンポで進むストーリーは、
    聞いている赤ちゃんも安心できると思います。

    はっきりとしたカラーの、親しみやすいイラストで
    小さな頃から楽しめるはず。

    繰り返し読んであげたい絵本です。

    掲載日:2013/12/10

    参考になりました
    感謝
    0

54件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(54人)

絵本の評価(4.55)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット