おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ゆかいなかえる」 みんなの声

ゆかいなかえる 作・絵:ジュリエット・キープス
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1964年7月15日
ISBN:9784834000337
評価スコア 4.54
評価ランキング 4,801
みんなの声 総数 68
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

68件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 生を謳歌する。

    • ちゅら。さん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子12歳

    魚に食べられる、カエルの卵。
    偶然逃れた4つの卵から孵った4匹のカエルのお話し。

    とても仲良しのカエルたち。

    彼らにも危険はたくさん!サギやカメに狙われますが、
    毎日ゆかいに遊びます。

    魚はカエルの卵を食べ。
    サギやカメは魚やカエルを食べ。
    カエルはトンボの卵を食べる。
    自然の生き物は、いつも危険と隣り合わせ。
    しかし、今生きていることを謳歌している4匹のゆかいなカエルです。

    水辺のお話しらしく、寒色のみの絵が、その世界に引き込みます。
    カエルたちの機敏な動きがリズミカルな訳で、ますますゆかいな気持ちになります。

    初版は1964年!
    色褪せない絵本です。

    掲載日:2009/10/16

    参考になりました
    感謝
    3
  • 何気に自然科学

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、女の子2歳

    梅雨っぽい絵本を娘と楽しもうと
    図書館から借りて来た一冊。

    題名も「ゆかいなかえる」だし、
    表紙の絵も「ゆかいなかえる」の絵っぽいし、
    軽い絵本だと思って読み始めたら、

    たーくさんのかえるの卵を魚が食べてしまうところから
    絵本は始まります。
    生き残ったタマゴはたった4つ。

    この4つのタマゴから、おたまじゃくしが出てきて、
    後ろ足が出て、しっぽが短くなって、
    あっという間にかえるに変身。

    かえるになった後も、さぎに食べられそうになったり、
    カメに狙われたり、
    でもそれをさらりさらりとかわして、
    みずくさとトンボの卵でお食事。

    何気に描かれているのは、自然界の食物連鎖と、
    タマゴから孵って、冬になると土に潜るカエルの生態。

    こんなに大事なことが、さらりと描かれていて、
    そしてすぅーと3歳の娘のアタマに自然に入っていくのは、
    すごいことです。

    自然界では食べ、食べられて生がめぐっていること。
    それで自然界のバランスが保たれていること。
    この自然のサイクルを、絵本を通してでも、
    幼いころから感じて生きていくことは
    とても大切なことだと感じました。

    掲載日:2014/06/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 自然と知識も身につく

    絵本にしてはびっくりするくらいシックな色使いだと思います。
    だけど子供はこういった色使いの少ない絵のほうがぐっと集中して
    見入っているように思います。
    かえるの卵がかえるところから、緻密に描かれています。
    ページ数は多いですが1ページあたりの文章は少なく詩的な感じで
    とても読みやすく、心地がよかったです。
    かなりリクエスト回数多めのお気に入りの一冊となりました。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるの1年間

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    かえるの卵から始まってかえるの1年間が描かれた絵本です。
    お勉強になりますね。
    ゆかいなかえるとありますが、自然の中はやっぱり危険があるなと感じました。でもそれが自然なのですよね。4ひきのかえるはたしかにタイトル通り明るいです。

    掲載日:2015/04/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 動きがチャーミング

    3歳の娘に読みました。
    買ったのは2歳のときだったんですが、そのときはまだページ数が多くて最後まで読めなかったのと、ページの色調が単調だったせいか娘があまり見てくれなくて。
    3歳になって成長したのか、最後まできちんと見ていられるようになりました。
    「これ、かえるさんの卵なの?」ととても不思議そうに見ていました。
    本当は実際の卵を見せてあげたいのですが、都会に住んでいるとなかなか・・・。
    かえるさんたちの動きがチャーミングで、私が読んでもおもしろかったです。

    掲載日:2014/11/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 隠れたかえるは…どこ?

    • 振袖柳さん
    • 50代
    • その他の方
    • 埼玉県

    渋い青色の背景に、緑のかえる。
    地味な、小さな絵本です。が、ちょっとしたたかな4ひきのかえるたちが、生き生きと、伸び伸びと描かれています。
    亀や鷺に襲われて、隠れてしまうかえるたちを探そうと、子供たちが、身を乗り出して、目を凝らして聞いてくれます。
    たくさんの卵が、魚に食べられてしまったり、冬になると冬眠したり、自然の営みと、ユーモア溢れるかえるたちが、しっくりと、ひとつのお話としてまとまっています。
    最小限の文章に、無駄な装飾の無い、青と緑、2色だけの絵。余計なものが、すべてそぎ落とされた、モダンでシンプルな美しさが、初版から50年の、時を経ても、子供たちを、夢中にさせます。

    掲載日:2013/09/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそうに遊ぶかえるたち

    3歳の息子が、図書館で自分で選びました。少し小さめのサイズの絵本なので、小さな子が自分で手にして開くのにぴったりのようです。
    4匹のカエルたちが、競争したり、かくれんぼをしたりと、楽しそうに遊びます。その活き活きとした姿が子供たちと重なって、とても微笑ましいです。
    かくれんぼの場面では、息子は「あ、ここと、ここと・・・」と隠れたカエルをみつけて、喜んでいました。

    掲載日:2013/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然のたくましさ

    青、緑、黒で描かれた絵本です
    まず、蛙の卵のうち蛙になるのが4匹だけというのが、
    今時の本に慣れているとビックリします(大人が(笑))
    自然の中では当然のことで、蛙になった4匹は元気に愉快に、
    時には天敵から上手く逃げて暮らします
    この本から、たくましさを感じます
    娘は、本物のおたまじゃくしも蛙も蛙の卵も見たことがありません…
    本だけでなく、いつか本物も見れるとよいなと思います

    掲載日:2012/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • いきいきしたカエル

    2歳10ヶ月の息子と読みました。
    私自身が子供の頃に読んでいた絵本です。
    特に好きだったという訳ではないのに、何度も読み、
    強く記憶に残っている不思議な絵本です。
    今思うと好きだったのかも知れません。
    かたつむりの隠しっこをしたり、カメやサギに食べられそう
    になったりと、カエルの生活がとても愉快に分かりやすく
    描かれているのが魅力だと思います。
    息子も私が子供の時と同じような反応をこの絵本にするのが
    また不思議に思います。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • かえるのゆかいな生活

    カエルのおたまじゃくしから成長するすがた。
    カエルたちの楽しい遊び、一日の生活。
    4匹のカエルたちが、ほんとにゆかいに過ごしているかんじが描かれています。
    なんともかわいいイラスト、色合い。カエルの表情。
    今回は図書館でかりたのですが、ぜひ手元に一冊ほしいなあと思いました。
    表紙の裏のおたまじゃくしたちもとってもかわいいです。

    掲載日:2012/09/21

    参考になりました
    感謝
    0

68件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

三びきのやぎのがらがらどん / すてきな三にんぐみ / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(68人)

絵本の評価(4.54)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット