こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

なまずの駄菓子屋」 みんなの声

なまずの駄菓子屋 作・絵:池田 あきこ
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1996年03月
ISBN:9784593592173
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,148
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 予備知識なく読んで号泣

    何の予備知識もなく、タイトルに惹かれて読んでしまったら、
    想像もしなかった胸が締め付けられるような切ない展開に号泣してしまいました。

    きつねの思いやり、なまずのおばさんの辛い心情、受け取り様によってはハッピーエンドと言えるとは思いますが、不思議で切ない余韻の残るラストシーン‥‥私にとっては珠玉の名作と言える一冊です。

    どうしてだろう?と、ぐいぐい興味をそそり引き込まれる前半、後半はその疑問の理由を駄菓子屋のなまず自らが語るのですが、その語り口は切ないながらもどこか微笑ましく親しみが持てます。

    不思議な名前が付いている駄菓子についての説明や、大雨で店仕舞いをすることになりその片付けを手伝う様子など、オリジナリティ溢れる細かい描写が物語の中でいきいきとしていて、ただの子供向けの絵本に留まらないリアリティのエッセンスになっています。

    もちろんシリーズ通して、ピリッとスパイスの効いたミステリアスかつユーモラスなイラストも物語に深みを与えているのは言うまでもありません。

    自分の今の立場が母親でなければもしかしたら号泣するというほどではなかったかもしれませんが、あまりに切なくて読んでいると今は本当に号泣してしまうので、まだ2歳の娘には読んでやっていませんが、人の痛みを知るということとそれに対する思いやりを非常に分かりやすく描いていて、子供に読んでやるのも断然自信を持ってお勧めする星五つです。

    掲載日:2011/01/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 素敵な親子

    この話は、死んでしまった自分の子供が、占いで生き返ると言われたのを信じて待っているナマズのお母さんのお話でした。どんな姿に生き返るかわからないので、ほかの動物たちを食い入るように似ている姿が切なくなりました。結局この子は川に生まれ変わっていて、お母さんと一緒にいつまでも入れるようになったのが感動しました。

    掲載日:2017/05/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 駄菓子屋さん

    この絵本に限らず、駄菓子屋さんって不思議な存在ですよね。
    絵本の中の言葉を借りるならば「どれをとっても格別おいしいというのではないのですが、なんともしみじみとした味がするのがたまらないのです」ということなのでしょうか。
    雨で流されたりと、切なさも感じるお話でした。

    掲載日:2012/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 切ないけどきつねの優しさにほっとします。

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    死んだ者は、また生まれ変わるのだろうか?

    真偽はともかくとして、
    物語の中だけは、そうあってくれたらいいな〜と想う。

    なまずのおばさんも、それを信じて、
    7年前に亡くした息子の生まれ変わりを探しています。

    おばさんの作るお菓子は、なんともしみじみとした味がするのです。
    あとでわかりますが、これは息子が好きだったお菓子。
    作る人の思いが、料理に反映するっていいますが、
    まさに、その通りなんですね。
    「なくなくせんべい」・・・最初は、変な名前って思ったけれど、
    お菓子の名前は、きっとおばさんの気持ちも乗せて、
    売られていたのでしょうね。(他は、どんな名前があるのか知りたかったな)

    客の顔をじろじろみたり、
    馴染みの客には冷たく、初めての客には目を輝かせるおばさん。
    物語を読み進めていくと、原因がわかります。

    息子のことを語りだすくだりから、
    切なく悲しい気持ちになっていきましたが、
    きつねの優しい思いやりのお陰で、少しすくわれた気がします。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしいお話です

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子2歳

    不思議の国わちふぃーるどの、不思議で愉快なお話の1つです。
    ダヤンが川岸で見つけたなまずの駄菓子屋さん。駄菓子って聞いただけで昔を思い出す感じがしますが、わちふぃーるどの住人も格別な味ではないけれど、しみじみとしたこの駄菓子が大好きなようです。

    駄菓子屋のなまずのおばさんが、亡くした息子の生まれ変りを探しているというちょっと悲しいお話でもありますが、わちふぃーるどは不思議の国。不思議な事が起こっても不思議じゃない!?
    狐もフーピーの活躍もあったりと、小さなこの絵本の中には楽しい時間や切ない気持ち、ドキドキや優しさが沢山詰まっています。

    お話はもちろんですが、素敵な挿絵も忘れられない絵本です。

    掲載日:2008/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / くまのコールテンくん / 3びきのかわいいオオカミ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



絵本のなかのくろくまくんといっしょにトイレトレーニング♪

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット