もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

ぼくがパンツをきらいなわけ」 みんなの声

ぼくがパンツをきらいなわけ 作・絵:磯 みゆき
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\780+税
発行日:2002年4月
ISBN:9784591072233
評価スコア 4.23
評価ランキング 15,354
みんなの声 総数 25
「ぼくがパンツをきらいなわけ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • お風呂上りやトイレにいったあと、

    何回言ったことか・・・。

    パンツはきなさい!

    パンツをはきたくないんじゃなくて

    はかなくても大丈夫!

    なんかそんな感じですね。

    まさにそんなおとこのこに読んであげたい一冊です。

    兄弟そろってはだかんぼうの絵がとてもかわいいです。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 可愛い

    こどもってお風呂あがりにパンツをはきたがらないですよね。お母さんとしては、忙しいのに何でよ〜って言いたいところですが、この絵本を読んだら、こどもにはこどもなりの理由があるのかもしれないと思えてきて、あのお風呂あがりのイライラがなくなりました。でもやっぱり最後には、パンツはきなさーいって言っちゃうんですけどね(笑)絵本の中で、みんながパンツを嫌いな理由がとても可愛い理由で大好きです。それから、お父さんがこどもに上手く言いくるめられて、最後には納得してしまうところが、お父さんらしくていいですね。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • うちも一緒

    我が家と全く同じ!
    うちの子も、お風呂上がりやトイレの後とか、
    とにかく一旦パンツを脱いでしまうと、なかなかはきません。

    「まだパンツはいてないの!?」
    「早くはきなさ〜い!」

    と何度言っていることか、、、
    パンツをはいていない時の我が子は、
    いつもハイテンションで楽しげなのが不思議。

    絵本の中の子供達も、パンツをはかない動物達と、
    駆け回ったり、海を泳いだり、それはそれは、
    楽しそうで、気持ちよさそう。

    う〜ん、これならはかないわけも分かるような気がします。
    うちの子にも、きっとパンツをはかない楽しい
    わけがあるのでしょう、、、と思いながらも、今日も

    「早くはきなさ〜い」

    と言ってしまうのでしたf^_^;)

    掲載日:2013/02/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • もしかして私も…

    こどもが思ってることそのままだったので笑ってしまいました。
     
    パンツのゴムがいやみたいです。 うちの子はゆるゆるになったパンツを好んではいたりします。
    履く前に自分でゴムのところをのばしてみたり…。
    ゴムをなおすと嫌がるし…。

    私も風邪をひくから早くはきなさい!ってよくいってましたね。
    なかなかはかず走り回ったり、あるいは歌をうたっていたり…。

    どこの子も一緒なのでしょうか?

    そうだったとしたら私も子供の頃は…。

    今度こどもがいない時に母に聞いてみようと思いました。

    おとうさんまで仲間入りしそうだったのにはgoodです!

    掲載日:2011/06/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくある よくある

    お風呂上り、パンツをはかない ぼく。「どうして、パンツをはかなくちゃ いけないの?」

    私がタイトルに惹かれて手にしましたが、子供の心をガッチリとつかみました。
    ちょうど我が子も「どうして?どうして?」の時期。
    「どうして、パンツをはかなくちゃ いけないの?」は、ダイレクトに響いたようです。

    手書きの文と絵で、まるで子供の絵日記のようです。

    パンツが好きとか嫌いとか、考えたこともありませんでしたが、そういえば子供ってはきたがらないですよね、お風呂上りにパンツを。

    掲載日:2011/02/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • くすくすくす

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子2歳

    男の子を持つ親として、クスクスと笑わずにはいられません。
    私はもうあきらめてますけどね(笑)
    でも来客があっても、そのまま玄関へ飛び出していくのはやめてほしいかな(笑)

    けどこの絵本読んで気づかされました。確かにパンツなんて穿いてるのは人間だけですよね〜。
    つまり『恥じらい』という気持ちがなければ穿く必要はなくて・・・。
    ということは『恥じらい』という気持ちが芽生えるまでは、どれだけ言っても無駄ってことですね!(^^;

    掲載日:2010/11/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 育児の苦労をを思い出させる…。

     ほ〜んと、パンツはきませんよねぇ〜。
     一人でお風呂が入れる頃には、はくようになりましたけれど。
     一緒にお風呂に入って、着替えも準備しておいて、先にあがらせて、自分が終わってきても、はいていない。
     そのまま食事の準備なんかしていると忘れちゃって、気づいたらまだはいていない。
     おしりをつるんと出したまま、トーマスなんかと遊んでいたりして〜。
     「トーマスは紳士の国の機関車なんだから、笑っているよ〜」って、言ったって、おかまいなし。
     追いかけっこも楽しまれちゃって、疲れました。

     でも、確かに開放感はありますよね〜。
     男の子は特にそうなのかも(笑)。

     皆さんの育児の苦労をを思い出させる、楽しい一冊です。

    掲載日:2010/04/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかる、けど…

    • はともさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子4歳

    お風呂の後、パンツを穿きたくない男の子。
    裸でかけまわったり、海を泳いだり、気持ちよさそうなシーンを思い浮かべ、お父さんも「たしかに…」なんて納得してしまいます。

    結局、パンツを穿かずに「早くはきなさい!」と言われて終わってしまうのが、おもしろかったのですが、ここで終わっちゃうの?…という気持ちもありました。

    娘は笑って読んでいたので、楽しめてよかったのですが、なんだか複雑な気持ちになる絵本でした☆

    掲載日:2009/10/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 礒みゆきさん

    とても親しみのある絵と字が気に入ってます。子供目線での言動にも妙に納得してしまう自分にも驚いています。子供は、窮屈なのも、束縛されるのも嫌いなのだと思います。おとうさんって一緒にはだかんぼうになってかけっこしたり、泳いだりして想像してくれるところがすごくいいです。そんな理解のあるおとうさんなら子供ものびのびと育つと思いました。おかあさんの「あっ」「まだ はいてない!」もおかあさんらしくていいです。とてもおもしろく愉快で楽しかったです。明るい元気な絵もよかったです。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • パンツが嫌いな理由

    パンツが嫌いな男の子のお話です。

    大人達はパンツを履きなさい!と言うけれど、子どもなりに履きたくない理由ってあるんですよね(笑)

    ゴムがきついし痒くなる等・・・なんとなく嫌いな理由に納得してしまいました。

    その他にも“解放感”というのもあるのでは??と思ってしまいました(笑)

    男の子の話にお父さんもなんとなーく理解を示している姿がいいなぁと思いました。
    きっと、このお父さんも子どもの頃はパンツが嫌いだったのかもしれませんね。

    掲載日:2008/05/31

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / かいじゅうたちのいるところ / バムとケロのさむいあさ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


きらいがいっぱい、きらいって楽しい!

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.23)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット