庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

おへそがえる・ごん (2) おにのさんぞくやっつけろの巻」 みんなの声

おへそがえる・ごん (2) おにのさんぞくやっつけろの巻 作・絵:赤羽 末吉
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:1986年10月30日
ISBN:9784834000788
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
「おへそがえる・ごん (2) おにのさんぞくやっつけろの巻」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おもしろかったです

    一かんがおもしろかったので読みました。

    さくぞくのおべんとうをぬすんでけんかになったところがおもしろかったです。

    おへそがえるごんがふうせんがえるになったところがおもしろかったです。

    いったいどこまでとんでいくんだろうと思いました。

    からすがたすけてくれたのでほっとしました。

    あのままただ流されていくだけだったらどうしようと思ったからです。

    さいごがよかったです。

    掲載日:2011/01/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • コントみたい!

    第1巻に続き、読んでみました。
    第1巻で仲間になった人間のけんとへびのどんと一緒に旅をしていると
    おにの山賊に脅かされてる村があり、早速退治しに出かけました。

    おにの山賊の元に忍び込んだ3人は山賊達のお弁当をぬすんで
    山賊どうしで喧嘩させたり、追っかけてきた山賊を蜂の大群に
    襲わせたり、それからそれから、いざと言うときにおへそボタンが
    汚れてしまって、お掃除していると山賊に捕まったり・・・
    捕まってからもおかしなことになったりして、
    まるでコントをみてるようで、笑っちゃいました。
    こんな調子で先が思いやられるな〜って思ったのですが、
    ここはしっかりと!

    この展開がまたまた西遊記みたい!といって、息子は
    大喜び!もちろん、今回もごんの行動がかなり気になる様子で
    何度も読み返して笑ってました。

    掲載日:2008/10/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どものお気に入り

    ごんとけんが訪れた村では、山賊が暴れていました。

    1569ページにも及ぶ長編なのですが、文字が少ないので、時間はそんなにかかりません。

    絵巻風で、絵を見ているだけでも、楽しい本です。次は何が起きるのかという、めくりの楽しさもあります。

    とても楽しいお話なのに、絶版で図書館でも置いていないところが多く、頻繁に読めないのが、とても残念です。

    レトロな感じの絵なのですが、おへそがえるのごんが、へそにゴミが入ったり、ふさがれたりすると、力が出ないというのが、子どもにはとてもおもしろく感じるらしく、息子は一人でも読んでいました。

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット