庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

九九のほん」 みんなの声

九九のほん 作・絵:まつい のりこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:1982年
ISBN:9784033240305
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,846
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かけ算

    学校で、かけ算の授業があったので読んでみました。
    まついのりこさんの絵本には、小さい頃から親しんでいたので、「勉強の本」と構えずに、すんなりと手にしてくれたと思います。
    学校の教えかたと少し違ったこともあるので、戸惑いもありました。

    掲載日:2014/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自然に覚えてくれれば

    自分が算数が苦手で苦痛だったので、自然に数字に慣れてくれれば良いなと思ってとりあえず図書館で借りてみました。

    絵がかわいくて楽しいようで声に出して読んでます。

    かけざんのしくみが目に見えてわかりやすいので小さい子供にも理解しやすい絵本だと思います。

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • おぼえやすい!

    • たれれんさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子8歳、女の子6歳

    九九を暗記する段階でも活用しましたが、暗記後も活用しています。

    ただ覚えるだけでなく、階段を上って行く楽しさとわかりやすい説明が何度も本を開く理由ではないでしょうか?

    春には小1になる娘もゲーム感覚?で楽しんで、九九を覚えてしまいました。

    掲載日:2010/01/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • わかりやすい!

    息子は4歳でまだ九九を覚えるには早いのですが・・・
    数字に興味があって、おなじまついのりこさんの書かれた足し算や引き算の絵本を楽しんで読んでいるので、この本も読ませてみました。

    九九を丸暗記するための本ではなく、「かけざん」とは何かを可愛いイラストとともにきちんと教えてくれます。

    まだしっかり理解できるわけではないのですが、なんとなく面白いようで、「ににんがし、にさんがろく」などとつぶやいたりしています。
    勉強、と思う前に楽しく算数の基礎が作れそうです。

    実際、学校で習う頃にまたじっくり読ませたい絵本です。

    掲載日:2009/02/05

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / おこだでませんように / いいから いいから3

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット