たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

さかさまつり」 みんなの声

さかさまつり 作・絵:つきおかゆみこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784333023134
評価スコア 4.17
評価ランキング 17,285
みんなの声 総数 11
「さかさまつり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • さかさまの不思議を楽しもう!

    最初と最後に登場するめがねばし!息子は一番気になっていたようです。
    帰り道の橋は水面にさかさまに見えていて…なるほど〜と言いながら見ていました。

    他にも不思議で気になるところが盛りだくさん!
    ついつい絵本を逆さまにして見るのでどっちがどっち?と不思議をぞんぶんに楽しめました。

    おめんも息子は何度も逆さまにして楽しそうに見ていました。

    さかさまを体験しながら楽しめる不思議で素敵な絵本です。

    掲載日:2013/05/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • ふしぎな祭り

    このお話は、屋台や売っているものがさかさまの不思議なお祭りのお話でした。逆さまの金魚すくいに、逆さまに被るお面などいつもの屋台がいつもの屋台とは違って見えて、子供心をくすぐる感じでした。うちの子はこんなお祭りホントはないよね!?でも、あったら行ってみたいなって言っていました。

    掲載日:2015/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • お祭り

    やっぱり、お祭りとなるともうテンションも最好調にあがってたのしくなる孫と私です。さかさまつりは初めてですが、お祭りに変わりなく浴衣もとてもお祭りにふさわしくいいなあって憧れました。さかさまつりですが、絵を眺めていてとても楽しくなりました。

    掲載日:2014/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもたちが奪い合い

    7才の娘が、図書館で自分で選んで借りてきました。
    「さかさまつり」にでかけたよいちとおかあさん。そこは屋台などが全部逆さまになっています。見れば見るほど、なんだかとっても不思議な世界。本を逆さにしたり、また戻したりしながら楽しめます。
    「私にも見せて」「ぼくも読みたい!」ときょうだいで奪い合いになるほど、子どもたちに人気でした。
    最後のページを読むと、この絵本にさらなるしかけがあることが分かり、みんなでページを戻って再確認。いろんなたのしみが散りばめられていて、ワクワクできる絵本でした。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさかさ(さかさま)

    なかなかいいカンジです!
    『さかさまつり』は、鏡文字ののぼり、上下さかさまの屋台、上下どちらでもOKのお面。本当にぜんぶさかさま。さかさまですが、さかさまと言っても色々なバリエーションがあるんだなぁと感心させられました。本当にこんなおまつりがあったら、絶対行きたいですね!
    娘も大喜びの一冊でした☆

    掲載日:2012/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しくて不思議なおまつり

    • えほんほんさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子4歳、男の子2歳

    なんだかはちゃめちゃなおまつり。
    ひらがなを覚えた息子はひらがなが反対になったり、上下さかさまになったりしてるのを、一生懸命解読しながら読んでいました。
    ありえないお祭りの様子に、少しとまどいながら見入っていた息子。
    おばけやしきの様子にはおびえてしまい、最後は「なんかこのおまつり行きたくない。。。」と言っていました。
    自分なりにいろんな感想を言えるようになるのはとっても大事なこと。
    内容は深いわけではないですが、この絵本も意味があったと思います。

    掲載日:2011/01/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議な世界

    • くるりくまさん
    • 30代
    • ママ
    • 新潟県
    • 女の子8歳、女の子5歳、男の子2歳

    うちの子供、なぜか時代劇がお気に入り。
    この絵本も時代劇のような江戸時代のお祭りが舞台で、おもしろがってみていました。

    お祭りのお店が全部さかさま。
    これはどうなってるんだ・・・なんて、本をさかさまにしてみたり。

    読み終わった後、ところどころに「さかさ絵」「はんじ絵」「かげ絵」などがかくされています・・と作者のつきおかゆみこさんの言葉に、もう一度最初に戻って、探してしまいました。

    私は、裏表紙がさかさまの絵になっているのに気づかず、本の上下を入れ替えて読もうと思って、表紙に返したらまたさかさま・・・まんまとだまされました。

    掲載日:2009/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 表紙が楽しげなので

    表紙の絵がとても楽しそうだったのでこの絵本を選びました。つきおかゆみこさんの作品はこの絵本が初めてですがとても気に入りました。絵を眺めているだけでとても楽しい気分になれる絵だと思いました。楽しんで作品を書かれている様子が伝わってきました。主人公がお母さんと楽しむ”逆さ祭り”にはとても魅力を感じました。私もこんな祭りがあったら是非参加してみたいと思いました。細部まで凝って書かれているのがとても気に入りました。読めば読む程に味が出てきて新しい発見がある絵本でした。他の作品も是非読んでみたいと思いました。

    掲載日:2008/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入りになりました。

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    おまつりと聞くだけで、わくわくしてきますが、この本のように、いろんなものがさかさになるおまつりなんて、一体全体どんなものだろうと、興味をそそられます。

    ページを開くたびに、あらゆるものがさかさにうつってるんです。本の内容をたどる前に、絵を観察することに、親子ともどもはまってしまいました。

    あとがきを読むと、読んでいて気づかなかった「しかけ」が施されていることがわかります。作者さんのあそび心がいっぱいで、こんな楽しいおまつりに仕上げてくれたことを感謝したくなりました。

    掲載日:2008/05/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 不思議が楽しい

    何もかもさかさまのさかさまつり。
    屋台の上下も味もさかさま。
    子供には「ありえない」なんて感想はないだけに
    純粋に楽しんでいる様子。「行ってみたいねぇ!」
    私が行ってみたいお店は『わわわわ』屋さん。
    一瞬??って考えたけど、思わず笑ってしまいました。
    わが○屋さんね。

    掲載日:2008/04/02

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / バムとケロのそらのたび / もこ もこもこ / バムとケロのおかいもの / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『へんてこレストラン』 <br>古内ヨシさん 竹内通雅さんインタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(4.17)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット