ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる? ゴチソウドロどこにいる?の試し読みができます!
作: すとう あさえ 絵: さとう めぐみ  出版社: くもん出版
森でごちそうが消える事件が発生。さあ、絵本をめくって犯人を探そう! 探しながら楽しむ、春夏秋冬の定点観測さがしえ絵本。

すごい目玉をもったアザラシがいる!」 みんなの声

すごい目玉をもったアザラシがいる! 作:山本 省三
絵:喜多村 武
出版社:くもん出版
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年03月
ISBN:9784774313597
評価スコア 4.29
評価ランキング 13,882
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人の手のひらでも持て余してしまう目玉

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子20歳、女の子16歳

    「バイカルアザラシ」!!
    バイカルアザラシが取り上げられている科学絵本です。
    写真ではなくて、喜多村武さんが絵をつけていらっしゃいます。
    これはもしかしてコラージュ(貼り絵)作品でしょうか?ちょっと技法が特殊な感じがします。

    2015年の高校生向け夏休み読書感想文・課題と書の1冊に
    「ペンギンが教えてくれた物理のはなし」という本がありました。
    タイトルには“ペンギン”とありますが、この本の著者はバイオロギングを使った極地動物生態学者(本当の肩書はよくわかりません)の渡辺佑基さん(著)で、
    この作品にはペンギン以外にもアホウドリやマグロ、バイカルアザラシなどについて書かれていて、実に興味を持って楽しく読ませていただいた1冊でした。

    なので、表紙に大きく描かれたバイカルアザラシの絵を見た途端、これは読まなければ!と、思ってしまいました。
    この絵本は、「バイカルアザラシ」の目玉についての作品です。
    いや、大きな目だなと思っていましたが、
    大人の手のひらでも持て余してしまいそうな大きさの目玉って、いったい、どれだけ大きいの!?
    この本を読んで、その大きな目玉の理由が少しわかって、更にこの生きものに興味がわきました。

    作品的には「動物ふしぎ発見」というくもん出版から出ている動物博士(東大総合研究博物館教諭)の遠藤秀紀さん監修のもと、
    動物たちの実は知らなかったふしぎなからだのことを子どもたちにもわかりやすく説明してくれる科学の本のシリーズで、
    どの本もとても読みやすく面白い内容になっています。
    絵もはっきりしていて、文字も大きいので、説明文なのにすごく読みやすかったです。読み聞かせにもお勧めです。

    掲載日:2016/03/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 初めて見ました

    このお話の主人公のアザラシは、子供も私も初めて目にする「バイカルアザラシ」という名前のアザラシでした。一般的に知られているアザラシと比較しながら、体の特徴などを比べて解説してくれてあったのでとってもわかりやすかったです。実物も見たくなってきました。

    掲載日:2015/06/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 本当にすごい。

    とてもわかりやすくまた興味が持てる内容なので
    次々とページをめくっていきました。
    いろいろな動物の例が出てくる度に感心しきり。
    人間がこの後どんなふうに進化していくのか
    本当に知りたいし見てみたくなりました。

    掲載日:2009/12/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きな眼でなにをみる?

    • やっほさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子3歳

     動物ふしぎ発見シリーズの中の1冊。このシリーズは動物の生態がわかりやすく、小学低学年でも理解できるのがすごいです。

     すごい目玉をもっているのは、バイカルアザラシ。目玉一つを大人の手で覆うことができないくらい大きいそうだ。ではなぜそんなに大きな眼をしているのか。

     読み進めていくうちに、「へえ、そうだったのか」と何度口にしたか。子どもはもちろん大人でも夢中になってしまいます。進化論を読むよりはるかにわかりやすい、動物の進化のはなし。そして、私たち人間も進化をとげる。未来の人間はどんな姿になっているのか。そんなことを考えるきっかけにもなります。

    掲載日:2009/05/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • バイカル湖の透明度

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子9歳

    絵本を読んでいる途中に設問がでてきたので、
    母「バイカルアザラシの目の大きさって何センチ?」と
    子供たちに質問してみました。
    娘「2センチ」
    息子「大きいって書いてあるから直径4センチ?」
    こぶし大と言うことにびっくりです。
    目の大きくなった理由がバイカル湖の透明度。
    どんなに水がキレイなんだろう〜と行ってみたくなったり、
    環境に適応するために体が変化する事に驚きです。
    どんな進化をしてきたのか、これからどんな進化をしていくのか・・・。
    不思議でもあり、ちょっと怖い気もします。
    私達人間も動物達もこれからでんな進化をするんだろう。

    掲載日:2008/10/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • こんな目で見つめられたら・・・

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    絵本といえるかどうか…
    ただ、表紙の、大きなめだまに引きつけられて手に取った一冊です。
    著者は、幼い頃から機械いじりが大好きで、まずは分解して、その仕組みをみていたそうです。そして大人になって、その機械が動物いじりになり、死体を引き取っては、解剖して、実に細かい所まで研究しているようです。
    そのひとつが、この大きな目玉をもったアザラシ。
    その取り出しためだまの大きさといったら、大人の手の平にのるくらい。頭の中にそんな大きいものが二つも入っていたら、あとはどうなるんでしょう。
    そのことから、動物の進化についても、深く語られています。
    おとなの私でさえも、かなり興味をもって食いついてしまったので、動物の好きな子どもたちに、ぜひ見せてあげてみてはどうでしょうか。

    掲載日:2008/09/26

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの / きょだいな きょだいな

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ネジってすごい!ものづくりの新たな魅力を発見☆

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.29)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット