ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

バーバパパのすいしゃごや」 みんなの声

バーバパパのすいしゃごや 作:アネット・チゾン タラス・テイラー
絵:アネット・チゾン タラス・テイラー
訳:山下 明生
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\850+税
発行日:1997年05月
ISBN:9784062676533
評価スコア 4.08
評価ランキング 17,965
みんなの声 総数 25
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 勉強になりました

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

    息子の大好きなパン.その材料となる小麦粉ってこういう風に水車を使って作っていたということを知った息子は真剣にお話を聞いていました.
    息子は風車は見たことがあるんですが水車を見たことがなくて,「見てみたーい」と興味あり気でした.
    遊んでて水車を壊してしまったバーバのこどもたちだったけど,自分達が水車になってしまうなんてナイスアイディアです.
    自分達で収穫した小麦を粉にして,その粉で作ったパンを食べるなんてなかなかできることじゃないのでバーバファミリーがうらやましいです.
    きっと最高においしいパンが作れるんでしょうね.

    掲載日:2016/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 刈り入れ

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    2歳と4歳の子に読みました。
    刈り入れをするバーバ一家。
    今回はバーバのこどもたちが遊んでしまい…。まあ彼らもやっぱりこどもですものね。
    バーバ一家の変身能力は本当に便利だなーって思います。
    うちのこどもたちもへんしんシーンが好きです。

    掲載日:2015/08/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水車のしくみ

    水車って、水にまわるもの、という認識しかなかった子供には、こうやって動かして何かの役にたつよ、と教えられてよかったです。粉ひき小屋、というのも昔のヨーロッパのスタイルらしく、とても面白かった。

    子供たちが壊した水車を、自分たちで変身して、代わりにするところは面白かったです。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 水車の勉強にもなる

    小麦をかりとって、ひいて、水車小屋の水車の力で粉にひいていきます。水車のしくみが理解できそうなところが良かったです。

    でも、子供たちは遊びすぎて、水車をボートで壊してしまいます!

    でも大丈夫。バーバパパたちが水車に変わって小麦をひいていくのです。そして、この粉でお菓子ができるのです。

    とても良い本だと思います。勉強にもなるので、5つ☆をつけました。子供も納得したようにみえました。

    掲載日:2015/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどもたち、エライ!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の娘が図書館から借りてきました。

    今回のバーバパパは水車小屋でこなひき。
    あれ?
    バーバパパたち、こんな田舎に住んでたっけな?
    と思わず突っ込みたくくらい、のどかな風景です。

    順調に行っていたかのように見えた労働も、
    やっぱり子供たちがいるとうまくいきません。
    ここはバーバ一家も人間も一緒だなぁと思い
    思わず苦笑してしまいました。

    でもバーバ一家の子供たちは、ココが人間と違う!
    最後は自分達がぶっこわしてしまった水車になって、
    ミスと遅れをとりもどす!
    すばらしいです。えらい!
    この姿勢は是非我が家のお猿たちにも見習って欲しいものだと
    思いました。

    掲載日:2015/05/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に勉強できました

    水車とかってうまくで説明できませんが、

    このお話を読んで、なんとなくわかった気がします。

    順序良くみんなで行動できればいいのですが、

    いろいろハプニングもあるものです。

    カラフルな家族でワイワイするのが楽しいと思います。

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもはいつだって

    親の仕事の邪魔をして怒られるものなんですね〜。

    でも、バーバの子どもたちは、楽しいことをちゃんと知っています。
    それに、失敗してもちゃんと最後までお手伝いもしてくれます。
    家族みんなで協力し合って生活している姿が、
    とても共感を呼びますね。

    秋のこの季節に読むにはぴったりの絵本。
    今は水車を使って石臼をまわして・・・の作業を、
    身近で見る機会はなかなかないですが、とても勉強になります。

    それにしても、バーバの子どもたち、
    まさか水車に変身するとは思いませんでした。

    バーバパパの絵本は、色が綺麗でいやされますね。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 勉強になります

    5歳長女が選びました。長女はバーバパパが大好き。

    バーバパパのお話はとても勉強になります。私自身この絵本を開く前に「ママ、すいしゃってなーに?」と聞かれましたが、答えられず・・・。このお話では小麦粉がどうやって作られるかもちゃんと描かれていて、長女も私も「こうやって作るんだね」と話しながら進みました。そして水車の働きも理解できました。

    最後は水車がめちゃくちゃになってしまったけど、そこは家族。ちゃんと協力して、間に合わせの水車作れてよかったね。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいい家族

    家族みんなとってもかわいいキャラクターで、子供も私もとっても大好きです!!今回のお話は、水車小屋のお話だったのですが、水車を見たことがないうちの息子はとっても興味津々でお話に聞き入っていました。本物を今度見せてあげたいって思いました。

    掲載日:2012/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • すいしゃごやって何するの?

    すいしゃごやって何をするところか
    が良くわかるように描かれています。

    みんなで協力しながら小麦粉を作る
    工程が上手く描かれていて、
    ちょっと食育的な側面もあるかな。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

25件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(25人)

絵本の評価(4.08)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット