雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

明るく斬新なイラスト
賢治がずっと思っていたこと、こうありた…

大砲のなかのアヒル」 みんなの声

大砲のなかのアヒル 文:ジョイ・カウリー
絵:ロビン・ベルトン
出版社:平和のアトリエ
本体価格:\1,500+税
発行日:2002年07月
ISBN:9784938365288
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大砲を貸してもらえませか?だめです!

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子19歳、女の子17歳、女の子15歳

    何日もかかって大砲を一台だけもって、とある町の攻撃のために
    やって来た将軍と兵隊たちに困ったことが起りました。
    大砲の中にアヒルが巣を作って卵を産んでしまったのです。

    どうやっても出てこないアヒルに業を煮やした兵隊が、
    アヒルごと撃ってしまおうといいますが、将軍はべつの大砲を
    借りてこようと提案し、敵である市長さんに大砲を借りに行きます。

    挿絵を見ると強面の将軍ですが、何とも心根の優しいお方です。
    大砲を借りに行く?敵に武器を借りに行く?
    何回か読み直してしまったくらいです。

    市長さんの提案も気が利いていて、
    大砲は貸せないので、卵がかえるまで休戦しましょう、
    となりました。

    結局、暇な兵隊さんたちは町のために働いて、戦意喪失し
    戦争はおしまいになりました。

    この物語を読んで思うのは、軍隊を牛耳るトップの人達は戦争が
    大好き。色々な名目をつけ、戦争を正当化するのです。
    でも命じられて戦地に赴く人たちに好き好んで戦う人はいないのです。
    命をかけるより、ペンキを塗ったり、ゆっくり新聞を読んだり
    する方が、いいに決まっています。

    でも、戦争をして得をする人達がいる限り、この世から戦争はなくならないでしょう。

    戦争を指導している全ての人がこの将軍と市長の精神を少しでも理解
    できれば、世の中ちょっとは変わるかな。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 何のために戦うの?

    特選世界平和の絵本シリーズの一冊です。
    とぼけたお話ですが、妙に心に残りました。
    大砲が一つしかない軍隊が、町の近くから大砲を撃とうとしています。
    町から見えるところでなんと大胆でしょう。
    撃とうとした大砲にアヒルが巣を作って子育て中。
    仕方がないので、これから戦おうとしている町に大砲を貸してくれと頼みます。
    こんな話が続くのですが、これが外交でしょうか。
    3週間は戦わないことにしたら、兵隊に払う給料が足りない。
    しかたないから、兵士たちはこれから戦おうとしている町に労働力を提供して町から収入を得ることにしました。

    さて、アヒルの子どもたちが巣立って大砲が使えるようになりました。
    でも、兵士たちは自分達がペンキ塗りの作業をした町に大砲は撃ちたくない。
    隊長も相手の町の※長の娘に恋をしてしまいました。
    大砲をのせたケーキで結婚式。
    ユーモアたっぷりの反戦絵本でした。

    …でも、大人の世界ってこの位ばかげたことで争いになったり、友好を結んだり、子どもたちにはわからないことをしているのかも。

    掲載日:2010/05/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • それが、戦争のおしまい

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子14歳、男の子12歳

    平和博物館を創る会の編集による「世界・平和の絵本」シリーズ、とあります。
    小学校の図書室の購入本で知りましたが、先生が絶賛されていました。
    戦争のために敵地近くにやってきた将軍と兵士達。
    大砲の準備を始めたところ、大砲にアヒルが巣を作っていて動かないのです。
    何とも間の抜けた状況ですが、その解決策に、敵地の市長に大砲を貸してほしい、
    と直談する将軍もなかなかです。
    結局休戦となりますが、戦争の愚かさがよくわかる展開です。
    でも、それ以上に、アヒルを見る優しいまなざしが残っていたからの話。
    この人間らしさをいとおしく感じます。
    だって、アヒルごと大砲を撃とう、という案もあったのですから。
    戦争の愚かさはもちろんのこと、将軍や兵士の人間らしい振る舞いを感じ取ってほしいです。

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


お気に入りのくだものはどれ?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット