たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

だくちる だくちる はじめてのうた」 みんなの声

だくちる だくちる はじめてのうた 作:阪田寛夫
絵:長 新太
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1993年11月25日
ISBN:9784834012200
評価スコア 4.42
評価ランキング 8,336
みんなの声 総数 30
「だくちる だくちる はじめてのうた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • プテロダクチルス

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    4年生のブックトークを担当した際、教科書に紹介されている本も読んでおこうと
    セレクト。
    V.ベレストフの詩を原案とし、童謡「さっちゃん」の作詞でも有名な阪田寛夫さんが文章、
    あの、長新太さんが絵を担当しています。
    太古の恐竜時代のストーリー。
    孤独なイグアノドンが、プテロダクチルスに出会った時の感動が綴られます。
    原始的なシチュエーションが、長新太さんの絵で引き立ちます。
    プテロダクチルスなので鳴き声が「だくちる だくちるる」なのでしょうか。
    その響きがとても印象的です。
    そして、それを「はじめてのうた」ととらえる感性が素敵です。
    やはり声に出して味わいたいです。

    掲載日:2011/02/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • 不思議なうたですね

    にんげんがうまれるずっとずーっとまえのまえ そのまたずーっとまえにイグアナどんがはじめてきいた歌のお話です。
    初めてタイトルを見たとき「だくちる?だくちるって何?」と思いました。

    この絵本が気になったきっかけは長新太さんが絵を描かれているからでした。
    息子が初めて自分で声に出して読みたがった絵本が長新太さんのごろごろにゃーんだったのです。
    長新太さんの絵は独特ですね。
    こちらの絵本でもやはり独特で、イグアナどんの顔が描かれておらず、体の色もころころ変わります。
    でもその色の変化で朝昼晩の時間の変化だったり、寂しい嬉しいの気持ちの変化がなんとなく読み取れるのです。
    不思議ですね。

    不思議といえばやはり「だくちるだくちる」という歌です。
    今では音のない世界は想像しづらいですが、想像するだけでとても孤独で寂しくなります。
    そんな時にはじめて聞こえた歌はきっととても心強くて愛おしく感じたでしょう。

    無駄な話がなく短くシンプルなお話なので、とても印象に残る素敵な絵本でした。

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだち

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    一匹でさびしいイグアノドンにおともだちができるお話。
    はじめてのうた、とあるので赤ちゃん絵本?と思ったのですが違いました。
    おともだちができてうれしいイグアノドンのことがよく伝わってきました。
    娘はイグアノドンのさびしさ等といった感情がよくわからなかったのか、いっしょにさびしくなってしまったのか反応があまりよくありませんでした。

    掲載日:2015/08/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめての歌・はじめての友達

    「だくちる」は小さなプテロダクチルスの声。
    イグアノドンの友達で、地球ではじめての歌。

    恐竜だけど、怖くないんです。
    絵もシルエットのみで、表情がわからないんですよね。
    そのぶん、想像が働きます。
    「だくちる」を聞いて、笑っているのかな?喜んでいるのかな?

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • にんげんが うまれる ずっと ずーっと まえのまえ
    わ〜っ! ずいぶん前の話なんですね

    地球上にいた イグアノドンという恐竜は 地上が噴火し 
    どがーん どがーん やかましい 音ばかり聞いていたのですね
    でも さびしかった 親も 兄妹も 友達もいなかったんですね

    やったあ!  ちいさなちもだちみつけたんだ  
    だくちる だくちる ともだちの 歯をきしらせうなる こえ?

    ちきゅに うまれた  いちばんはじめの うただって

    イグアノドンは 一人でなく 小さな友達とであって うれしかったんです(よここびの はじまり?)

    やはり 一人では 生きられないのです  恐竜も 
    友達が 必要なんですね! 
    あ〜   よかった! 
     
    長さんの絵 ステキでした 
    坂田さんの詩も いい!
    原案のV ベレストフ氏は ロシア生まれの詩人であり 考古学者でもあったと有ります(この絵本は 夢が有ると思います)

    だくちる だくちる このことばが いつまでも 心に残り
    口から飛び出すんです  「だくちる だくちる」

    子供たちによんであげたいな〜
    恐竜好きの子供たちはもちろん   歴史に興味を持ち何かを感じ取ってくれるとおもえましたが・・・・・
     

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • はじめてのともだち

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    ともだちもいなかった恐竜が
    噴火の音以外で聞いたはじめての音、
    それが「だくちるだくちる」という飛ぶ音でした。
    はじめての友達の出現にだくちるだくちる・・・という歌を
    とても愛らしく感じいとおしく思っている感じが伝わってきます

    恐竜の見た目と裏腹の繊細な優しさに触れ
    息子も恐竜に興味を持った様子です

    だくちるだくちると聞いて
    息子が2才のとき救急車を「ピーポーピーポー」でなく
    「イーアーイーアー」と元気に言っていたのを思い出しました
    本当にそのように聞こえたから
    「イーアーイーアー」と得意げだったのです
    きっと「だくちるだくちる」と飛んでいたのでしょうね

    掲載日:2010/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩的な文章にうっとり

    最近恐竜に目覚めた息子に、と思って借りたのですが、
    読んでいるハハのほうがうっとりしました。
    詩的な文章、読んでいてじんわりとするのです。
    原案の本も図書館にあるというので、パラパラとめくってみたのですが、
    私としてはこちらのほうが文章が磨かれているように思えました。

    因みに当の息子は、詩的だ、とか何だとかに興味はなくさらっと素通りして終わりました(涙)

    掲載日:2008/09/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 地球上に生まれた初めてのうた?!

    • アナンシさん
    • 40代
    • その他の方
    • 東京都
    • 女の子20歳、男の子16歳

    「だくちる だくちる」−それは淋しいイグアノドンが、
    この地球で初めて聞いたうただった。

    イグアノドンは、嬉しかったんだね。
    それが初めて出来た友達のうただったから。
    意味は何も分からないでも、
    その声をずっと聞いていたかったのね。

    イグアノドンは全部様々な色のシルエットだけで、
    表情が描かれていない。
    でも、何だかその方が淋しいイグアノドンの気持ちが伝わってくる。

    地球で最初のうたは、そうやって生まれたの。
    そりゃ、坂田寛夫がそう書いて、長新太さんがそう描けば、
    それで決まりでしょう!

    掲載日:2008/08/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • だくちる だくちるる…

    長さんの絵本というと、ナンセンスということを、まず連想してしまう私ですが、この絵本には美しさ感じました。
    原始時代のお話しですが、見たことのない太古の世界にちょっぴり興味を持ちました。

    静かでそれでいてダイナミックで、やさしさが伝わります。
    絵本ライブで男子学生が読んでくれました。子ども達と静かに見ました。

    掲載日:2008/06/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 詩的な旋律(?)でした。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    絵は長新太さんです。絵が、文章にとても合っていて、印象的でした。
    「だくちる」って、舌が回りずらくて、とても言いにくかったですが、繰り返して使われると、すごく詩的だなぁ。と思って、最後の作者紹介を読んだら、原案を描かれたベレストフという方は、当時ロシアでとても活躍していた詩人のひとりだったそうで、成程と、思いました。

    我が家の子の場合、つまらなくはないけど、あまり面白いとも思わないという感じでした。恐竜が主人公だったので、どちらかというと、男の子のほうが好きかもしれません。
    文は短くて、字も大きいので、自分で読むなら、ひらがなを覚えた頃から十分読めると思います。
    ただ、この詩的な旋律を伝えた上げるなら、読み聞かせのほうがいいかも…。

    掲載日:2008/05/25

    参考になりました
    感謝
    0

30件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / めっきらもっきらどおんどん / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ふしぎなナイフ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(30人)

絵本の評価(4.42)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット