ねんねん どっち? ねんねん どっち? ねんねん どっち?の試し読みができます!
作: 宮野 聡子  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
「どっち?」にこたえていくうちに、あらあらふしぎ。すやすやねんね。子どもの気持ちを安心させ、しぜんに眠りの世界へみちびく絵本。

ケストナー少年文学全集 8 動物会議」 みんなの声

ケストナー少年文学全集 8 動物会議 作:エーリヒ・ケストナー
絵:W.トリヤー
訳:高橋健二
出版社:岩波書店 岩波書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1962年
ISBN:9784001150582
評価スコア 4
評価ランキング 23,045
みんなの声 総数 1
「ケストナー少年文学全集 8 動物会議」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 1949年に出版

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    あとがきを読んで驚きました。
    この作品は、第二次世界大戦が終ってすぐに書かれたそうです。
    それなのに、今読んでも共感できるのです。
    これは、きっと作者は望んでいなかったでしょう。
    60年も先の世界も、まだ戦争がある世の中と知ったら、どんなにがっかりすることでしょう。

    この作品は、戦争や人種差別から子どもたちを救おうと、動物たちが人間に立ち向かうおはなしです。
    はちゃめちゃなところもあって、決してお説教くささはありません。
    長いおはなしですが、最後まで引き込まれます。

    絵もユーモアたっぷりで、楽しく観る事ができます。
    それぞれの動物の人格(?)が描かれているので、親しみを持てます。
    堅苦しいおはなしではありません。

    ゆっくりと時間をかけて読んでもらいたい本です。

    掲載日:2009/03/03

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

おつきさまこんばんは / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット