ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

いつまでもいっしょ どこまでもいっしょ」 みんなの声

いつまでもいっしょ どこまでもいっしょ 作:永渕浩子
絵:木村 裕一 田島 征三
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年
ISBN:9784323070452
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,882
みんなの声 総数 5
「いつまでもいっしょ どこまでもいっしょ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • なにげないもの

    このお話には、いつも周りにある何気ないものが見守っていてくれれるっていう事が書かれていました。このお話では道が取り上げられていたのですが、このお話を子供に読んでいて、「なるほど〜」って大人が思ってしまいました。自分の心を解放してくれる感じのお話で癒されました。

    掲載日:2012/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい

    タイトルに惹かれて読んでみた一冊です。

    初めは何の事だか分からないのですが、段々と男の子の成長を見守る“道”の存在が大きくなっていきます。
    普段何気なく歩いている道も、“道”の視点から見るとこういう風に描かれるんだなぁと思いました。

    奥深くて温かみのあるオススメの一冊です☆

    掲載日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 道に優しさを感じて

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    男の子が小さいときからずっと、道は男の子を見守っていた。。。まるで、男の子のお母さんのように温かく。読んで心がほっこりと温まるそんな絵本です。

    どこに行くにも通る道。そんな道が人間のような心を持って、人間を優しく見守ってるなんていう発想に、感動しました。人間は、かつて通った道になつかしさを感じますが、道も同じように、ある人間が通ったことを思い出にしていくのでしょうか。

    きみはひとりぼっちなんかじゃないよ。だって、「みち」はどこまでもつづいているんだもの。本で出合ったこのコトバは、落ち込んで、ぽっかり穴があいてしまった心を救い上げて抱きしめてくれるかのようでした。

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の頃 絵地図を思い出します

    絵地図を見ているようで  楽しいです!

    電車が走っていたり 川があったり ポストがあったり

    小学生のころ絵地図をみんなで作った時の楽しさが思い出されます。


    この男の子は、幼稚園に行くのが嫌で・・・お母さんを困らせているね。

    学校へ行くようになって、遠足 こんな思いでも、懐かしい!
    空に飛んでる鳥 牛たち 何だか見ているだけで 楽しい!
     
    道 それは 何処までも続いている・・・・

    お父さんのお仕事で引っ越すの・・・

    お別れするのは 悲しいけれども 道が慰めてくれているの

    わかるよ!
     住み慣れたところは 何処に何があって このお家には犬がいてと、いろいろな楽しみがありますよね

    引っ越しは 住み慣れたところとお別れするのだから

    やっぱり 淋しいよ!

    「いつまでも いっしょ  どこまでも いっしょ」 
    道は 続く。 この絵本の タイトル

    楽しいえほんでした。
    夢があって!

    掲載日:2008/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • みちが話しかけるなんて

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    「みちのお話 絵本ストーリー募集」で最優秀賞作品「おはなし しようよ」を元に絵本化したものです
    「みち」が野球帽をかぶった男の子に、ベビーカーに載っていた事、幼稚園をいやがった事、雨の中で泣きそうになった事など、語りかけます・・・男の子には聞こえていないのですが・・・
    車から投げ捨てられた、空き缶をその子が拾って、ゴミ箱に入れてくれたから、お礼を言いたいと言うのです
    やがて男の子は、引っ越すことに・・・「みちはどこまでも続いている」「「またあおう」といいます
    こんなにも道を身近に感じさせてくれる事で、改めて子供たちも、自分の周りの「みち」に興味を持つようです
    地元の学校では地域清掃を中学生が中心になってやっています
    そんな風景を見ると「道が喜んでる」なんて本気で思ってしまいます
    挿絵は、木村さん、田島さんなどの共同制作で、切り貼り絵がお話の暖かい雰囲気を作っていて、すばらしいです

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット