なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

恐竜トリケラトプスと恐怖の大王」 みんなの声

恐竜トリケラトプスと恐怖の大王 作・絵:黒川みつひろ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2002年
ISBN:9784338173032
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,104
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ティラノ軍団!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    恐竜のなかでも草食恐竜派の息子。
    こちらのシリーズはだいすきでいくつも
    読んでいますが、肉食恐竜がメインで
    でてくるものは怖がるときも。
    今回の恐怖の大王はガッツリ肉食のティラノサウルスが
    出てきます!が、ダスとの協力プレイや
    リトルホーンの賢さや勇気があるところなどが
    好きなようで、何度も何度も読みました。
    今回のダスはまるで人間のようで、
    演技でごますりのようなことをしてみたりと
    笑ってしまいます。いつもと違いすぎて
    そのダスの態度には最初、息子もとまどっていました。
    でも、それも作戦のうち!作戦を考えたのと
    提案をしにいったのはリトルホーン!
    すごいです!ひとりでむかっていくなんて!!
    ミニホーンにもいやされます。リトルホーンの
    成長を感じることができる、一冊です!

    掲載日:2016/10/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりダスが!!

    最近、恐竜ブームの4歳息子と読みました。
    このシリーズの絵本を読破している最中です。

    これは…ちょっといい話。
    いつものライバルの肉食恐竜ダスと、ビッグホーンたちが手をくむのです!!
    敵はティラノ大王。
    シリーズの今までの絵本を考えると、
    ダスとトリケラたちのやりとりが、ちょっと感動的です。
    黒川さんのダスへの愛情が伝わってきます。
    ダスも粋ですね。

    息子も、怖いところでは足をばたつかせながら「怖い、怖い!!」などと言って興奮しながら読んでいました。

    これからダスとの戦いではなく、また別の戦いに入っていくのでしょうか。

    掲載日:2015/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大きく描かれた恐竜!

    大きく描かれた恐竜はとてもインパクトが強いです。

    特に、戦いの場面は迫力があるのですが
    その途中で交わされる ダスと、ティラノ大王のやりとりが面白く
    遊び心のようなものを感じました。

    このシリーズは、
    恐竜が好きなお子さんへのプレゼントにも、良いと思います。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供が大好き

    5歳の子供に読みました。
    お姉ちゃんにもこのシリーズは読んだことがありますが興味がなく、繰り返し読む事はありませんでしたが、弟達はこのシリーズが大好きでそれもこの最強肉食恐竜ティラノサウルスが登場するこの本が好きなようです。私もこの本が一番はらはらドキドキして読みました。そしてリトルホーンというトリケラトプスの子供が出て来るのですがその子がゆうきを振り絞ってるのがじぶんの子供に重ねてしまい、読みながらつい熱くなってしまいます。いつもは敵でライバルのダスも本当はいい奴なんだ と読み終わったあとニヤニヤしてしまいました。

    掲載日:2014/01/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ティラノ大王

    息子がこのトリケラトプスのシリーズが大好きでよく読んでいます。順番はバラバラに読んでいますが、一冊でお話が完結するので、そんなに違和感はないです。
    このお話は、いつもは戦う相手のはずのダスプレトサウルスのダスが味方となりティラノサウルス軍団と戦うお話。そのダスと一緒になって戦おうとダスに交渉に行くのが、ビックホーンの息子リトルホーン。ひとりで勇敢にダスのところに行きます。その勇気と、逃げない強い心をダスが受け入れてくれます。
    勇気があったから、逃げなかったから仲間になってくれた、というところが、息子はぐっときたようです。
    いつもハラハラドキドキ。そしてハッピーエンド。何度読んでも楽しいようです。

    掲載日:2013/02/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 仲間同士が助け合います!

    恐竜が大好きな息子が見つけたシリーズ絵本です。
    トリケラトプスのビッグホーン、ビッグホーンの息子リトルホーン、
    妹のミニホーンが出てくる、シリーズ絵本になります。
    絵がリアルすぎず可愛らしすぎず、子どもに受け入れやすい
    絵だったこともあり、すんなりストーリーに入っていくことが出来ました。

    本のタイトルにある「恐怖の大王」から、「ティラノサウルスのことだよ!」
    と読む前から騒いでいた息子。やっぱりティラノサウルスは人気があるのかな。

    新天地に巨大なティラノサウルスがやって来たとの情報があり、
    新天地を守ろうと試行錯誤しながら戦うトリケラトプス達。
    今回は、リトルホーンが大活躍!斬新な対決方法を考え出し、
    自ら行動するリトルホーンの勇気ある行動に、息子も大絶賛でした。

    このシリーズは恐竜同士が戦うシーンも多いのですが、仲間同士が
    助け合うシーンも多く、とても好感が持てると思います。
    窮地に追い込まれながらも新天地を守り抜いたトリケラトプス達に拍手!
    シリーズの中でも息子の大好きなストーリーだったようで、
    何度か読まされました。

    掲載日:2008/03/24

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット