しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

だってだってのおばあさん」 みんなの声

だってだってのおばあさん 作・絵:さのようこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\880+税
発行日:1975年
ISBN:9784577003039
評価スコア 4.75
評価ランキング 647
みんなの声 総数 63
「だってだってのおばあさん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

63件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 45歳くらいのお子さんにお薦め!

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、女の子0歳

    猫が魚釣りに誘っても、
    「だって私は98歳だもの」と断るおばあちゃん。

    ケーキを作るのが上手な理由も、
    「だって私は98歳だもの」というおばあちゃん。

    ところが猫がお誕生日ケーキのろうそくを落としてしまい
    5本のろうそくでお誕生日のお祝いをしたおばあちゃん。
    その次の日から五歳のおばあちゃんになります。

    川をびょんと飛び越えたり、
    魚釣りをしたり!
    「だって私は5歳だもの」といって、
    猫と一緒にいろんなことにチャレンジするおばあちゃんの姿、
    とても心あたたまります。

    「私、どうして前から5歳にならなかったのかしら?」という
    おばあちゃんと、
    「でもおばあちゃん、5歳でもケーキつくるの、じょうず?」という
    心配そうな猫の会話で終わりますが、
    4歳の息子と年が近いせいか、息子とおばあちゃんが
    話しているような気がして、
    とても優しい気持ちになれました。

    猫と同じ年くらいのお子さんに是非お薦めしたいです!

    掲載日:2011/08/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 世界が変わる

    99歳の誕生日、ケーキに立てるはずだった99本のロウソクが5本だけになってしまったおばあさん、なんと5歳のおばあさんになります。

    魚釣りに行ったり、川を飛び越えたり、川の中に入ったり・・
    99歳では出来なかったことが、5歳になったら不思議と出来てしまいます。

    「自分は若い!」と思えば、本当に心も若返るのですね。
    逆に、「自分はもう歳だから・・」とあきらめてしまえば、本当の年寄りになってしまうのかもしれません。
    要は気の持ちようで、周りの世界が変わるのですね。

    猫も、おばあさんと一緒に魚釣りに行けて本当に楽しそう!
    最後、「でも、5歳でもケーキ作るの上手?」と心配そうにきくところが可愛らしかったです。

    この作品は、小学校の教科書の教材にもなっていますが、リズム良く読めますし、挿絵も温かみがあり、佐野洋子さんの絵本の中でも大好きな作品です。

    掲載日:2015/09/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • いいお話でした。

    だってだっての・・・・のいうタイトルだったので

    何をしても言い訳わかりいう変なおばあさんの

    お話かな?と思っていました。

    全く違っていて、だって・・・・という言葉から話しますが、

    いいわけではありませんでした。

    一緒に住む猫が5歳ということで、読んでいるうちに

    親近感がわいたようです。

    5歳ってステキだね、と思える絵本でした。

    掲載日:2014/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人にお薦めしたい

    某通信教育のお薦め絵本にあったので借りてきました。

    「だってわたしは98さいのおばあちゃんだもの〜、そんなのムリよ」
    って98歳じゃなくても私使ってますよ(汗)
    「え〜ママには無理だよ。大人だもん」って・・・

    99歳のお誕生日をたったの5本のロウソクでお祝いすることに
    なったおばあちゃんは、すっかり5歳になって
    「だって私は・・・5歳だった!できるわ!!」って!
    すごいですよね!
    ほんとうにできちゃうし!!
    要は気持ちの持ちようなんでしょうね〜

    これは大人にお薦めの絵本だと思いました(笑)

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 気のもちよう

    娘の小学校で使っている教科書に載っていました。
    絵本でも読んでみようと思い図書館から借りてきました。
    「だってだっての」という言葉から勝手に「つまらない
    おばあさんの話」だと思い込んでいたのです。きちんと
    読むまで。
    確かに最初は「だってだっての」おばあさんだったのですが
    おばあさんが「5さい」になってから(笑)、おもいっきり
    変貌を遂げます。
    そうですよね。行動なんて気のもちよう!
    私も5さいの私になって7歳の娘とげらげら笑いながら
    楽しく生きたいなあって思いました。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃんから孫娘へのプレゼントでした

    私や娘が選んだ本ではなく、祖母が本屋さんで「私はおばあさんだから、題名に『おばあさん』という言葉が入っている本を選んだの…」と言ってプレゼントしてくれました。

    娘に読んであげると「面白い〜!おばあさんなのに5歳になっちゃった!うちのばあちゃんもろうそく5本にしたら5歳になるかな?」と聞いてきて、その後もときどき本棚から出してきて、最近では自分で読むようになりました。

    私も何度か読んでいるうちにすっかり好きになってしまいました。
    娘から、本を読んだ感想や質問が多かった本の1つでもあります。

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 私も5歳に

    さのようこさんの絵本は、どの絵本も素敵ですが、これもやはり素敵でした。
    ネコとおばあちゃんのコンビがほのぼのします。
    98歳のおばあちゃん。「だって わたし 98だもの」が口癖だったのに、98歳の次に5歳になり、気持ちも若返る!なんて素敵なんだろう。
    最近、色々なことに歳を感じるな〜と思っていた私も、おばあちゃんのような気持ちで頑張らなきゃ!と思いました。
    読み終わると、なんだか新しいことにチャレンジしたり、子育てももっと若い気持ち(子供になった気分)でやりたいな〜と力が沸いてきました。

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今日は おばあさんの99歳の誕生日
    おなあさんは ねことと住んでいました
    ねこがおばあさんに頼まれてろうそくを99本買いに行きましたが川に落として・・・・ 5ほんだけ
    おばあさんは 5本のろうそくでケーキを食べました 5歳になったのです
    こんなふうに若返れたらどんなに良いでしょうね
    うちの母は91歳だんだんといろんな事が出来なくなって 自分でも情けないと思っているのです
    このおばあさんのよう若返らせてあげたい!
    この絵本を読んであげて 若返ってくれたらと思いました
    おがあさんが 川を94年ぶりに飛び越えたなんてすごい!
    「ねえ わたし どうして まえから 5さいに ならなかったのかしら らいねんの おたんじょうびにも ろうそく 5ほんかっzてきておくて」
    こんなおばあさんに 母も元気をもらえたらいいな〜
    そんな思いでこの絵本を読みました

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直の笑えた!

    • 海猿さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子6歳、男の子3歳

    子供達は絵本が大好き!
    とりあえず題名を見て内容を想像してます(笑)

    この絵本も恒例の題名から推測・・
    でも「だって だって・・」ってなんだろう・・??っと息子達。
    読み始めると、可愛らしい猫と98歳の元気なおばあちゃんの話で次男には難しそうでしたが、長男にはヒット!

    「だって5歳だから」にはニコニコでした。
    読み終わると「次は100歳になるのに〜」っと笑ってました。

    掲載日:2012/04/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんのお膝で…

    • あみむさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳

    6年生の息子と主人と3人で読みました。
    読み聞かせの練習でちょうど10分だったので、
    朝読の読み聞かせでは時間がちょっとオーバーかな?
    大きな教室だと、集中力の続かないお子さんもいるかも?と思いました。

    でも、と〜〜ってもすてきな本です。
    ぜひご家庭でお母さんやおばあちゃんのお膝で読みたい一冊です!

    「だってわたしは98だもの」が口癖のおばあちゃん。
    でも99さいのお誕生日のはずが、5さいになっちゃって。

    98歳のときのおばあちゃんのように、○○だから、って我慢しちゃ、
    あきらめちゃもったいない!
    世の中にはた〜くさんの楽しいこと、幸せなことが待っているんだもの!
    どんどんかわいいかおになっていくおばあちゃん。
    ちょうちょみたい、とりみたい、さかなみたい…と楽しむおばあちゃんを見ていると、
    私もやりたいことがいっぱいだ!ってわくわくしてきます。

    お子さんにはもちろんですけど、お母さん、おばあちゃんのための
    素敵な本です。

    掲載日:2012/02/02

    参考になりました
    感謝
    0

63件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / そらいろのたね / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / としょかんライオン

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(63人)

絵本の評価(4.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット