十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

くるくるさんぽ」 みんなの声

くるくるさんぽ 作:梅田 俊作 梅田 佳子
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2007年11月15日
ISBN:9784406050760
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,448
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 指でなぞる

    わたやザラザラした紙のように、異素材を用いた触って遊ぶ絵本は知っていましたが、こちらはタイプが違うように思います。

    同じ紙の上に描かれた絵を、指でなぞる。
    「くるくる」を認識したり、指を細かく動かすことができる、幼児になってからがピッタリでしょうね。

    大きい「くるくる」小さい「くるくる」があるので、成長に合わせて徐々に楽しめそうです。

    掲載日:2012/04/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一緒に“くるくる”楽しめそう!

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    今まで、ありそうでなかった作品かも!
    『くるくる』しているものを集めているところがいいですね。
    少人数での読み聞かせや、お父さんお母さんなどがお子さんに読んであげるときは、それこそ絵本の“くるくる”しているところを一緒になぞってもらって、遊びながらおはなしも楽しめそうです。
    本の全体が明るい色(特に黄色)を使って描いてくれているので、明るくて遠目も利きます。
    低年齢のお子さんにいかがでしょうか?

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • おさる

    くるくるしっぽのおさるさんが主人公。クレヨンで大胆に描いた登場人物(動物・植物・雲)がなんだか、心温まる絵本です。くるくるしっぽのおさるさんが、いろんなくるくるを探していく物語で、こんなくるくるがあったんだ!っと大人も楽しめる一冊です。

    掲載日:2009/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 白の使い方

    表紙の白色の使い方がとてもセンスが良く素敵だなと思ったのでこの絵本を選びました。散歩の目的を決めるともっと散歩が楽しくなる事を主人公は教えてくれました。主人公の好奇心の御蔭で楽しく読む事が出来ました。特に感動したのは水溜りの水の表現です。水が当たる瞬間の一瞬を見逃さずしっかりと観察している洞察力に脱帽です。この絵本を読んだ後は物事をもっと注意深く見たくなると思いました。好奇心を養える絵本だと思いました。

    掲載日:2008/12/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • くるくる

    おさるさんといっしょに、くるくるをなぞっていける楽しい絵本です。
    朝顔の緑色のつるつる、羊さんの薄い灰色のつるつる、蛇さんのモスグリーンのつるつる。色、感触(?)の違いも楽しめます。最後のご褒美の虹にも喜べます。楽しいリズムと共に、テンポも軽やかに進んでいけます。絵本で遊べます。絵のくるくるもいろとりどりで綺麗でよかったです。

    掲載日:2008/12/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • くるくる楽しいね!

    絵が可愛かったので借りてみました。
    クレヨンを使った暖かい絵がいいですね。
    おさるさんが「くるくる」を探してお散歩に行くのですが
    色んなくるくるがあります。
    読みながら「くるくる」に合わせて私がくるくるしてる部分を
    なぞると、1歳7ヶ月の娘も一緒になって
    なぞっています。
    まだ、くるくるの通りには、なぞれないのですが、
    ママの真似っこをするのが楽しいみたいで、
    とても嬉しそうですよ。
    「ゆびでおはなし」っていうのも納得です。
    もうちょっと大きくなったら、上手に「くるくる」が出来るし、
    「このくるくるは、○○だ!」って感じで
    クイズっぽくも遊べて楽しめるなぁって思いました。

    掲載日:2008/09/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい子向きかも

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子9歳、男の子5歳

    5歳の息子が図書館から選んだ一冊です。
    くるくるをゆびでなぞってあそんでねってあります。
    くるくるの線がわかりやすく、そんなに長くないので、小さい子のほうが楽しめるかもしれません。
    うちの息子は、くるくるが次のページにつながっているものと思っていたらしく、やや満足に欠けた様子。
    でも、絵はとっても優しいタッチで描かれていて、読んでいて心がほっくりする絵本だと思いました。

    掲載日:2008/08/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろんなくるくる

    • ぜんママさん
    • 30代
    • ママ
    • 広島県
    • 男の子10歳、女の子8歳

    ”くるくるをゆびでなぞってあそんでね。”に
    即座に反応して、くるくるを指でなぞった娘。
    いろんな大きさのくるくるを楽しみながら、
    そのくるくるの正体を考えました。
    絵の印象やその物や動物を想像して、
    娘「これはやわらかいくるくる。こっちは怖いくるくる。」と
    全て同じ紙の上のくるくるだけど、
    なんとなく指の肌触りが違う感じがしたようです。
    小さい子向けでしょうが、楽しめました。

    掲載日:2008/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くっついた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット