雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

はれときどきアハハ」 みんなの声

はれときどきアハハ 作・絵:矢玉 四郎
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2007年08月
ISBN:9784265820092
評価スコア 4.17
評価ランキング 17,580
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 初めて出会った、詩という表現

    • 事務員さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    年長6歳がはれぶたが読めたのでアハハも借りてきました。
    やっぱりひとりで黙々読み終えました。
    その後私も読みました。
    小学生が詩を書いたらそれがお芝居になって見れる。
    それで笑いが起きたらアハハ計が上がって100たまったら
    大きな花火が上がる。というお話。

    詩・・・それはまだ娘は出会ったことのない表現です。
    たしか小学校で作りますよね?
    子供の頃ポエムを作ってた友達のことを思い出しました。

    詩、お芝居、詩、お芝居のテンポが良くて
    あっという間にアハハ計100まで読んでしまいます。
    最後にお父さんがインターネットでアハハ園を検索していたので
    はれぶたとは違う時代、現代風だなと思いました。

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 笑おう

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    笑うという行為は心身ともにいいことなのでみんながアハハと笑うこの遊園地はとてもいい遊園地だなーと思いました。
    こどもしか入れないのが残念です。
    こどもたちが詩をかいて、その詩をもとにおしばいを見せてくれるなんて面白そうです。このおしばい内容も面白かったです。

    掲載日:2014/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 興味津々

    息子が現在大好きな矢玉四郎。図書館へ行くたびに借りて来ます。アハハエンの招待券をもらった則安。

    みんなが詩に書いたことがお芝居になるという点に息子は興味津々。トランプの絵がそのまま王様になって、上の王様と下の王様がけんかしてしまうあたりが、とても矢玉作品らしいなと思いました。

    はれぶたシリーズは、時々怖いことがあるのですが、今回はそんなことがなく、終始笑いに溢れていたのが良かったと思いました。

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • グダグダで爆笑

    • ねがいさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子7歳、男の子2歳

    「はれぶた」シリーズは娘も大好き!
    でも、図書館に借りにいくと、どの本もどの本もボロボロ。途中のページが
    抜け落ちていて、借りて帰ってがっくりすることも。
    それだけ人気があって、たくさんの子の手に取られているってことなんでしょう。

    そんな中、とても綺麗な「はれぶた」シリーズの本を見つけました。
    それがこの「はれときどきアハハ」です。
    「アハハえん」では、書いた詩が芝居になるのですが、その詩がぐだぐだ(笑)
    奇想天外とか、奇天烈とか、それ以上のグダグダ感があります(笑)
    そんな詩からできたお芝居も意味不明なグダグダ加減で、笑いっぱなしでした。
    ゾウの鼻のついたキリンが最高☆

    花火がまたおもしろくって、こんな花火大会、絶対みたい〜(^o^)

    掲載日:2008/07/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • アハハハ〜♪

    「はれときどき〜」シリーズが大好きな息子。
    こちらのタイトルも「アハハ」ってついてるところに惹かれたらしく
    大きな声を出して、1人で読んでました。

    私は、その横で聞いてたのですが、「アハハえん」だの、
    「おもしろい詩が演劇になる」だの、おもしろい事がいっぱい!
    息子も「アハハ〜♪アハハ〜♪」大爆笑しながら読み続けてます。
    そんな息子を見ながら聞いてましたが、私も実際に読んでみたくなって
    息子が読み終えた後で私も!

    目の前に現われた事への先入観を持たずに、純粋な心で見つめる子どもたちの為の?
    「アハハえん」の楽しさがいっぱい詰まってました。
    花火の場面は、見たこともない素敵な花火が打ち上げられて
    私もアハハえんに行ってみたいなぁって思いました。

    息子は、学校から帰ってきたお姉ちゃんにも,
    おもしろさをアピールしてました (^◇^)

    掲載日:2008/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / どんどこ ももんちゃん / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



4つのコースをつなげて長〜い線路に!汽車が走るしかけ絵本

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット