だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

恐竜トリケラトプスとひみつの湖」 みんなの声

恐竜トリケラトプスとひみつの湖 作・絵:黒川みつひろ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2006年
ISBN:9784338173094
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,566
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • スコミムス?!はじめましてな恐竜でした!

    • こりこりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、女の子0歳

    最近、恐竜が好きになったようで、中でもトリケラトプスがお気に入りなので、ちょうどいいシリーズだ!と思い、首長竜とかがててくるのかな?となんとなくこちらを選びました。

    結果、スコミムスという、まったく知らなかった恐竜がでてきたわけですが、
    息子はこれがすごく気に入ったみたいです。
    後ろのページにのっている、スコミムスの解説も興味深かったようで、獲物の捕まえ方や食べ方などをマネして遊んでいます。

    初めて読んだ本が比較的ほんわかな内容でしたが、レビューをみてると、他のシリーズは戦いのシーンもあるようですね。
    息子が、リトルホーンのお父さんが出てくる本も読みたい!と言っているのでちょうどいいのかも。
    他の恐竜のこともしりたいので、いろいろ読んでいきたいです。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • リトルホーンとダスの息子プレトが

    最近恐竜に興味をもつようになった、4歳の息子と読みました。
    彼は本当にこのシリーズが大好きです。

    この絵本は、いつものように恐竜たちの闘いではなく、
    なんと、ダスの息子プレトとリトルホーンの友情物語なのです。
    そして、私や息子にはあんまりなじみのない、水生恐竜も登場し、
    結構楽しかったです。
    息子も夢中。

    さすが、黒川さん、
    同じ時期か、どの地域で発見された恐竜か、
    そうでなければどのような設定にするか、、など熟慮されていて、
    その設定を読むのも、このシリーズの醍醐味です。
    巻末には図鑑顔負けのいろいろな知識も載っていて、
    迷路などもあり、、至れり尽くせりの絵本です。

    掲載日:2015/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • お父さんダス

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    このシリーズが大好きな息子と一緒に読みました.

    いつもは敵のダスが,今回はとってもいいやつに見えました.ダスとプレトの親子愛と,リトルホーンとプレトの友情が描かれていて,心が温まる話でした.
    スコミムスの頭の長さにはびっくりしましたが,その口にはするどい歯が100本以上もはえていたと解説に書いてあって,親子でびっくりしました.

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ほっと一息、友情物語

    黒川みつひろさんの恐竜シリーズにはまっている息子と読みました。
    肉食恐竜VS草食恐竜の食った食われたグァーーーッ!!
    っといういつもの展開とは違って
    これはいつもは敵でヒール役のダスの息子とリトルホーンの
    ほっこり友情物語的なお話でした。
    ダスってほんとはいいやつなんだな〜、なんだかバイキンマンみたいと
    思いました。

    掲載日:2015/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • この絵本は、もちろん恐竜がメインなのですが
    景色もとても丁寧に描かれており
    広々とした気持ちになれます。

    この巻では、大きな湖を発見する場面が特に好きで
    思わず深呼吸をしたくなりました。

    恐竜たちもそれぞれに愛嬌があり、
    親近感が湧いてきます。

    掲載日:2015/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • リトルホーン主人公

    トリケラトプスシリーズは5歳の息子達が大好きです。娘にも小さい時このシリーズは読んだことがありますが興味をしめしませんでした。
    息子達はどこか遠い国には恐竜が住んでいる、そんな感覚で話を聞いているようです。絶滅したんだよと説明はしてるのですが。
    このお話にはトリケラトプスのボスのビックホーンは出てきません。主役はビックホーンの息子のリトルホーンです。このこども恐竜は出てくる度に勇敢で優しい理想の息子像です。今回も敵てあるはずのダスの息子を助けて いい子ですよ。

    掲載日:2014/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 珍しい水辺の恐竜

    このお話には絶滅したと思われていた恐竜の生き残りが出てきました。うちの子は初めて見たので何回も姿かたちを見て、「かっこいい〜!」って言っていました。この絵本を読んでいる方にはおなじみの、ダスとリトルホーンとのやり取りも面白くってよかったです。

    掲載日:2013/08/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜大好き!

    • ドーナツさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子11歳、男の子4歳

    恐竜が大好きな子にお勧めします。
    絵・内容、4歳の息子が楽しんで読めてよかったです。
    恐竜の世界がわかりやすくてよかったです。
    息子も気に入りに何度でも読みました。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 恐竜が大好きな息子が見つけたシリーズ絵本です。
    トリケラトプスのビッグホーン、息子のリトルホーン、
    妹のミニホーンが出てくる、シリーズ絵本になります。
    絵がリアルすぎず可愛らしすぎず、子どもに受け入れやすい
    絵だったこともあり、すんなりストーリーに入っていくことが出来ました。

    今回は、水生恐竜スコミムスが登場してきます。
    ダスプレトサウルスの息子プレトとリトルホーンの子供同士の
    ふれあいもあったりして、このシリーズ絵本の中では、ちょっとだけ
    微笑ましく思えたりします。
    息子も、「ダスに子どもがいたんだね!」と嬉しそうに言いながら
    読んでいました。知っているキャラクター(恐竜ですが)が別のストーリーに
    出てくるところは、シリーズ絵本ならではの楽しみでもありますよね。

    今まで陸上の恐竜しか知らなかったので、この絵本で息子は
    スコミムスの存在を知り、早速覚えてしまったようです。
    恐竜好きの子なら、きっと満足できる内容だと思います。

    掲載日:2008/03/26

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / バムとケロのにちようび / よるくま / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット