もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

紙芝居 せつぶんってなに?」 みんなの声

紙芝居 せつぶんってなに? 作・絵:しらたかみお
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784494090334
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,016
みんなの声 総数 3
「紙芝居 せつぶんってなに?」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • こわくない鬼

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子4歳、男の子2歳

    鬼がこわーいと言っている二人の息子たちに読みました。
    節分に幼稚園で豆まきをし、鬼(たぶん先生)をやっつけた!と
    得意げだったので3月になってから読みました。
    さすが男の子ですね。豆で鬼をやっつけたということがうれしかったようで、節分で鬼たちを追い返す様子も
    自分のことのように誇らしげに読んでいました。

    季節のお話を紙芝居で読むのっていいですね。

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • もっかいっ!!

    節分をわかりやすく…と思って、図書館で借りたのですが、
    すごくいいです!!

    見るからにこわそうなオニ達が、意気込んで出かけていきます。
    豆まきをしていない家を見つけた赤オニ。
    「うおーっ!」と飛び込むのですが、待っていたのは、
    「おじちゃんだぁれ?どこからきたの??」と呑気な兄妹。
    調子がくるった赤オニは、恐がらすのも忘れて、節分の説明を
    始めます。

    どこまでも、動じない兄妹と
    ひとの良さそうな赤オニの問答は、なんだか滑稽で面白いです(笑)

    恐そうな赤オニさんの親切な説明で、節分のことは良くわかるし、
    最後には、赤オニさんに教わった方法で、見事オニ達を撃退☆

    娘は、読み終わった瞬間に
    「もっかい!だって、おもしろかった!!」

    楽しく節分を学べます!オニの絵が本格的なのもいいっ☆
    是非、節分に読んでみて下さい!

    掲載日:2011/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • いろんな色の鬼がでてきます。

    テーマは節分です。

    驚かそうとしたのに、いつの間にか居座り、

    太巻きまでごちそうになっている鬼をみて

    思わず吹き出してしまいました。

    全然子供が怖がっていなくて、むしろ鬼を小馬鹿に

    している絵がおもしろかったと思います。

    知識として、鬼が苦手な豆まきやいわしなどが

    でてきたので、節分のお勉強も

    しっかりできていいと思います。

    掲載日:2014/03/29

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


「ももちゃん はなちゃん」シリーズ <br>つちだよしはるさんインタビュー

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット