ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

もりのひなまつり」 みんなの声

もりのひなまつり 作・絵:こいで やすこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:2000年02月
ISBN:9784834016543
評価スコア 4.59
評価ランキング 3,686
みんなの声 総数 73
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

73件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • お雛様の泣き顔にクスっ

    • ひめ子さん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    今年のひな祭りの前に、当時1歳半だった娘に買いました。
    文章が多いので、まだ娘には難しいかなあと思ったのですが、絵が綺麗で可愛く、とてもユーモラスなのですぐに気に入ったようでした。
    のねずみこどもかいに招待されて「もりのひなまつり」に繰り出したお雛様たち。
    楽しくてついつい長居してしまいます。
    しかし日が暮れ、雪も降り始めてだんだん焦り出し、大急ぎで家に帰った時には顔が汚れてしまいます。
    ショックを受けたお雛様たちがシクシク泣き出すのがなんとも可笑しく、娘に読み聞かせるときは笑いをこらえながら、泣き真似をして読んでいます。
    それが面白いのか、娘も私の顔をマジマジと見てきます。
    ねずみばあちゃんの活躍で一件落着するのですが、その後もクスっと笑えます。
    ひなまつりの時期が終わっても、娘は「読んで」と持ってくるようになり、結局春も夏も秋も読んでいました。
    2歳になった今も、毎晩のように読んでいます。
    こいでやすこさんの絵本はどれも素敵で沢山買いましたが、娘はこれが一番好きなようです。
    おともだちにもプレゼントしましたが、とても喜ばれました。ひなまつりの絵本をお探しの方には是非おすすめしたいです。

    掲載日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    5
  • 幼稚園での読み聞かせ

    • 将軍亭琴音さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子11歳、女の子8歳、女の子6歳

    幼稚園での読み聞かせ会に持参しました。
    対象は4歳児と5歳児。

    ひな祭りの前に読み聞かせ会があったので、
    何冊かのひな祭りの絵本の中から選びました。
    優しい語り口、優しい絵、ワクワクする感じが
    気にいったので…。

    幼稚園でもお雛様の飾り付けが終わった後で
    立派なお雛様の前で読ませてもらったので
    まさにビンゴ!な選択だったなぁと思います。

    子どもたち、楽しんで聞いてくれました。
    飾り付けられたお雛様のページを見て、
    読み終わった後に、私の後ろを指差して
    「ほら、同じのあるよ!」と言った子どもがいたので
    「このお雛様も『もりのひなまつり』にいったかもね」と
    言うと、みんな嬉しそうに笑ってくれました。

    ちなみに中に出てくるおひなさまたちが歌う歌は
    「うれしいひなまつり」♪明かりをつけましょ、ぼんぼりに♪
    をあてて歌いました。ちょうどぴったりでしたよ〜!

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    5
  • 5歳の息子達と読みました。もうすぐひなまつりということであちこちでお雛様を見かけるらしく、こども達がお雛様に興味を示しているのでよみました。読んだこども達の感想は「お雛様って動けるの?」という質問です。なんと答えたら良いのやら、答えに困ってしまいましたが。それくらいおはなしに引き込まれたのでしょうね。お雛様たちがネズミ達に車に乗せてもらっているのにひとり、仕丁だけネズミに引っ張られて走ってる場面でこども達は大笑いしてました。

    掲載日:2014/03/05

    参考になりました
    感謝
    2
  • お雛様の出張

    伝統的なお話や由来とかではなく、森のねずみ達の雛祭り・・・。
    しかも人間のお雛様が、ねずみ達のために森まで出かけて、お祝いをしてあげるという、一風変わった雛祭りのお話でした。

    『雛祭りは、女の子みんなのための行事』
    そんな風に考えて、お雛様は、ねずみ達の願いを叶えてくれたのかもしれないですね。
    お雛様の優しさに、気持ちが温かくなります。

    もうひとつの見どころは、ねずみばあちゃん。
    子ども達の願いを叶えたいと思いつつも、人の大切なお雛様を勝手に持ち出すことを終始心配している様子が、良識ある感じでいいなって思いました。
    そして、ねずみばあちゃんの心配が的中!

    でも、大丈夫。
    いざとなると色々な経験を生かせるのが、おばあちゃん。
    落ち着いた対応が、見事でした♪

    掲載日:2013/02/25

    参考になりました
    感謝
    2
  • 素敵なねずみばあちゃん!

    図書館から借りてきて3歳と8歳の娘たちと読みました。
    おひな祭りにはまだちょっと早い時期でしたが、
    娘たち、喜んでくれました(^^)♪

    こいでさんの絵もお話も
    ワクワクドキドキ、丁寧に描き込まれていてとても楽しいです。
    動物好きの次女はねずみやうさぎたちに大喜びしていました。
    描き込まれた絵が大好きな長女は、ねずみばあちゃんのお部屋や縫い物をしている場面がとても気に入ったようです。
    こんな立派な七段飾り、飾れたら素敵だな〜と思いました。

    すっかりねずみばあちゃんのファンになりました(^^)♪

    おひな祭りの頃に、是非女の子には読んであげたい一冊だと思いました。
    オススメです!(^^)

    掲載日:2013/01/18

    参考になりました
    感謝
    2
  • ねずみばあちゃん、大活躍♪

    森に住む野ねずみの子どもたちから、ぜひお雛様を森のひな祭りに連れてきてほしいと頼まれたねずみばあちゃん。
    少し心配しながらも、お雛様を連れて森へと出掛けます。
    皆で歌ったり踊ったり…と、楽しい一時を過ごしたお雛様と森の動物たちでしたが、ひな祭りを終え、そろそろ帰ろうというときになって、ちらちら雪が舞い始め…。

    森の動物やお雛様たちの表情やしぐさが細かく描かれていて、絵を見ているだけでも楽しい一冊。
    娘も毎回、絵本のお雛様と自分のお雛様とを見比べては、「おんなじだね〜」と嬉しそうにしています。
    この絵本を読んで、ますますお雛様が好きになった様子。
    家に着いてからのねずみばあちゃんの活躍ぶりも素晴らしく、お雛様がみるみる綺麗になっていく様子は、見ていてワクワクしてしまいます。

    掲載日:2012/02/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • そろそろ時期なので

    そろそろお雛様の時期なので、読んでみました。
    絵がいいですね。
    お雛様のお顔も、衣装も、正統派の純和風という雰囲気です。
    おしとやかな外見ながら、森へ出かけていったりするので、面白かったです。
    最後、ひな壇に飾られたお雛様は、豪華です。
    七段飾りなんて、幼稚園かお店でしか見ていないので、本当に豪華だと思いました。
    なかなか家庭では難しいのですが、憧れますね。

    ところで、この絵本では姉妹で一つのお雛様の様子です。
    地域によっては、女の子一人ずつに、それぞれのお雛様という場合もあるのですが、姉妹共用もいいですね。

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 絵本らしい絵本

    とてもかわいらしいお雛様の絵に惹かれて購入しました。
    4歳の長女に読んだのですが、読む前は、文書が長めなので最後まで聞いてくれるかな?と不安だったのですが、実際に読んでみるとストーリーがおもしろいのもあって、ちゃんと最後まで集中して聞いてくれました。

    実際には起こらないのだろうけれど、もしかしたら人には見えないだけで、本当はこんな世界があるのかもしれませんね。
    お雛様とねずみたちの組み合わせも新鮮でした。
    絵本らしい絵本という感じで、とても安心して読める1冊でした。

    掲載日:2016/05/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • ねずみばあちゃんのところに のねずみこどもかいから手紙が届きました

    「もりのひなまつりをしたいlというのです  おひなさまたちはねずみばあさんの案内で もりへいくことになったのです
    のねずみたちもたくさんやってきて おひなさまを連れて行くお手伝い
    おひなさまたちも 楽しそう みんないい顔で笑っています

    もりのおひなさまのおまつりは もりじゅうの動物たちもみんなやってきて
    とても楽しそう    こういうお話の展開に、新鮮さを感じました

    みんなで 手をつないで踊ったり 甘酒飲んだり、おひなさまたちのたのしいおひなまつりですね
    もちろん のねずみたちもみんなとても嬉しそうです
    おひなさまがのねずみのあかちゃんをだっこしたり  とてもいい ふれあいが 微笑ましいです
    ところが ゆきがふり 家に戻るまでが大変   おひなさまの 家に戻ると顔が汚れて 着物もやふれて 大変
    ハラハラどきどきの展開です
    ねずみばあさんの 活躍はすばらしいものです!
    おひなさまの おせわがかりだったのですね 
    もりのひなまつり   おひなさまたちも のねずみも楽しめて こんなひなまつりはいいですね〜

    掲載日:2015/03/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 雛人形の冒険にわくわく

    ひなまつりの本を探していて、見つけた一冊です。
    2歳3ヶ月の息子にはまだ早いか?と思いつつ読みましたが、最後までおとなしく聞いてくれました。
    動物たちが出てくるのと、雛人形たちが話をしたり動いたりするので楽しめたようです。
    中でも、ねずみのおばあちゃんの元へ届いた手紙は、語尾が「チュー」とネズミ語になっていてケラケラ笑っていました。
    後日、本物のひな人形を見たとき、こんにちは、さようなら、と挨拶していたのがおもしろかったです。
    3歳になったら、もう一度読んであげたいです。

    掲載日:2016/02/25

    参考になりました
    感謝
    0

73件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(73人)

絵本の評価(4.59)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット