おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

彼岸花はきつねのかんざし」 みんなの声

彼岸花はきつねのかんざし 作:朽木祥
絵:ささめや ゆき
出版社:学研 学研の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年01月
ISBN:9784052028960
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,023
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 戦争時代の物語をソフトに伝えてくれます

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    「かはたれ」シリーズを読んで、朽木さんの文章と、物語の繊細さにファンになり、この夏、下の子の読書感想文にいいんじゃないかと、薦めてみました。
    出版社からのおすすめの年齢が、小学校中学年以上ということで、
    文字は比較的大きめで、行間も大きめに空いているので、大変読みやすい作りになっています。
    本の紹介を読めばわかることですが、作者は広島原爆の被爆2世なので、『原爆』への思いはいろいろあると思います。
    けれども、このお話の中に「被害者」としての心情は書き込まれていなかったように思いました。

    うちの子は、第2次世界大戦中の広島に落ちた原爆のことが書かれているにもかかわらず、おどろおどろしたところがなく「怖くなかったので、読みやすかった」と言っていました。

    この物語はあくまでも、代々常に化かされてしまっている主人公の女の子(也子:かのこ)の家族と、その狐たちとの交流(友情)がメインに描かれていて、たまたま也子と子ぎつねの時代が、戦争の真っただ中だったという印象しかありません。
    だから、物語の中に浸かっていると”原爆”が怖いとかいう印象はほとんどなく、「爆弾が投下された中、町へ也子へあげるための花を探しに行ったあの子狐はどうなったんだろう」というところで物語は終わっていきます。
    これは、その後がめちゃめちゃ気になる終わり方ですが、すべてを語らない物語だからこそ、受け止めた読者ひとり一人がその後を自由に想像できる終わり方で、私は結構こういう終わり方が好きです。

    かわいい狐の子が「あんた、あたしに化かされたい?」って、聞くシーンが私はすごく気に入っています。
    とても読みやすい文章です。狐が好きな方、子どもたちに戦争系の物語をソフトに伝えてみたい方、ぜひ、親子で読んでみてください。


    この作品は学研の「新・創作シリーズ」というところから出ています。

    掲載日:2011/08/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 語り継いでいくこと

    第二次世界大戦中の広島。小学4年生の也子(かのこ)は、こぎつねと話をするようになります。

    れんげ、おしろいばな、ひめじょおんなど四季折々の花の様子が彩りを添えていて色彩的にきれいな印象の残ったお話でした。

    あとがきにありますが「あたりまえの暮らしが奪われることこそが戦争の悲しみなのだ」というくだりがあります。

    この中には空襲の心配も出てきますし、一番の大きな悲しみは広島を襲った原爆でした。

    読んだのが震災後ですので、この原爆のこともさることながら、今なお収束しない原発の問題をどうしても重ねて読んでしまいました。

    戦争がなくなっても、自然災害によっても「あたりまえの暮らしが奪われ」てしまう。そんな風に思うと、とても切なく感じます。

    語り継いでいく人がいなくなれば、この原爆での悲しみも時代を経て風化して薄らいでしまうことでしょう。

    戦後すでに66年で、語り継いでいくことの大切さ、戦争の愚かしさを伝えていくことを感じました。

    子どもと一緒に読みたい作品です。

    掲載日:2011/05/05

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット