モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
しいら☆さん 50代・その他の方

ほっこり!クリスマス2016にお薦め!
ふくざわさんの絵本大好きな方 多いで…

かんたんせんせいとライオン」 みんなの声

かんたんせんせいとライオン 作:斉藤 洋
絵:大森 裕子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784061981690
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,102
みんなの声 総数 6
「かんたんせんせいとライオン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • かんたんな方法で!

    かんたんせんせいの簡単な方法が面白いです。ライオンがハムスターになりたいっていうのにも驚きましたけど、それに対して先生の面白い方法が炸裂!思わず笑ってしまいました。
    3番目に簡単な方法が、なかなかぶっ飛んでましたけど、結果オーライですね。

    掲載日:2015/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 簡単だぜ!!

    このお話は題名通り、かんたんせんせいという人がライオンの悩みを簡単な方法で解決しちゃうっていうお話でした!!なんかダジャレみたいでとってもおかしかったです!!うちの子は、ライオンがハムスターになりたいって言って、鬣の毛を刈られていたのがとってもおかしかったみたいで、ゲラゲラ笑っていました。

    掲載日:2013/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • このおもしろさ好きです

    「かんたんだよ」と言ってくれるから「かんたんせんせい」となるほど。

    ばかばかしくもユニークな作品が多い斉藤洋さん。

    このおもしろさ好きなんですよね。息子と笑ってしまいました。

    ハムスターになりたいというライオンくんの切なる願いを、ばかにせずに一緒に考えてくれるかんたんせんせい。

    いとも簡単に次々とアイデアを繰り出すのがすごいです。

    いきなりたてがみを切ってしまって、「いいのー?」と言いたくなりました。

    あれよあれよと進んでいくのは「ペンギンシリーズ」を思い出しました。

    息子は絵はいつもの高畠さんと思ったようです。

    今回も笑わせてもらいました。

    掲載日:2009/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいからすきです

    さいとうひろしの本は、おもしろいからすきです。

    たかばたけじゅんが、えかとおもいました。

    ぼくは、ペンギンシリーズがすきだからです。

    ライオンなのに、ハムスターになりたいっていうから、それはむりだろうとおもいました。

    かんたんせんせいが、ライオンのたてがみをきっちゃうから、だいじょうぶかなっておもいました。

    ライオンだから、おこるとこわそうだし、たべられないなあっておもいました。

    ほんとうに、ハムスターになれるのかなあっておもいました。

    ぐるぐるまわるハムスターぐるまの「ゴト、ゴト、ゴットン」っていうおとが、なんかいも出てくるので、おもしろかったです。

    なんかたのしそうだとおもいました。

    掲載日:2009/05/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 名前にニコ!

    ペンギンシリーズにつづき、今度はこのかんたん先生シリーズにはまっております^^;
    今回、かんたん先生が問題を解決してあげる相手はライオン。
    絵本好きの方だったら、そのライオンの名前でニコッとしてしまうのではないでしょうか。
    我が家ではそうでしたよ!

    低学年向きの幼年童話。
    息子が1人で読むには分量が多いかなあ〜とも思ったのですが、
    思ったより読めるようになっていて、一人で先に読んでいました。
    その後一緒に読んだ時には、お話の展開を先取りしてくれ、
    ほんまに読めていたんだあ!!と親としてびっくりでした^^;
    お話&挿絵のマジックだあ!なんて思ってしまいました。

    ぜひに次なる作品ものぞみます!

    掲載日:2008/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 相談者はライオンではなく、バムです。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子12歳、女の子8歳

    子供たちも大いに気に入っている「かんたんせんせい」シリーズです。
    前回の話では寒い南極にいたかんたん先生ですが、今回のお話はアフリカのサバンナが舞台でした。
    サバンナに住んででいる百獣の王といわれるライオンのバムが、このお話の相談者です。
    なんと、バムはライオンをやめてかわいいハムスターになり、サバンナにすむ動物たちと友達になりたいというのです。
    そんなことできるのかしら〜?って、ふつうは思いますよね?でも!かんたん先生なら、簡単にその方法を思いついてしまうのです。
    かんたん先生のひらめきと努力には毎回、笑わせてもらえるし、その行動力といったら頭の下がります。

    掲載日:2008/03/28

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


2つの写真のまちがいをさがそう

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット