まるまるまるのほん まるまるまるのほん まるまるまるのほんの試し読みができます!
作・絵: エルヴェ・テュレ 訳: 谷川 俊太郎  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
「きいろいまるを おして つぎへ いこう」言葉に導かれて、ページをめくっていくと・・・? フランス発・ポップな色づかいがオシャレな絵本です。
なーお00さん 30代・その他の方

大人でも楽しい!
こんな絵本、見たことない! 大人の私…

おひさん、あめさん」 みんなの声

おひさん、あめさん 作:金子みすヾ
絵:森川 百合香
出版社:JULA出版局
本体価格:\1,100+税
発行日:2002年
ISBN:9784882842712
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,618
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 時代を超えて、伝えたい

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    「みんな違って 金子みすゞ最後の一日」を読んでから
    また、みすゞ作品を読みたくなり
    詩集ではなく
    絵本を・・・と探していて
    これを見つけました

    なんて、やさしい絵でしょう
    こちらも、和んできます

    やさしい詩にぴったりです

    言葉は昔の言葉を使っても
    時代を感じさせない
    「やさしさ」の詩

    素敵ですね

    気に入った2〜3篇を
    おはなし会で読んでみたいです

    掲載日:2011/05/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • 金子みすずさん

    金子みすずさんの作品だったのでこの絵本を選びました。金子さんの優しい詩を沢山読む事が出来たのが良かったです。特に気に入ったのは主人公が自然の恵みに感謝している所です。自分の為に自然がもたらしてくれた恩恵を有り難く感じている主人公は素晴らしいと思いました。優しいタッチの絵も文章とマッチしていて良かったです。

    掲載日:2009/07/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 金子みすず

    若くして命を絶った金子みすず・・・・

    とっても優しい詩を書く金子みすずです。

    優しい中にも真の強さ、自分自信のみすずの世界を持っている人だと思

    いました。

    詩の中に自分の思いをいっぱい吐き出していると思いました。

    我が子への思いに詰まった詩、優しい思いに溢れる詩が温かい!

    絵が詩にぴったりと寄り添ってると思いました。

    優しい詩をいっぱい有難うって感謝したい絵本です!

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • あたたかい気持ちになれます

    • うーずさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子6歳、女の子4歳

    金子みすヾさんの詩にあたたかみのある絵が合っていると思います。
    詩は子供ウケしないかと思いましたが、意外にも妹(3歳)が気に入ったようです。まだ字は読めませんが、何回も読み聞かせるうちにスラスラと暗唱するまでになりました。ただ、特に小さいうちは、あまり興味を持たない子も多いかもしれません。

    キレイな言葉の詩を、ゆったりと読みたい本です。読んでいて、とてもあたたかい気持ちになれます。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 女の子だって、竹馬で遊びたい

    みすずさんは、内気でおとなしそうなイメージがありますが、もしかしたら木のぼりや竹馬などが好きな元気な女の子だったんじゃないかな、と詩を読んで思いました。女の子の微妙な本心がほほえましいです。

    ふだんの語り口調のようなあたたかい言葉に、気持ちがなごみます。詩とぴったりあった、やさしくておだやかな絵もすてきです。女の子の毛糸のパンツがかわいいなと思いました。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ふんわり、ふわふわ

    • おんきちさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子2歳

    金子みすずの詩が大好きなんです。私が(笑)。
    鋭い観察力と、素直な心が、
    目に映るものすべてを生き生きとさせる。

    「子どもの頃に出会いたかった!」
    初めて出会った時はつくづく思ったものでした。
    2年前、ちょっとしたブームが起こった時、
    この絵本が出ました。
    正直、あのすてきな詩のイメージを壊さないか…とも
    思ったのですが、そんな心配は無用でした。
    森川百合香さんの、
    淡く繊細な色彩の、のびのびとした絵が、
    金子みすずの詩の世界をのびやかに広げてくれました。
    ページのどこも、とにかく絵がすてきです。
    読み終わると、作り手のこだわりが強く感じられ、
    大きな満足感を得ることができます。
    子どもには1歳半の頃、初めて読み聞かせましたが、
    反応もとてもいいです。
    何より絵がやさしく、わかりやすい。
    それに、詩も絵も、子どもの視点で描かれたものばかりだから、
    子どもが興味を持って見ることができるのではないでしょうか。
    夜の読み聞かせでは、できるだけ毎回、
    この本を最後に読むようにしています。
    美しく、楽しいこの絵本の世界を、
    今日の最後の思い出にして眠ってほしいから。
    読む時には、
    2歳の子どもには詩が少々長いので、
    童謡のように、適当に音をつけて。
    読むたびに違うものもあって、
    そんな時は、子どもに顔をのぞきこまれます(^_^;)

    掲載日:2004/07/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • あったかい気持になれます

    子供の身近にあることを、15作品載せてあります。表記は、現代かなづかいを用いて、特定の漢字をのぞいて、全てかな書きとしていますので、子供でも抵抗なく詩の世界に入れます。金子みすヾさんの優しい言葉と、森川百合香さんの心温まる挿絵が、人を優しい気持へと誘います。例えば、四月では何もかもが新しくきらきらと輝いて見え、始まりの時、うれしい気分が感じられ、けがした ゆびでは、痛そうな指も、爪に顔を書いたら本当に痛みを忘れるかもと思わせてくれます。子供が好きな作品はせみの おべべです。普段の生活の中であまり使われなくなった言葉もそのままにしてあるので、おべべという言葉に興味を持ったのか「おべべってなに?」の疑問から始まり、おべべは服と知り、せみのおべべはせみの抜け殻と段階を追って知りました。一作品だけでもあったかい気持になれますよ。

    掲載日:2002/09/13

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット