うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

きつねとたぬきのばけくらべ」 みんなの声

きつねとたぬきのばけくらべ 作:松谷 みよ子
絵:ひらやま えいぞう
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\800+税
発行日:1989年
ISBN:9784494001101
評価スコア 4.52
評価ランキング 5,151
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 綺麗な綺麗なお嫁さん!

    綺麗な綺麗なお嫁さんに化けたきつねさんです。

    お顔もぽーと恥ずかしそうに・・・・・

    「しゃな しゃな」歩いて・・・・・・

    綺麗な綺麗な花嫁さんに見入ってしまいます。

    松谷みよこの優しい語りかけに昔話の世界に聞き入ってしまいます。

    ひらやまえいぞうの絵も優しい絵を描いています。

    何度も何度も読み聞かせてやりたい絵本です。

    掲載日:2009/10/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • なんども、なんどでも・・・

     乳幼児、幼稚園児、小学生、大人、ご年配の方、いろいろな場面で読み、一緒に楽しい時間を共有できる絵本の一冊です。
     それぞれ反応の違いは多少ありますが、読み終えたあと、みんながほっこりした顔になることの不思議さに、いつも感動してしまいます。
    言葉のリズムの心地よさでしょうか、ページのめくりとお話の展開がピッタリだからでしょうか、白地に花嫁さんやきつね、たぬき、おまんじゅう、萩の花が浮き上がるように描けているからでしょうか。それとも
    昔話の持つ底力なのでしょうか。
     なんども読んでみようと思えるし、なんどでも読んでもらうたびに楽しさを感じる本です。

    掲載日:2009/02/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • たぬきの勝ち。

    いばりん簿の狐がおっとり狸に負ける様がおかしいです。
    「ぐえんこ ぐえんこ」とか「しゃーん しゃーん」という
    普段は使わない音を楽しむような言葉や、リズミカルな文章は、
    子供だけでなく読んであげている私自身も楽しんでいます。

    掲載日:2007/03/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • 典型的だけどそれがまた昔話

    きつねとたぬきがばけくらべ。
    きつねはおよめさんに化けました。
    一方たぬきは・・・

    内容は取っても短いのに、
    こっちのやまのきつね、あっちのやまのたぬき、化ける、騙す、
    そしてきつねが化けるシーンでは頭に葉っぱが…
    昔話のテイストがぎっしり詰まっています。

    きつねが化けるシーンにも注目。
    よく煙がドロン、とでて化ける絵をみかけますが、
    こちらはくるっとまわる瞬間がきちんと描かれていて、
    そこがまたたまらなく昔話っぽくて魅力的です。
    「しゃなしゃな」「ぐえんこぐえんこ」などの
    特徴的な擬態語や擬音語も松谷みよ子さんならでは。

    よどみない語り口に息子もすっと物語の世界に入って行きました。
    初めての昔話にもぴったりの本です。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素朴で懐かしい

    • ぎんにゃんさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 女の子3歳、男の子1歳

    昔からあるきつねとたぬきのばけくらべのお話です。そういえば自分自身も小さいときに絵本できつねやたぬきが化けるって読んでもらった記憶がありますが、絵本でもない限り、子どもたちに日本の文化(?)は伝わらないですよね。
    うちの娘はすでに「こぎつねこんとこだぬきぽん」を読んでいたので、少し物足りない様子でした。一方的にきつねが悪者で、たぬきが勝っちゃうストーリーも娘はあまり好きではなかったみたいです。
    もっと小さい時に読むべきだったと思っています。

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばけくらべ

    昔話のなかで、よく化けているのはキツネとタヌキ。
    さて、どちらが上手く化けれるのかと、二匹は勝負です。

    キツネが化けたのは、きれいなお嫁さん。
    タヌキは、地味なおまんじゅうです。

    ばけくらべは、タヌキの作戦勝ち。

    見た目は、キツネの勝ちだと思うのですがね。
    きれいに変身しても、おまんじゅうを目の前にしたときに、しっぽが出てしまうあたりが、かわいらしかったです。

    掲載日:2011/09/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 懐かしいあの頃

    ちょっと古めかしいタイトルと表紙に惹かれて手に取りました。
    ページをめくると,どこか懐かしい感じがします。
    もしかしたら子どものころに読んだような,と思いつつ,
    娘に読み聞かせているうちに,やっぱり読んだことがある,と思い出しました。
    初版は今から20年ほど前に出ているようで,長い間親しまれている名作なんですね。
    みなさんも一度目にしたことがあると思いますよ。
    読み聞かせをしながら思い出もよみがえる,そんな作品でした。

    掲載日:2011/06/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 温かい昔話

    松谷さんの文章は 話し言葉に近いので、
    おばあちゃんが傍にいるような、
    そんな温かく、そしてどこか懐かしい言葉に聞こえてきます。

    まだ文字を覚えていない娘ですが、
    ところどころ文章を覚えており、
    私に読み聞かせてくれることもあります。

    「これでおしまい しゃーん しゃーん」という終わり方は、
    とても新鮮に聞こえるようで、「おしまい しゃーん しゃーん」とうれしそうに娘も言います。

    掲載日:2011/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • イメージ通りぴったりの絵♪

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子18歳

    イメージ的にきつねの方が、たぬきよりずる賢いイメージがあります(^^ゞ

    このお話
    最初から、なんだ!?このきつねさん!!
    と、悪者のように思ってしまいますが
    化けた姿があらら・・・素敵

    絵がいいですねぇ

    なるほど!そうきましたか

    わらべうたのような流れる言葉が
    松谷さんのすごさですね

    掲載日:2010/11/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • ばけくらべ!

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 男の子2歳、男の子0歳

    きつねとたぬきがばけくらべをします
    きつねも上手にお嫁さんに化けたものの
    たぬきは一枚上手で、きつねの大好きなお饅頭に化けて
    飛びついたきつねのばけのかわをはがします

    負けたきつねが走ってにげる終わり方とか
    昔話ならではの潔さがあるなと感じました

    ガツガツと勝負を挑むきつねが負けて
    ドンッと構えて受けるたぬきが勝つ構図もいいなぁと感じます

    掲載日:2010/07/02

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。
  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(20人)

絵本の評価(4.52)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット