なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれる なつみはなんにでもなれるの試し読みができます!
作・絵: ヨシタケシンスケ  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
ヨシタケシンスケがおくる、くりかえしが楽しいまねっこ絵本!
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

創意工夫に満ちて
なつみちゃん、かわいい! こんなに創…

ガンバリルおじさんとホオちゃん」 みんなの声

ガンバリルおじさんとホオちゃん 作・絵:やなせ たかし
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784097263104
評価スコア 4
評価ランキング 20,358
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 老人の知恵っぽい。さすが!

    本屋で4歳になったばかりの娘がすぐに「これ買って!」と差し出したのがこれ。なんかみたような絵、と思ったらアンパンマンのやなせ先生の作品でした。

    頑張り屋のガンバリルおじさんが、森で困ったときに助けてくれたホオちゃん。その正体はホオ(朴)の木でした。ホオの木なんて私達は知らないし、ホオ餅だって知らないけど、後ろに花のついたホオの写真があり、今はないけどホオの餅が実際にあったんだよというあとがきも書いてあって、大人も楽しめました。

    娘には読み聞かせしたのですが、おじさんがずいぶん歌ばかり歌っているので、読む親は少し疲れます。頑張って読んでみてください(笑)
    自分で子供が読めるようになったころだと簡単に楽しめると思います。

    掲載日:2012/02/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 優しいホオちゃん

    ガンバリルおじさんの命を救ったのは、いつも「♪ありがとう ありがとう 山を守って下さってありがとう。あなたのおかげで がんばれる ガンバリルー♪」と、歳とっている大きな木に感謝してお辞儀をしてもらって歌ってもらっている木だと思いました。朴の木は、女の子「ホオちゃん」に変身してガンバリルおじさんを救ったのです。自分は葉っぱ一枚になっても葉っぱで寝床を作り、朴の木餅をご馳走し、自分は犠牲になっても喜んで犠牲になったのです。朴の木の優しい気持ちにいつまでも感謝したいと思いました。

    掲載日:2011/09/11

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


西内ミナミさん、編集者・本多慶子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット