もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

へんてこライオン どうぶつ なのよ」 みんなの声

へんてこライオン どうぶつ なのよ 作・絵:長 新太
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\476+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784097347798
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,274
みんなの声 総数 3
「へんてこライオン どうぶつ なのよ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 3ヶ月くらいから、いけると思います!

    • 小花さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子0歳

    知人から、シリーズで3冊いただきました。
    娘が3ヶ月のころから、見せています。
    いただいたときは、まだ絵本を楽しめる月齢じゃないかなと思ったりも
    しましたが、見せてみて、ビックリ!
    最初から、じーっと見ていました。
    まだ動けないのに、ひたすら目で追ってくるので、
    気に入ったのかな?と思って、毎日のように
    3冊をとっかえひっかえ読んであげることに。
    文字の量が少し多いので、娘がゆっくり聞いていられない日は
    適当にはしょって、どんどんページをめくったり、
    逆に落ち着いて聞けてる日は、声を変えたりしながら
    セリフを楽しむようにしていたら、
    にこにこ笑って見るようになりました。


    9ヶ月になる今では、自分で本をひっぱりだして、
    ぱたんぱたんと、めくったりとじたり。
    合紙の絵本なので、ひとりで遊ばせていても、
    目にささったり、手をきったりという心配がないので
    安心して家事ができます。


    内容は、初めは普通のライオンが、少しずつ変化していって、
    ちがう動物に変身するというもの。
    1話6ページで、3話入っています。
    私のお気に入りは、「ゴリラ」になるお話。
    ナンセンスで、大人が読んでも笑えるし、
    鮮やかな色遣いは、子どもも大好きだし、
    絶対おすすめのシリーズです!

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    1
  • 私がこのシリーズが好きで好きで

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子3歳、男の子0歳

    読んでいたら娘も好きになってくれたようです。とんちんかんな展開が面白いですね。読んであげている私も読んでいるうちに面白くなってきて、読んでいると興奮してきます。色がはっきりしているので0歳の息子も凝視していました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • なんじゃこりゃ!

    大人が読んでも、子供が読んでも面白い。
    奇想天外とはこのこと?
    「へんてこライオン」というタイトルが
    ぴったりな内容です。

    第一印象は「なんじゃこりゃ!」でした。
    娘も面白かったらしく、読んであげたあと
    自分で読む〜と自らめくっていました。

    小さな子にもおすすめです。

    掲載日:2009/07/01

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばああそび / いないいないばあ / わたしのワンピース

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット