にんぎょうの おいしゃさん にんぎょうの おいしゃさん
作: マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵: J.P.ミラー 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
こみやゆう選書・翻訳「おひざにおいで」シリーズ第2弾!

ルルちゃんのくつした」 みんなの声

ルルちゃんのくつした 作・絵:せな けいこ
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\700+税
発行日:1972年12月
ISBN:9784834003741
評価スコア 4.4
評価ランキング 9,135
みんなの声 総数 79
「ルルちゃんのくつした」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

79件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 整理整頓?

    • ゆうパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    主人公のルルちゃんが、靴下を無くします。

    誰に聞いても、分からない。で、犬や猫、象が身につけてるかも?という話です。
    すぐに脱ぎ散らかす我が子に、あちこち置いたらダメだね。ちゃんと靴下さんのおうちに返してあげようね、と言いつつ読み聞かせしました。
    分かってるのかなあ…。

    でも、靴下さんが泣いている、のところでは、しんみりとしてました。良い絵本だと思います。

    掲載日:2017/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 同情します

    だいじなものほど、なくなるような気がしますが、どうしてでしょう。
    私も、毛糸の帽子や手袋をなくしてしまって悲しい気持ちになったことがあります。
    子供だったらもっと切ない気持ちになるだろうなあ。
    ルルちゃんの顔は、本当に悲しそうで困っています。
    最後の靴下が泣いているのは、一番想像したくない絵ですね。
    でも思いがけないところからでてきたりするものです。

    掲載日:2016/12/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 物を大切にね

    欲を言えば、靴下の色がもっと子供向けのピンクとかだったらよかったかなと思う。茶色だとちょっと可愛さが無いというか・・・・。

    ルルちゃんん片方の靴下が無くなった。どこへ行ったか想像しながら、くつしたさんに謝罪する話。これも子どもには良くある話で、結局は変なところにしまったりして出てはくるんだけど。

    物を大切にして欲しいので、この絵本を使って読み聞かせながら前無くなった物(おもちゃとか)の話も混ぜ込みます。
    悲しんでいるシーンでは、本人もシュンとします。

    大事なのはこれから無くさないように気をつけようってことを、読み聞かせながら伝えます。

    本を例題に上げると、感情移入しやすく素直に聞くことができるので道徳的な絵本はそのように使うと理解し易いです。

    掲載日:2016/03/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共感!

    ルルちゃんのくつしたが見つからない。いろんな人にきいたけど、結局くつしたは出てきませんでした。くつしたの行方をあれこれ想像するルルちゃん。なくしちゃってごめんなさい。で物語は終わっています。せなさんの絵本はいつも終わり方が独特で、決してハッピーエンドではなく独特の余韻を残して終わってしまいます。でもその余韻が大切で考えるきっかけを与えてくれます。物を大切に想う気持ちが育ってくれたらいいなぁと思いました。

    掲載日:2016/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 一歳の娘に

    一歳の娘と読みました。ルルちゃんの靴下どこにいったのかなあ。ルルちゃん靴下脱ぎっぱなしでお片づけしてなかったからなくなっちゃったのかもしれないねえ。と言いながら読みました。部屋を片付けるときも、ルルちゃんはちゃんと靴下なおしてなかったから靴下なくなっちゃったよねえて声かけしると、娘は、本当ルルちゃん靴下なくなっちゃったよねえと言いながら片付けしてました。

    掲載日:2015/07/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • なくなると

    物がなくなると、やっぱり心配になりますよね。
    たとえそれが絵本の世界でも。
    この絵本を見ながら娘も「どこ?くつしたさん、どこにいっちゃったの?」と心配をしていました。

    そしてルルちゃん。
    くつしたさんに「ごめんね」って謝るのです。
    物にも命がある。そうですよね。とても大切なことを教えられました。

    掲載日:2015/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最近のいちばんのおきにいり

    せなけいこさんの絵本はみんな好きです(息子もわたしも)。
    ひとつの絵に対して文書が短めなので、飽きずに聞いていられます。
    ちょっと考えさせられるような、想像力が豊かになりそうなところも大好き。
    最近靴下のことを『たーた』と言えるようになった(我が家では靴下をタータと呼んでいます)息子に読んであげると大喜び。
    今は靴下を管理するのはわたしだけど、もう少し大きくなってしつけをするときにも役に立ちそうな絵本です。、

    掲載日:2015/02/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • よくある話!

    子どもの物でよく失くすものといえばくつしたですね〜!同じくせなけいこさんの「いやだいやだ」に似ているなと思いました。

    身近な動物が沢山出てくるのも良いですね。とてもありがちな話なので子ども達にも伝わりやすいですね。

    掲載日:2014/12/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • どこにいったの?

    • ポン太さん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子2歳、女の子0歳

    2歳の息子に読んであげました。

    ルルちゃんの靴下、結局見つからない終わりかたにびっくり!!
    物を大切にしようという意味が込められているのかもしれませんが、できればハッピーエンドが良かった!
    あまり気持ちの良い話ではないなと思い、個人的には好みではなかったです。

    掲載日:2014/12/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • モノにも心がある、という事を

    • 梅木水晶さん
    • 30代
    • ママ
    • 山形県
    • 女の子2歳、男の子0歳

    この絵本を通じて知ったのではないでしょうか。我が子は保育園から帰って来ると、すぐに靴下を脱ぎたがるのですが、脱いでその辺にぽい、と置いておくことが多く、私が「こんなところに置いておいたら、靴下さん、いなくなっちゃうよ…」と言うと、きちんと脱衣所の洗濯機まで持って行ってくれます。ありがたい絵本です。

    掲載日:2014/10/08

    参考になりました
    感謝
    0

79件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『きょうふのおばけにんじん』<br>中川ひろたかさんインタビュー

みんなの声(79人)

絵本の評価(4.4)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット