ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

こっぷ」 みんなの声

こっぷ 作:谷川 俊太郎
写真:今村 昌昭
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1976年
ISBN:9784834004694
評価スコア 4.38
評価ランキング 9,618
みんなの声 総数 7
「こっぷ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よく知ってると思ってたんだけど

    • みぽみぽさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 女の子14歳、女の子10歳、女の子5歳

    こっぷ
    うん。 わたし しってるよ〜 こっぷのこと♪

    そんな事を言っていた娘。
    読み進めえるうちに どんどん 引き込まれていっていました。

    よく知っているとおもっていたはずなのに
    知らない事 いっぱい出てくるっ!!

    娘の顔が 表情が くるくるくるくるかわります。


    うんうん

    お母さんも こっぷのこと 知ってたつもりなんだけど
    ほんとは きっちり 知ってなかったんやなぁって思う・・。

    読み終わった後
    「もう1回っ」

    って 必ずリクエストされる1冊です。

    掲載日:2009/12/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • こっぷの魅力

    こっぷって、こんなに魅力のある物だったんだ!!と、子供だけでなく私も驚きました。
    この絵本で取り上げられているのは、ごく普通のシンプルなガラスのコップです。
    どこの家にもあるコップなのですが、たくさんの姿を見せてくれましたね。

    掲載日:2014/04/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 古い写真絵本。学年に関係なく楽しめます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    すごい古い本ですが、谷川俊太郎さんが文を書かれているので、端的でわかりやすい表現で楽しませてくれます。
    今村昌昭さんの写真の見せ方も面白いです。

    フルーツを盛ったところだけがカラー写真で、そのほかは白黒写真だったのは、写真の現像単価とかも関係しているのでしょうか?
    白黒の写真が多いとはいえ、はっきり見やすいものばかりなので、学校の読み聞かせと歌にもお勧めできます。学年に関係なく楽しめます。

    掲載日:2011/07/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 斬新なアイディア

    この本は、赤羽末吉さんの『私の絵本ろん』の中で赤羽さんが誉めてらしたのがきっかけで知りました。

    「かがくのとも」の1号から50号までが復刻版として出ましたが、私はその復刻版の方で見る機会を得ました。

    この頃から、「かがくのとも」は冒険的な試みをしていたんだなあと思います。

    コップだけで、一冊の本をいろいろな見方を変えて作ってしまうというところが、今見ても斬新なアイディアだったんだなあと思いました。

    掲載日:2011/02/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • スゴイ奴・・・

    • ももぐわさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子0歳、女の子0歳

    こっぷの色々な世界を体験できます。いままで気づかなかったあたらしいこっぷの一面を知ることができますよ!モノクロ写真がまた新鮮です。いつも何気なく使っているこっぷがとてもスゴイ奴に思えてきました・・・!

    掲載日:2009/10/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • コップ

    谷川俊太郎さんの作品だったのでこの絵本を選びました。コップの役割は単に飲み物を入れる事だけではないという事を教えてくれる絵本でした。様々な場面を”つかまえる”と言葉を統一して表現している所にセンスを感じました。さすが谷川俊太郎さんだなと感動しました。文章のテンポが良いのも良かったです。コップで虹が作れるのは知らなかったのでとても勉強になりました。

    掲載日:2009/02/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • こっぷの世界、おもしろい!!

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    こっぷに映った、かわいい男の子の顔がとても印象的で、思わず手に取りました。

    実際に身近にあるこっぷを、いろんな視点から写真でとらえた絵本です。指紋のついたこっぷを「こっぷは はんにんも つかまえる」と意外な視点から紹介していたり、こっぷは「のこぎりでは きれない」けど、「だいやもんどでなら きれる」と実際にスパッときれた写真が載っていたり、はたまた、ひるねしているこっぷまであって、身近なこっぷにこれだけ注目すべき場面があるとは!と感心しながら、とても興味深く読みました。息子も真剣に見入っていました。

    この絵本を読んでいて、ふと「ふしぎなナイフ」を思い出しましたが、「ふしぎなナイフ」は現実にはありえない内容に対して、この「こっぷ」は実際の「こっぷ」の役割や特徴がリアルに写真絵本として描かれているので、なんだか不思議な感じがしました。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / ボードブック はらぺこあおむし

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.38)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット