猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上 猫忍 見習い忍者陽炎太とネコの父上
作: 橋本 愛理 絵: 月戸  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
ドラマ&映画版「猫忍」の主人公である陽炎太(かげろうた)の幼少期を描く、スピンオフノベライズ作品!

せいちゃん」 みんなの声

せいちゃん 作・絵:松成 真理子
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784893252906
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,838
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 別れのあとで…

    • おしんさん
    • 40代
    • ママ
    • 鹿児島県
    • 男の子23歳、女の子21歳、男の子18歳

    きいこきいこ しゃーくしゃーく
    しゃりんくしゃりんく ちりんちりん
    ぼくとせいちゃんはずっといっしょでこれからもずっといっしょ。
    自転車でやってきて、毎日遊んでいたのに、ある日、ひっこしのお知らせの手紙を持ってきたのです。

    当たり前の、変わらない毎日のはずが、ある日やってきたお別れの日が全て変わってしまったことに、動揺し、悲しむ気持ちが、痛いほど伝わってきました。
    また、自転車をこぐ音の表現も、心に響きます。
    ひっこしのお手紙をもらってからの気持ちの変化、そして、ひっこしの日。そして、そのあとに起こった出来事と、その時々での気持ちの変化に注目してみてはどうでしょうか。
    転勤族の我が家にとって、子どもたちが何度も繰り返し味わった気持ちを改めて思い起こすきっかけになりました。

    掲載日:2010/10/06

    参考になりました
    感謝
    4
  • 忘れることも大事よね

    • ママダッコさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子5歳、男の子1歳

    子供の とっても読みたい絵本があるんだよね〜〜という言葉から
    この絵本の存在を 知りました。

    転勤族の我家。
    転勤して 引っ越してきたので、子供はすっごくこの気持ちを理解できるようです。近くに同じような子がいたので(^_-)

    絵がとてもほんわかしていて、とっても好きだなぁ〜
    雪が降っていても、暖か雰囲気が伝わってきます。

    離れると、、忘れるけれど(そこに触れてくれたことがこの絵本のいい所!!) 会えばまた楽しめるもの。

    忘れてまた新しい友達と・・会えばまた楽しいお友達。
    子供たちが せいちゃんのような笑顔で過ごせるようにと願うばかりです。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • おともだち

    • かがやきさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子11歳、男の子8歳

    私にはかっくんの気持ちがよ〜くわかった。
    私にも幼稚園の時、仲良しだった近所のお友達AYちゃんがいた。
    毎日毎日遊んだ。とっても楽しかった。
    小学校でも同じクラスになった。
    けれど、引っ越しすることが決まった。
    やっぱり、その日は突然来た。

    毎日遊んでいたのにプツリと途切れた感覚…。
    急にいなくなってしまった寂しさ。
    この絵本は日を追って的確に表現しています。

    やっぱり…私もAYちゃんとの時間を忘れ始めた。
    でも、それは寂しいことではなかった。

    AYちゃんは遊びに来てくれた。
    私も電車に乗って遊びに行った。
    やっぱり、昨日まで遊んでいたかのように遊べた。

    そして、私たちも大人になった。
    15年ぶりに逢ったのは、ウエディングドレス姿のAYちゃん♪
    今でも交友は続いている。とても嬉しい。


    きっとせいちゃんとかっくんもつながっている!と信じられる。
    自分とダブり、心がポカポカしてきました。
    しゃりんく しゃりんく ちりん ちりん
    耳に残る懐かしい心地よい音…。

    掲載日:2011/05/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 気持ち

    表紙の笑顔がとても素敵だったのでこの絵本を選びました。主人公が友達をいかに大切に思っているかを感じられる絵本でした。引越しのときに感じる気持ちがひしひしと伝わってくる文章が素晴らしいと思いました。重いでは視覚だけでなく聴覚でも覚えているのだと再確認できる絵本でした。

    掲載日:2010/10/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • 情緒的で良いです

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    松成さんの情緒あふれる絵が大好きです・・・
    しゃりんく しゃりんく ちりん ちりん
    いかにも子供の自転車が走っているという音のリズムも楽しいし
    窓の下の「春」はせいちゃんの笑顔だったんですね
    ぼくとせいちゃんの心の交流がほのぼのとして、温かい気持ちになります
    おとなの方にも読んでもらえたらと思うので、是非お親子で読んでほしい絵本です

    掲載日:2008/10/19

    参考になりました
    感謝
    2
  • お友達との別れ

    松成さんはなぜにこうもしっとりした物語を描くことが
    できるのかしら。この絵本も、挿絵のぼわあっとしたタッチが
    ゆらゆらする心まで表しているようで。。
    娘は転校したことも、お引越をしたこともありません。
    毎日のように近くにいて仲良く遊んでいたお友達がお引越して
    遠くに行ってしまった・・ということもありません。
    だから、この絵本のゆらゆらする感じをつかみ取ることは
    まだ難しかったかもしれません。
    でもきっと、そのうちに学校でのお友達との別れなどを経験
    する時に、この絵本のことを思い出し、なんともいえない
    気持ちになるかな。

    掲載日:2013/04/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • 友だちとの『さよなら』

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    なかなか手に入らなくて、やっと読みました。ネットで検索してからずっと気になっていた作品です。
    主人公『かっくん』の顔のアップが印象的な表紙絵です。
    ずっと一緒にいられると思っていた友だちの引っ越しは、子ども心に結構きます。私もかっくんほど小さい時ではなかったけど、経験あるから、あの虚しさというか物足りなさってないですよね。

    かっくんがもらった自転車でひっくり返ったシーンに、そういう想いがいっぱい詰まっている気がしました。
    『あおいそらと
     いたい おもいで……』
    この時の青空がいい!!
     
    大好きなお友だちとの別れを経験したことがあるお子さんなら、結構小さい子でも、この物語に感じるところがあると思います。
    4,5歳くらいから小学校低学年くらいのお子さんにいかがでしょうか?

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • せいちゃんの満面の笑みのアップにジ〜ン

     補助輪付き二輪車をせいちゃんが、こぐ音に惚れちゃいました。
     素敵な擬態音です。
     仲良しがお隣に住んでいるって、幸せですね。
     おんせんまんじゅうを並んで食べてるせいちゃんとかっくんが、とっても可愛い。
     「おひっこし」の意味も分からず、ついにその時が来て、かっくんは現実を知りました。
     せいちゃんが置いていってくれた自転車に乗るかっくんに、グッと来ちゃいます。
     子供のことですから、秋・冬と季節の移り変わりとともに、せいちゃんを忘れていくかっくんに読みながら、しかたないか〜と思っていたら、せいちゃんの満面の笑みのアップにジ〜ンとしちゃいました。
     素敵なエンディングでした。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • あいたい!

    主人公が、せいちゃんを思う気持ちが切なく伝わってきます。書けない手紙もお母さんに文字を教えてもらって頑張りました。春がくるのを一日一日が待ち遠しくてたまらなかったと思います。「しゃりんく しゃりんく 春になったら 春になったら」とあえるのをとても楽しみにしていた気持ちが伝わってきました。「お庭のところに春がきてるわ。」ってママが笑った文章がとても嬉しくて何度も何度も読み返しました。窓の下に約束を守ったせいちゃんに、春が本当にやってきたと思いました。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思わず涙が・・・

    松成真理子さんの絵本はいつも、胸がきゅんとなってしまいます。
    このお話も、読みながら涙がこぼれそうになってしまいました。

    いつも、自転車でおてがみをとどけてくれるせいちゃん。
    ある日、「おひっこしのおしらせ」のお手紙を届けてくれました。
    お引越ししていくせいちゃんは「はるになったらあそびにくるね」と約束してくれます。

    もう、このあたりで私の涙腺はゆるみまくりです。


    実は、息子のともだちも去年引っ越していきました。
    それまで毎日一緒に遊んでいた仲良しのお友達。
    お引越しするんだよってお話したとき、
    まだ2歳だった息子が、涙を流しながら「また遊べる?」って一生懸命聞いていました。
    そのときのことを思い出して、本当にせつなかったです。
    (とはいえ、そのお友達は遠くに引っ越したわけではなく、
    保育園で毎日顔をあわせるんですけどね)


    どんなに小さくても、子供ってちゃんとわかってる。
    時々忘れちゃっても、ちゃんと覚えてる。
    ともだちっていいな〜。って思える絵本です。

    掲載日:2008/06/16

    参考になりました
    感謝
    1

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



独特の造形と色彩の世界観を楽しんで!

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット