もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

くじらのバース」 みんなの声

くじらのバース 作・絵:村上 康成
出版社:ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784893257055
評価スコア 4.19
評価ランキング 17,605
みんなの声 総数 15
「くじらのバース」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • クジラとともに生きる

    クジラの名前のバースは、「birth」でしょうか。
    同じ年に生まれたバースと少年ナリンは、ともに生き、ともに育ってきました。
    大海を往き来するバースが、戻ってくる冬。
    友だちとして意識できることって素晴らしいことだと感じます。
    そして、ナリンより先にバースが親になるということが、とても意味深く感じられました。

    掲載日:2017/06/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • それでも少しづつ成長してます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子17歳

    南の島の少年なリンと、その島の近くを毎年訪れるザトウクジラのバース。
    彼らの小さな毎日を淡々と描き、大きな事件が起きるわけではないのですが、それでもほんの少しづつ成長したり、変化していく(良い意味で時が進んでいく)ことを描いている作品です。
    南の島で、バースも登場するので青い海のシーンがたくさんありました。
    広がりを感じる青でした。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • ゆったりとしていて貫禄があって

    くじら好きの5歳の息子と読みました。
    南の国に暮らす野球少年ナリン。ナリンには同じ年に生まれたザトウクジラのバースという友達がいて、冬から春にかけた季節にだけ、毎年あうことが出来ます。
    バースが登場する場面は、堂々の迫力です。ゆったりしていて、貫禄があって。そんなバースとナリンが触れ合う時間は、見ているだけで気持ちのよいものでした。
    ちょうど今、このおはなしと同じ冬から春に向かう時期ですが、日本とはまるで違った雰囲気を味わうことが出来るので、どこか遠くへトリップした気分になれました。

    掲載日:2015/02/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • やさしくて雄大

    みなみの島の少年ナリンとくじらのバースのお話。
    静かでやさしくて雄大な印象でした。
    広く優しい気持ちで読める本だと思います。
    最近私も息子も、少し面白い本、おかしい本、ってのを選びがちになっていたので、この絵本は新鮮でした。
    ゆったりとした気持ちで読み、そして聞いていました。

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • クジラと少年

    南の島のノンビリとした空気が、感じられました。
    少年ナリンとクジラのバースは、親友というほど深い仲良しではないようですが、途切れることの無いつながりが見えました。
    絵本の中の季節は冬ですが、南の島なので、私達の感じる冬のイメージとは違う風景が見られました。

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • クジラの友達なんてステキ

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    村上康成さんの絵本は、字数が少なくて絵がきれいで、とっても気楽に読めて好きです。

    そして読み終わると、心がおだやかでほっとした気分になります。

    南の島に住む少年と、海を旅するクジラとの、まるで幼馴染のようなふたりの関係って素敵。

    地球上の生き物とそんな風に一緒に生きていけたらいいですよね。

    私はといえば、家のみかんの木に、アゲハの卵が産み付けられているのを見て、
    「あっ、今年もいっぱいあるなあ」
    と、またここからアゲハが誕生するのが嬉しくもあり、はっぱが食べられるので悲しくもあり・・・
    小さなはなしですね(笑)

    掲載日:2011/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 野球少年とくじら

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    南の島の野球少年ナリンと、ザトウクジラのバースの交流のおはなし。
    冬というのに半袖で野球、ということは、本当に南の島なのですね。
    季節により回遊するバース、そのバースの到来を察知するナリン。
    どちらも季節の移り変わりを五感で感じ取っているところが素晴らしいですね。
    そして、バースなりの生きていく苦労と、ナリンの野球に打ち込む姿が重なります。
    特に、バースの傷跡がその壮絶さを教えてくれます。
    自然界の厳しさも垣間見えます。
    深い交流ではありませんが、心がそっと寄り添っている、そんな関係です。
    どこまでも続く海や空の描写が素敵で、大自然を体感したような読後感でした。
    子どもたちも、くじらに親近感を持ってくれそうな気がします。

    掲載日:2010/09/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • の〜んびり気分になるね

    • ぽにょさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子4歳

    少年と鯨。そして南の島。もうね、それだけでゆったり・のんびりとした気分に浸れそう。
    小さな小さな島で頑張る少年と、大きな大きな海で頑張っているバースの、心のふれあいが伝わる、お話だと思います。

    掲載日:2010/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • くじらのスケールの大きさは伝わります

    図書館で息子がチョイス。
    正直、ストーリーは、ワタシは「うーん…そんなに印象に残るものじゃないなあ」と言う感想を持ちました。
    でも、村上さんの書くのびやかなタッチのくじらは、雄大で素敵です。
    息子も、ちょっと話が長かったのと、「面白い!」という内容ではなかったので、あまり食いつきはしませんでした。

    掲載日:2009/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
    • リーパンダさん
    • 30代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子7歳、女の子5歳

    村上康成さんらしい大自然と少年のお話です。
    小さな島に住む少年が冬を感じて海に行くと
    そこに一頭のクジラが旅を終えて帰ってきます。
    その絵の中にすごく大きな世界を感じることが出来ました。
    子供達もこの本のように一季節の間にすごく成長するんでしょうね。
    春になって旅立っていくクジラの姿に大きくなっていく
    自分の子供を重ねて読んでしまいました。

    掲載日:2008/10/01

    参考になりました
    感謝
    0

15件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



道端にいるカエルが、実はカエルをやめたがっていたら…?

みんなの声(15人)

絵本の評価(4.19)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット