ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

どんくまさんは ほっかりこ」 みんなの声

どんくまさんは ほっかりこ 作:蔵冨千鶴子
絵:柿本 幸造
出版社:至光社 至光社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1992年
ISBN:9784783402077
評価スコア 4
評価ランキング 18,972
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほっかりこ!

    今回は,まさに冬に読みたいどんくまさん絵本です!
    子供たちみんなの雪だるまを壊してしまったどんくまさん。
    そのどんくまさんが作ったものは!?
    最後はやっぱり心和む結末で,読み手も「ほっかりこ」と心がなりますよ。

    掲載日:2016/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • お腹も心もほっかりこ

    「ほっかりこ」という言葉の響きが良いですね。
    空腹で冬眠から目が覚めてしまったどんくまさんが、うさぎの子どもたちの雪だるまをめちゃくちゃにしてしまったお詫びに、雪だるまを…作るはずが、変わった形の雪像をこしらえました。
    雪だるま大会が雪まつりに変わってしてしまったけれど、何ともおおらかなお話です。
    読んでいる自分もほっかりことして来ました。

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • どんくまさん

    どんくまさんの失敗は、「あれ〜 まただあ〜」と、思ってしまいますが、
    冬眠から目覚めて一番にうさぎさんたちに会いたい気持ちが伝わってきます。お友達がいるって、いいなって思いました。どんくまさんは、失敗ばかりするけれど、一生懸命さもつたわってくるし、人柄も伝わってくるから大好きです。失敗してもだいじょうぶだあっと勇気をもらいました。

    掲載日:2015/12/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 目覚め・・・

    冬眠から目覚めたどんくまさんのお話です。

    うさぎ村へ行ったどんくまさんは、雪だるま大会をぶち壊しにしてしまします。
    他人に優しいどんくまさんの温かい心のこもった行動が、素直に描かれていて良いなぁと感じました。

    優しいタッチのイラストで描かれているので、どんくまさんの優しさがイラストを通して伝わってくる絵本でした。

    冬の季節に、一度は子ども達に読み聞かせてあげたいオススメの一冊です☆

    掲載日:2009/02/15

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット