たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ぼく、おへんじは?」 みんなの声

ぼく、おへんじは? 作:ヤニコフスキー・エーヴァ
絵:レーベル・ラースロー
訳:いせきょうこ
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784591101704
評価スコア 4.56
評価ランキング 4,478
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 愛嬌のある表紙の絵がとても気に入ったのでこの絵本を選びました。主人公の気持ちがよく伝わってくる絵本でした。様々なシチュエーションで何故主人公が妹の方が得だと思うのかがとても分かりやすく描かれているのが良かったです。主人公の哲学的な考え方も気に入りました。子供って大人をよく観察しているのだな!と感心しました。

    掲載日:2009/03/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 言われそう?

    今、孫はしきりに、「ありがとうは?」って言ってます。よほど孫に、「ありがとうは?」って強要してきたのかなあって反省させられるわが身です。「ありがとうは?」って孫に言われると、「ぷっ!」って笑える私ですが、きっと何度も言ったから孫の頭にインプットしてしまったのだと思いました。孫は、何度も何度も頭の中で訓練しないと覚えれないから、「ぼく、おへんじは?」も覚えてしまえば、いつも言えると思うのですが、孫は女の子だし、自分が、「ぼく?」と思うとちょっとややこしいかなあ?と思った絵本でした。子供の言い分までわかるには、ゆっくり、ゆっくりの孫には当分時間がかかりそうです。絵が可愛くて親近感が持てました。

    掲載日:2011/08/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • こどものきもち

    • スマッシュさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子5歳

    子供の目線から見た「何で?」が沢山かかれている絵本です。
    大人は何で、子供にいっぱい質問をするの?
    大人は何で、色んな言葉を知って色んなふうに返事ができるのだろう?

    大人が読むと、子供はこんなふうに感じているのかも!と、子供の気持ちを知る事ができ子供達は、自分達はこんなふうに思うこともあるんだよ!と、大人に自分の気持ちを知ってもらうきっかけになる絵本だと思います。

    普段の生活での子供の何気ない会話ですが、
    お互いの言葉のやり取りの中に色んな思いがあるという事を考えさせられる一冊です。

    掲載日:2009/08/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の頃の気持ちが蘇ってくる。

    タイトルからどんなお話しなのかな?と気になっていたので、
    本屋さんでみつけて、立ち読みもせずに購入しました。
    早速読んでみると・・・絵本のなかの、自分の都合ばっかり
    気にして、子供に質問攻めになってる、いや〜な大人に
    ずるい!と感じました。でも、それって、私もいつもやってること
    なんですよね・・・。
    子供の頃って、「大人ってどうしてこんな事聞くのだろう?」
    といつも思ってたのに。「別に。は別にだもんね」と素直に
    言っただけなのに・・・。と、子供時代の気持ちが蘇って来ました。
    今では、その頃に感じたおとなのイヤな部分を子供にしてる私。
    子供時代の気持ちを、もっと大事にしながら
    子供に接して行かなくちゃ〜。と、反省するお話しでした。

    掲載日:2008/11/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもの気持ちを忘れない

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    自分が子どもの頃、そういえば大人になっても子どもの気持ちを分かる人になりたい、絶対子どもの気持ちを尊重するぞ!と思っていました。

    そんな決心をしたのに、すっかり自分が嫌いだった大人になってしまいました。

    この絵本の大人の言い分って、やっぱり言い訳っほくって、もし子どもの頃読んだら、
    「ちぇっ、大人ってずるいや。」って思ったかもしれません。

    この絵本が必要なのは、大人かもしれませんね。

    掲載日:2008/10/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 納得!!

    子ども目線で描かれたお話です。

    子どもが答えにくいような質問ばかりをする大人と、それに葛藤する子どもの視点で文章が書かれています。

    大人目線だったり、子ども目線だったりで描かれているので、大人が読んでも十分に楽しめる一冊だと思いました。

    1つ1つの事を的確に文章にしているので素晴らしいなぁと思いました。
    是非、親子でお話しながらこの絵本を楽しんでみて欲しい1冊でした☆

    掲載日:2008/06/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供の気持ち。

    子供の目線で、「なぜ大人はこんなこと言うんだろう」という事柄を並べます。
    次に「もしぼくが大人だったら・・・」と、今の自分の希望を並べます。
    そして最後はパパやママの言い分。
    「そうかあ」と納得する子供。・・・そんなお話です。
    大人にも子供にもお互いの言い分を知ることが出来る、重要な絵本だと思いました。下手な子育て本より役に立つかもしれません。
    肝心のわが娘はと言うと・・・「長いお話だねえ」と飽き気味でした。

    掲載日:2008/05/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • いつもちゃんとはこたえられない

    おなまえは?とか年いくつ?なんて質問ならとりあえず、お返事できるけど、「なんで泣いてるの?」とか「何か変わったことは?」とか「何が食べたい?」とか「何がおかしいんだい?」と聞かれても、すぐには答えられないことありますよね。大人だってそうなのに、子どもが5〜6歳ぐらいになってくると、意外とそんな難しい質問を投げかけていませんか?で、「聞かれたことにはちゃんと答えなさい」なんて言う割に子どもから質問されると はぐらかしたりして・・・
    この本では、そんな子どもと大人の事情を可愛らしく描いています。
    子どもにとって魅力的な大人も出てきますし、大人がなんで「答えにくい」質問をするかということも、大人側から丁寧に説明もしてくれています。
    子どもと向き合う大人が読んでも、大人に閉口してる子どもが読んでも、なるほどなあと思える絵本です。

    掲載日:2008/04/29

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / バムとケロのにちようび / くだもの / ちょっとだけ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うきわねこ
    うきわねこの試し読みができます!
    うきわねこ
    作:蜂飼 耳 絵:牧野 千穂 出版社:ブロンズ新社 ブロンズ新社の特集ページがあります!
    MOE絵本屋さん大賞第2位!満月の夜の、ふしぎなおはなし。


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット