たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

ともだち みつけた」 みんなの声

ともだち みつけた 作:森山 京
絵:松成 真理子
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2008年04月刊行予定
ISBN:9784251009593
評価スコア 3.78
評価ランキング 29,391
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どきどきわくわく

    小学校1年生のこくごの教科書に掲載されている作品です。
    図書館で借りてみました。

    森のそばのお家に引っ越してきた、みつごのこぶたたちの物語。
    絵がとてもほのぼのとしてかわいらしいです。
    新しくお友達と出会うときのドキドキわくわくが画面いっぱいに伝わってきます。

    掲載日:2013/10/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 皆で楽しく

    この話は、三匹のぶたの兄弟と、森の動物たちが初めて出会ってからお友達になるまでのお話だったのですが、最初はお互いけん制し合ってぎこちない感じがとってもかわいかったです。うちの子はみんなが隠れながらお互いを見ている様子がとっても気に入っていて、「目が見えてるし!」って言いながら笑って見ていました。

    掲載日:2013/09/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっと残念

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子3歳

    あっという間にお友達になっちゃう子供らしさはほほえましいですね。楽しい雰囲気が伝わってきます。
    ただ、ちょっと絵が分かりづらいのが残念でした。
    この絵の良さだとは思いますが、我が家は薄暗い部屋で寝る前に読んだりもするので。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • また あそぼうね

    お友達になる前には、相手のことをよく観察してからというのが子供なりにもそうなんだと思いました。でも、きっかけさえあればもう警戒しないのも子供だと思いました。孫の場合は、人が大好きなので、「おねえちゃん、おにいちゃん」ってすぐに言いますが、相手にはなかなか時間がかかるようです。ただ、自分より明らかに小さい子にも、「おねいちゃん、おにいちゃん」なので、相手のおかあさんにびっくりされてます。でも、子供って本当は誰とでも仲良くなれるのだと思っています。
    「また あそぼうね」の言葉がとても嬉しく思いました。

    掲載日:2011/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • とても子どもらしい

    • オパーサンさん
    • 30代
    • ママ
    • 福島県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    引越しをしてきた三匹のコブタくんたちがお友達を見つけるまでのおはなしです。
    子どもって、大人のように社交辞令を言ったり気を使ったりしないから、はじめは明らかに牽制しあったりしますよね。
    でもちょっとしたきっかけですぐに仲良しになって、そうなったらもう昔からのお友達のように打ち解けて遊び始めます。
    そんな子どもらしい様子が、可愛らしい絵で描かれていました。
    これから引越しをする子とか、入園を控えている子とかにいいかもしれないです。

    掲載日:2010/06/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ともだちになる前の・・・・

    森に越してきた3つごのこぶたちゃん。
    周りの動物達は興味津々ながらも 
    遠巻きにしてじろじろ見ていたり
    さらに逃げてみたり・・・・色々な反応しちゃうんですよね。
    子ども達がともだちになる前ってこういう感じだよね〜って妙に共感してしまいました。
    子ども達ってすぐに仲良しになれますよね。
    仲良しになった動物たちの楽しい様子もほっこりできる絵本です。

    掲載日:2009/06/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • お友達作り

    • Yuayaさん
    • 20代
    • ママ
    • 石川県
    • 男の子6歳、女の子3歳

    引っ越してきた三つ子のこぶた。
    早速外へ飛び出して行くと・・・・
    茂みの中には顔・顔・顔。
    皆、子供のようです。

    新しいお友達を作るのって簡単なようで難しく、難しいようで簡単。
    特に子供たちっていつの間にか仲良くなってて、それがすごいなぁ〜ってしみじみ感じます。
    ちょっとしたきっかけがあれば、言葉も何も交わさなくても一緒に遊ぶようになってたり、一緒に笑っていたりするんですもんね。
    大人から見ればそう感じるけれど、案外と子供たち同士意識しているのかも。

    この絵本では最初は「なんだろう?誰だろう?」とお互い意識しつつ、ふとしたきっかけでいつの間にか仲良しになっています。
    その様子が子供らしくって好きです。

    掲載日:2009/05/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子どもらしい発想

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子17歳、男の子14歳

    引越ししてきた三つ子のこぶたが遊んでいると、茂みの中からこちらを見ている顔があちこちに・・
    こぶたたちはこっそり森の中に隠れながら、誰なのかを探しに行きます
    すると・・・・!
    幼い子どもは新しい友達に素直に興味を持って近づいて行こうとしますが、まずは遠巻きに観察をするものだと思います
    そして名前もわからなくても、言葉が通じなくとも遊び始めてしまう・・・
    子どもの力って大人には考えられない大きなものだと感じたことがありますがそんな事を思い出させてくれる、ほのぼのとしたお話です
    松成さんの絵も表情豊かですばらしいです

    掲載日:2008/10/24

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『ことわざ生活 あっち篇 こっち篇』<br>ヨシタケシンスケさんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(3.78)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット