ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

なんでも魔女商会(10) 三毛猫一座のミュージカル」 みんなの声

なんでも魔女商会(10) 三毛猫一座のミュージカル 作・絵:あんびる やすこ
出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784265054688
評価スコア 4.63
評価ランキング 2,660
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現実世界で!!

    • しいら☆さん
    • 40代
    • ママ
    • 宮城県
    • 男の子19歳

    9までの展開から、また違ったはじまり!

    ナナちゃんの学校の発表会の出来事が
    絡んできます
    1巻目で、転入してきたばっかりで
    まだ学校に馴染めず・・・の雰囲気から
    シルクのお店に入り浸り(^^ゞになっているのかな・・・って
    ずっと気になっていました

    ナナちゃん側の現実の世界が
    おばさん的には大変気になっていたのです

    現実が辛いと、夢の世界、今は「バーチャル」の世界へ
    逃げる傾向があるような気がするのですが
    あくまでも、現実は現実として
    乗り越えなくちゃぁ〜いけない試練なるものが
    大なり小なりあるものです(^^ゞ

    今回は、それを上手に素材として取り上げ
    上手く、気付かせてくれます
    シンデレラというのも
    案外温故知新ではありますが
    昔から、いい素材なのかもしれませんね

    たとえ、代役でも「自分らしく」「精一杯」やることで
    「自信」、「充実感」更に「次へのステップ」に
    繋がるのだと思うのです

    これは、体験しなきゃわかんないよね

    ナナちゃんと同じようなことで悩んでいる子は
    是非!ですね
    現実世界で、みんな、がんばれ〜!!

    掲載日:2011/03/03

    参考になりました
    感謝
    1
  • 勇気を持てる物語☆

    • ととくろさん
    • 30代
    • ママ
    • 千葉県
    • 女の子6歳、女の子2歳

    可愛い本です。
    ルルとララシリーズを6歳の娘が読んでいますが、
    試しにこちらを借りてみました。
    すこし文章が多くて、娘にはつらいようでしたが、
    魔女さんの衣装ステキリフォームで、
    自信のない子が勇気を持てるストーリーで好感が持てました☆

    ナナは代役で劇の主役に。うまくできなくて憂鬱なのです。
    そこへチケットを持った三毛猫がやってきて・・・
    三毛猫一座とナナが困難を乗り切り、勇気をもって上手くいく様子、
    衣装の輝き、そのステキさに、女の子なら胸が躍ります!
    お話の中に
    デザイン画やチケットなどが挟んであるように配置してあって、
    それも可愛いなと思いました。
    表紙のシルクが魔女姿でむっとしていますが
    読んでみると、いい子なんですね。
    恥ずかしがり屋の女の子にとてもいい本だと思います☆

    掲載日:2015/09/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • ナナの学校生活

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ナナの学校生活が密かに気になっていたのですが、今回はそのナナの学校生活が少し見れて良かったです。1巻では友人がいなかったナナですが、今はうまくやっているようで安心しました。
    自分は誰かの代わりと考え後を追うのと自分は自分にしかできないことをしようと考えるのではたしかに全然結果は違ったものになりそうですね。それぞれの魅力があるのだから…。そのことを気づかせてくれるシルクはさすがです。

    掲載日:2015/01/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分らしさは大切

    今回のリフォームのお客様は貧乏劇団『三毛猫一座』。
    学校の劇でシンデレラの代役をすることになったナナと、
    最近、劇団のヒロインになったばかりのミーナ。
    自信のない2人が、リフォームのおかげで、
    自分らしさを取り戻していくお話です。
    1年生の娘には、自分らしさが大切である、って
    まだ実感が湧かないのかも。
    お話は楽しかったようなので、自分に迷うお年頃になったら、
    もう1度、読みたいと思います。

    掲載日:2011/02/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界に一つだけのドレス

    • ぷりこさん
    • 30代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子8歳、男の子3歳

    小学3年生の娘が読みたいと言って、図書館で借りました。

    絵もかわいく、魔女が出てくる本が大好きなので、このシリーズは全部読みたいと張り切っています!

    とても人気のこのシリーズは、図書館で予約をしなければならないほどです。

    内容は、主人公のナナちゃんが学校の劇で、主役の子に事情が出来て代役をすることになってしまい、悩んでいました。それと並行してタイトルにもある三毛猫一座でも同じ悩みをかかえている子が・・・。

    いつものように魔女商会のシルクちゃんとコットンは、またまた大活躍です!

    小学校2〜3年ぐらいの子に大人気です☆

    掲載日:2010/04/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • あなた色のドレス

    なんとなくの流れで代役を引き受けることになったナナは、元の役の子と同じように演技出来ず悩みます。
    と書くとなんとなく味気ないが、とっても楽しく読みました。

    自分らしさを増幅させる服のリフォームが素敵。今回はツンデレキャラ全開の、シルクの思いやり魔法も発動です。
    これってお母さんと子どもみたいですよね。
    また巻末には、きせかえの付録ページがあり娘が大喜び。

    掲載日:2010/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自分らしさ、自分の色

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子13歳、女の子8歳

    今回のお話は、クラスの出し物で、急きょ主役の子の代役をすることになったナナが、三毛猫一座の役者たちに出会い、彼らやシルクの会話を聞いて、自分らしさに気づいくお話。

    ちょっと消極的な人には「頑張ったって、どうせ集団の中でキラキラ目立つ人のようにはなれない」という、ちょっと妬みみたいな想いって、心のどこかにありますよね。
    それをシルクは気持ちいいくらいに、一刀両断してしまいます。
    といっても、他人を傷つける言い方ではなくて、口調はサバサバしていますが、「人にはそれぞれ個性もあるし、色もある」というようなことを言って、やる気を促してくれるのです。


    あんびるさんの描かれる世界では、言葉があたたかで優しく紡がれている気がします。
    イラストも毎回大変可愛らしく、うちの子は新刊が出るたびにますますあんびるさんの世界が好きになっていくようです。

    同じような「自分探し」がテーマの作品として『ぼくを探しに』とか『じぶんだけのいろ』などの絵本があります。
    まだ、読まれていない方は絵本といえど、侮れない作品なので、ぜひ読んでみてください。

    掲載日:2008/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / あっちゃんあがつく たべものあいうえお / だるまさんが / おこだでませんように

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



「11ぴきのねこ」シリーズ こぐま社相談役 佐藤英和さんインタビュー

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.63)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット