庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

福音館文庫 ピーター・パンとウェンディ 」 みんなの声

福音館文庫 ピーター・パンとウェンディ 作:J・M・バリー
絵:F・D・ベッドフォード
訳:石井 桃子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\750+税
発行日:2003年06月
ISBN:9784834006223
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「福音館文庫 ピーター・パンとウェンディ 」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子どもが子どもの時に読んで欲しい本。

    この物語は、子どもそのものの世界で、大人が入れる世界ではないと感じます。

    ピーター・パンは、うわさ通り”大人になりたくない子ども”でした。
    そして、子どもが子どものときにだけ会える存在でした。
    ネバーランドは、子どもの夢をかなえる、わくわくする場所でした。

    とは言え、大人になってしまってから読むと、かなり読みずらかったです。
    なんだろう、この世界、うーん。
    そうか、自分は、大人の目で見るから、わからないのだろう、
    子どもになった感じで、読むとどうだろう。
    そうすると、少し物語の世界観を感じられるようになってきました。


    また、何よりも読みずらかったのは、アニメ映画のイメージが強く、
    主人公たちの顔が、アニメの顔になってしまうこと。

    特に、ピーター・パン。本の挿絵にあるのは、6・7才ぐらいの子どもで、内容的にも、ウェンディたちを連れてきたことも忘れそうになる年です。
    それに、フック。本には、なみはずれた美しい顔だち、目は深い悲しみをたたえている。
    と、表現されているのですが、美しい顔をイメージできなかったです・・。


    この本は、ぜひ声に出して読んであげて欲しい本です。

    毎日少しずつ読み続けると、きっと子どもたちも毎日続きが聞きたくなる本だと思います。

    掲載日:2011/03/14

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

ロバのシルベスターとまほうの小石 / にぐるま ひいて

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット